%ef%bc%91

英雄たちが愛した歴史的スパイクVOL.34 『1988年欧州選手権編(その1)』

世界のサッカーに触れたのが80年代前半からだった私にとって、オランダ代表のサッカーを初めて見たのは88年EUROの決勝戦でした。身体能力の権化のようなフリット選手、ライカールト選手、ファン・バステン選手の活躍はとても印象的でした。

Icon 29634314 1815368455432881 1085668874 o 小西博昭 | 2019/03/07
昔は欧州選手権と記されていたEUROですが、この頃も本大会の参加国は8チームで、精鋭国同士の試合はW杯よりもレベルが高いと言われていました。 

しかし、まだ衛星放送もなく、日本では決勝ぐらいしか見ることができなかったと思います。 

準決勝で開催国西ドイツを破ったオランダと、W杯の常連国ソ連が決勝を戦いました。 ソ連には86年メキシコW杯でも活躍した当時世界NO.1のGKダサエフ選手や、点取り屋ベラノフ選手、後にガンバ大阪でもプレーしたアレイニコフ選手やプロタソフ選手などがいました。 

対するオランダは…。正直、誰も知りませんでした。 

その頃のオランダは82、86年W杯、84年EUROは予選敗退しており、少しサッカーに詳しい程度の私には、クライフ選手の名前を知っているぐらいで、当時のオランダ代表については何の知識もありませんでした。
 

久々の国際大会だった88年EUROでのオランダは、予選リーグではソ連に負けましたが、ご存じのように決勝では完勝し、初優勝しました。 ゴールを決めたフリット選手、ファン・バステン選手、MVP級の活躍のライカールト選手はその後スターとして飛躍されました。  

さて、オランダチームは基本的にアディダススパイクの使用者が多かったのですが、フリット選手、ライカールト選手はロット、ファン・バステン選手はクライフスポーツのスパイクをご使用でした。

Thumb efbc92 
図1 ライカールト選手はロット、ディアドラ、アシックスのスパイクも履いていましたが、プーマ時代もあり、広告にも載っていました(左)。 

フリット選手はアディダスの広告にも出ていたようで、シグネチャーモデルもありましたが、オランダリーグ時代のスパイクはFXシリーズでした。   

西ドイツ製スパイクしかよく知らないので、今回は88年EUROでのアディダスFXシリーズに注目しました。
オランダチームでFXシリーズを履いていたのはDFのファン・アーレ選手で、ソールの配色からして86年W杯でデビューしたFX1だと思います(図3左、こちらもご参照ください。http://king-gear.com/articles/950)。

Thumb efbc93図2 アイルランド戦の決勝点を喜ぶオランダチーム(左)。6番がファン・アーレ選手。右はファン・アーレ選手とソ連・ゴツマノフ選手。   

ソ連選手は(多分)全員アディダスの取替え式でしたが、使用モデルはバラエティーに富んでいたようです。定番のワールドカップ(ベラノフ選手)の他、86年大会でデビューしたストラトスSL(ラッツ選手)、ワールドクラス(アレイニコフ選手)が使われていました。 

また、この大会用モデルの新ヨーロッパカップ(プロタソフ選手、ダサエフ選手)もデビューしたようです。そちらのモデルについては「その2」でご紹介します。 

図2右のゴツマノフ選手、ミハイリチェンコ選手はFX2(図4及び6)を履いていました。    

Thumb efbc94図4 (左)左からゴツマノフ選手、アレイニコフ選手、クーマン(弟)選手。

ゴツマノフ選手のFX
シリーズはソールが新色でした。
写真右はクーマン(兄)選手で、クーマン兄弟はコパムンを愛用していましたが、シュータン裏の色がそれぞれ異なります。

黒いシュータンの生産国は西ドイツではなく、ポルトガルかもしれません(こちらもご覧ください。http://king-gear.com/articles/866
  

26話では状態の悪いFX1を載せてしまいましたが、図5は未使用品です。今では珍しいかもしれない予備の専用スタッドもあります。

Thumb efbc95図5 FX1と専用スタッド。とても簡単に脱着できます。
図1
のフリット選手のスパイクは、ソールはFX1のようですが、アッパーデザインは微妙に異なります。
  

日本でもFXシリーズは販売されましたが、海外製品とはモデルの数字が異なるようです。 ただ、当時の日本代表やJSLで履いていた選手は思い浮かびません。

Thumb efbc96図6 FX2は日本で発売されたFX2000と似ていますが、かかと部分の配色やシュータン裏が微妙に異なるようです。   

FXシリーズはイタリアのコレクターさんから譲ってもらいましたが、この方がまた驚きで、20年前からイタリア中のビンテージシューズを探しまわっているそうです。 その方のインスタグラム(https://www.instagram.com/vintagecollector78/?hl=ja)はスニーカーメインですが、貴重なスパイクの写真もたまに見ることができます。 

図5は探し当てたスパイクの山の一部だそうです。 商社が輸入代理していた80年代の日本と違って、ヨーロッパではアディダスもプーマも西ドイツ時代の製品がまだたくさん残っているようです。 うらやましい限りです。

Thumb efbc97図7 イタリアのコレクターさんから送られてきた80年代の貴重なアディダススパイクの山積み画像(左、右上)。

右下はFX1
の廉価版FX10で、アッパーデザインや皮革、スタッドの材質がFX1と異なります。
  

88年EUROでは、アイルランドがイングランドを撃破するなど奮闘しましたが、スパイクも個性的でした。「エメラルド色の島」アイルランドに合わせた(?)ソールカラーのFXシリーズを使う選手がおられたようです(図8)

Thumb efbc98図8 アイルランドDF・ウィーラン選手(背番号5)のスパイクはFX1のようですが、ソールカラーはアイルランド仕様なのでしょうか?おしゃれですね。また、他のカラーパターンもあり、右下はフランス選手用かもしれません?   

私が所有している古いスパイクの9割以上はプーマかアディダスで、なぜかこの時代(80年代)の他のメーカーには食指が動きません。

フリット選手が使い始め、その後かなりメジャーになったロットのスパイクもまったく興味がなかったのですが、以前ご紹介したイタリアの名GK、ゾフ選手のモデル(こちらをご覧ください。
http://king-gear.com/articles/802)は懐かしくてつい入手してしまいました。

Thumb efbc99図9 ロットのディノ・ゾフモデル。イタリア製。80年代前半のスパイクにしてはかなり派手です。   

88年EUROのスパイク(その2)もぜひご期待下さい。
 

(写真は当時のサッカーマガジン、ダイジェスト、イレブン及びゲッティイメージズなどより引用)

著者 小西博昭の作品はバナーをクリック!  

Thumb article 210 108148 image1 176 176

神に愛された西独製サッカースパイク』
80年代に数々の伝説を生んだサッカー界のスーパースターを足元から考察した論考。  
                  


◆小西博昭オフィシャルブログ
https://maradonaboots.com/