Orimo2 01

バスケットボール界の鉄人・折茂武彦が受け入れてきた変化(後編)

2019年1月、一人の男によって、日本バスケットボール界に1つの金字塔が打ち立てられた。レバンガ北海道に所属する折茂武彦が、国内トップリーグで通算1万得点を達成したのだ。 日本バスケットボール界が誇る鉄人は、現役最年長選手でありながら、所属するレバンガ北海道の代表取締役社長を務めるという、超異色のアスリートでもある。これまでの26年間、日本のトップリーグで活躍してきた折茂だが、常に順風満帆だったわけではない。年齢による衰えを受け入れ、時代の流れによる変化を受け入れながら、26年という長いキャリアを歩んできた。前編では、折茂がプロ選手になるまでを振り返ったが、後編では、選手でありながら経営者となった経緯や、オリンピックのこと、これからの現役生活のことを伺った。

Icon segawa.taisuke1 瀬川 泰祐 | 2019/08/15
前編はこちら

その数年後、レラカムイ北海道の運営が厳しくなってしまいましたが、その時の状況を聞かせてください。

レラカムイ北海道では、たくさん勝てたわけではなかったですが、プロ選手とは、プロチームとはこういうものなんだというこをと経験させてもらいました。それまで、あれだけの声援を受ける経験をしたことがなかったんですよね。それまで実業団チームでやってきましたので、地域密着という考えはありませんでしたし、ファンの声援を身近に感じたり、地域の方に支えられていると感覚はありませんでした。それをはじめて感じさせてもらったのが、北海道に移籍してからでした。まあチームは弱かったですけど、観客動員数はずっとダントツで一番でしたから。これだけのファンがいる地域から、バスケットのチームがなくなることの損失の大きさを考えました。僕は最後と決めて北海道に移籍しましたし、バスケットボールの火がついた地域で、チームをなくすわけにはいかないという想いで、最後は運営会社を立ち上げて、引き受け手のいなかった代表を自分が引き受けることにしました。   ただ、経営に関してはド素人だし、勉強もしたことなかったので、まさか自分がやるとは思っていなかったですね。まあタイミングなんでしょうね。2011年の3月11日に、東日本大震災が起きて、それまでリーグが進めていた受け入れ先との交渉も、話が流れてしまいましたから。

Thumb orimo2 02

最大で2億4千万円の借金を背負ったこともあると伺いましたが、経営者として相当苦しかったのではないですか?

数字に関しては、借金をあれだけ抱えたわけですから。でも、失敗があったからこそ今があるわけで。当然はじめからうまくいくわけもなく、失敗して学んできたところの方が大きいですかね。だから、大きな借金を抱えようが、あまりへこたれなかったですね。

ご家族の反応はいかがでしたか?

特にはなかったですね。家族にとって一番安心な選択は僕が移籍することだったと思います。なんで、わざわざ苦労する道を選ぶのかっていう話なんですけど、家族は『バスケットで稼いだお金だから、自分で好きなように使えば』と言ってくれて。   家族からは、理解されていたのか、諦められていたのかはわからないですが、北海道に移籍した時もそうですし、『どうせ決めているんでしょ』という感じの方が大きかったのかもしれません。

先ほど『へこたれなかった』とおっしゃっていましたが、それまでの順風満帆な人生からは一転しました。その点ではいかがですか?

小さな失敗はたくさんしてきましたけど、大きな失敗はほとんどなく、トントン拍子で来たので、初めて行き詰まったのが、あの時でした。会社を立ち上げた時に初めてドン底を見たんですよ。その時、ちょうど厄年、本厄だったんですよ。本当に厄年ってあるんだなって、思ったんですよね。実は。

会社を立ち上げて代表となった時に、自分で決意したことはありましたか。

会社の代表取締役になった時に決めたことは 一つだけです。「選手である以上は、選手の評価を一切しない」ということだけを決めました。そうじゃないと、選手たちと向き合えないじゃないですか。僕も選手なのに、僕が査定をして僕が年棒を決めたり評価をすることになれば、当然みんなは気を使うし、僕が何か言えばパワハラになりかねない。みんな僕と口を聞いてくれなくなって、チームの関係が崩れてしまう。そこさえ線を引いていれば選手たちとはいい関係でいられるんです。

それができないから二足のわらじを履く人がいないんでしょうか?

どうなんでしょうね。でも、やらない方がいいと思いますけどね(笑)。大変なだけだと思いますよ。去年は丸1日休めたのは3日間くらいですかね。家族サービスなんて一回もしていませんしね。でも、勝つためには、クラブを成長させていくためには、やらなければならないこと、犠牲にしなければならないことがたくさんあります。

北海道のファンの方々のスポーツへの熱は本当にアツいものがありますよね。

雪国ということもありますし、日本の中でも離島という特性もあると思います。でも一番大きいのは、やはりプロ野球やJリーグのチームがしっかり根付いていたということじゃないですかね。そういうところに我々が後から入っていったので、受け入れられやすい環境だったと思います。   また、北海道のメディアさんは、バスケットボールを、野球やサッカーと同じように扱ってくれることがすごく嬉しくて。バスケットボールってマイナーな競技でしたから、いくら僕が4回も日本一になっていても、一般の方々が僕を知っていることはまずなかったんですよ。なぜならメディアに取り上げられることがほとんどなかったので。でも、北海道に移籍してからは、誰にでも声をかけてもらえる。本当に一人のアスリートとして、取り扱ってもらえたことはとても有り難かったです。

Thumb orimo2 03

提供=レバンガ北海道

紆余曲折を経ながら、日本のバスケットボール界で長いキャリアを積んできたと思いますが、とうとう2020年に、東京オリンピックが開催されます。この点についてはどうお考えですか?

日本のバスケットボール界にとっても、一人のバスケットボール人としても、本当に喜ばしいことですよね。僕自身は、世界選手権には2回出ているんですけど、オリンピックには一回も出ていません。オリンピックっていうのはアスリートにとっては一番大きな大会ですから、やはり一度でいいからその場にいたかったなという思いはあります。オリンピックの出場が決まった時にも、最初に思ったのは「時代に選ばれなかったな」と。

バスケットボールでは、精神的支柱としての役割を任されるような選出のされ方はないのでしょうか?

ないと思います。登録人数が12名と少ないので。バスケットボールの場合、12名すべての人間が戦力でなければ戦えないので、限られた枠の中に入るのは難しいとわかっていますが、やはり現役選手である以上、そこを目指していないと、このリーグでは戦っていけないので、選ばれる選ばれないは別として、日本代表を目指すというのは、頭の片隅には入れています。

Thumb orimo 0004

これから先の現役生活をどのようにイメージされていますか?

僕は、基本的に辞めどきを失っているんですよ。あとどれだけバスケットボール人生が残っているのか、自分でもわからないんですよね。プロ選手なので、結果が伴わなければ去らざるを得ませんし、そこは自分自身でしっかり判断しなきゃいけないと思っています。アスリートなので、怪我はつきものですが、例えば、大きな怪我をしてしまったら、半年・1年とリハビリをして復帰する気力は、多分残っていないでしょう。だから、そこは運に任せてやっていこうかなと思っています。


取材・文・取材中写真:瀬川泰祐