• 「北極星」を携えたツアーのファイナルは、5年間のソロ活動の集大成となる圧巻のパフォーマンス  
    藤巻亮太が、11月18日(土)、全国ツアー「藤巻亮太 Polestar Tour 2017」のファイナル公演を昭和女子大学人見記念講堂で開催した。    
    もっと読む
  • Bリーガーに訊く!日本バスケ界の司令塔・富樫勇樹が語る"世界最高峰の舞台”Vol.3「個人のレベルを上げないと、アメリカには通用しない」
    「NBA」。それはバスケットボールを志す人ならば誰しもが憧れる、“世界最高峰”のプロリーグだ。日本人の男子ではリンク栃木ブレックス・田臥勇太選手と、千葉ジェッツふなばし・富樫勇樹選手の2人しか契約を勝ち取った人物はいない。そう、この“2人”という数字が、アメリカと日本の間に大きな差があることを物語っている。とはいえ、昨年から開幕したBリーグをきっかけに、国内のレベルが上がっているのは確か。そこで富樫選手へ最後に聞いたのは、ズバリ「日米の違い」。彼が現地で経験し、実際に見てきた、バスケにおける様々な“リアル”を赤裸々に語ってもらった。
    もっと読む
  • Bリーガーに訊く!日本バスケ界の司令塔・富樫勇樹が語る"世界最高峰の舞台”Vol.2「バッシュに求めるのは『これだ!』という感覚」
    高校卒業後と20歳の計2度、バスケットボール最高峰の地アメリカに挑戦した富樫勇樹選手。2015-16シーズンからは当時NBL所属の千葉ジェッツ(現・千葉ジェッツふなばし)に加入した。昨年から開幕したBリーグ2016-17シーズンでは、チームに欠かせない司令塔へと成長。2017年1月に行われた第92回天皇杯・第83回皇后杯では、自身の武器であるスピーディーなバスケでチームを牽引し、史上初のタイトルとなる優勝へと導いた。日本の“スピードスター”とも呼ばれる圧倒的な俊敏性。今回はその足元を支えるバッシュについて、契約しているNIKEとの出会いから、選ぶ際のポイント等を聞いた。試合中に見せる繊細なボールタッチからはあまり想像できない、シンプルで自然体な一面が垣間見える。
    もっと読む

Love Gears

著名人の愛ギア