%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

京都橘高校に突撃訪問 VOL.2『田中慶吾が語るアディダス・コパとメネシスを使い分ける理由とは?!』

記念すべき第1回は京都の名門・京都橘。これまで仙頭啓矢、小屋松知哉、中野克哉(京都サンガ)、岩崎悠人(コンサドーレ札幌)、河合秀人(FC琉球)と多くのJリーガーを輩出。2012年度の全国高校サッカー選手権で準優勝に輝くなど、全国屈指の強豪として知られている。他の部活動も盛んで、特に吹奏楽部は全国トップクラスで、サッカー部の応援では圧倒的な演奏力と表現力を見せつけ、その技術は海外でも大きな評価を得ているほどだ。

Icon img 6776 安藤隆人 | 2019/04/10
サッカー部にとって、昨年は苦しい1年だった。

新人戦とインターハイ予選では府内のライバル・東山に敗れ、7連覇をかけた選手権予選では、準決勝で伏兵の京都共栄にPK戦の末にまさかの敗退。

近年、京都の雄として君臨してきたが、屈辱のノータイトルの1年となってしまった。それだけに今年にかける思いは強い。
その思いをぶつけるかのように、まずは新人戦を制し、巻き返しの狼煙を上げたチームに訪問してみると、そこにはスパイクに対する高い意識を持った選手たちがいた。

その"根源"となっているのが、サッカー部の練習環境は強豪校に珍しく土のグラウンドであることだった。サッカーコート1面が取れない学校のグラウンドと、近くにある桃山城公園のグラウンド(いずれも土)を使用して練習をしており、イレギュラーしたり、雨が降ったらぬかるんでしまう状況だが、そこで足元の技術を徹底して鍛えることで、人工芝や天然芝のピッチでの公式戦で他を圧倒する力を発揮する。

それだけに選手の多くが土用、芝用スパイクを履き変え、それぞれに対する意識が高く、インタビューも大いに盛り上がることが出来た。 それでは京都橘の11人の精鋭たちのインタビュー、デモンストレーションをどうぞ!サッカー部にとって、昨年は苦しい1年だった。

新人戦とインターハイ予選では府内のライバル・東山に敗れ、7連覇をかけた選手権予選では、準決勝で伏兵の京都共栄にPK戦の末にまさかの敗退。

近年、京都の雄として君臨してきたが、屈辱のノータイトルの1年となってしまった。それだけに今年にかける思いは強い。
その思いをぶつけるかのように、まずは新人戦を制し、巻き返しの狼煙を上げたチームに訪問してみると、そこにはスパイクに対する高い意識を持った選手たちがいた。

その"根源"となっているのが、サッカー部の練習環境は強豪校に珍しく土のグラウンドであることだった。サッカーコート1面が取れない学校のグラウンドと、近くにある桃山城公園のグラウンド(いずれも土)を使用して練習をしており、イレギュラーしたり、雨が降ったらぬかるんでしまう状況だが、そこで足元の技術を徹底して鍛えることで、人工芝や天然芝のピッチでの公式戦で他を圧倒する力を発揮する。

それだけに選手の多くが土用、芝用スパイクを履き変え、それぞれに対する意識が高く、インタビューも大いに盛り上がることが出来た。 それでは京都橘の11人の精鋭たちのインタビュー、デモンストレーションをどうぞ!

田中慶吾、MF、3年、
練習はアディダス・コパ、試合はアディダス・メネシス
 

右サイドハーフとしてアーリークロス、マイナスへのクロスを得意とするアタッカー。状況に応じてキックに変化を加えて、サイドからチャンスボールを供給する。

「理想のクロスはFWがワンタッチで決められるゴールを演出すること」と語るように、いかにファーストタッチで蹴りやすい位置に置き、DFラインが整う前に素早いスイングでクロスを上げきれられるか。

土のグラウンドと芝のグラウンド、どのグラウンドコンディションでも精度を落とさぬよう、日々トレーニングを積んでいる。グラウンド状況に合わせてプレーを工夫する彼の意識の高さに注目してもらいたい。
 

※スパイクインタビューは、動画をご覧ください。

 

<合せて読みたい> 
ユース年代の豊富な知識を買われ、『ユース教授』と称されている安藤隆人が、未来の日本代表選手達のスパイクへのこだわりを直撃取材。 http://king-gear.com/authors/18