• 覚悟のサッカー人生を歩む 梅崎司インタビュアーvol.5『チョウ監督は僕の気持ち、やりたいこと、将来像を理解してくれていた。』
    梅崎司スパイクインタビューラストは、スパイクの話から『サッカー選手としてのあり方』、『人としてのあり方』へとスライドをして行った。数々の気付きの中で、彼が下した大きな決断は10年間在籍した浦和レッズから湘南ベルマーレへの完全移籍だった。「丸くなってしまってはダメだ」気付きから得たこの気持ちに正直に向き合った結果が、今回の移籍であった。最後にこの大きな決断の裏側を聞き、多岐に渡った今回の濃厚なインタビューを締めたいと思う―。
    もっと読む
  • 覚悟のサッカー人生を歩む 梅崎司インタビュアーvol.4『2011年の東日本大震災を機に考え方は変わりました。』
    今季、10年間在籍した浦和レッズを離れ、湘南ベルマーレへと完全移籍をしたMF梅崎司に愛用するスパイクについて聞いてみると、そこには彼の壮絶な生い立ちと、サッカーでのし上がって来た強固なメンタリティー、そして熱い情熱と謙虚な心が浮かび上がって来た。梅崎司の衝撃的な半生を綴った話題作『15歳サッカーで生きると誓った日』の著者 安藤隆人がインタビュアーになり、その本音に迫った。vol.4ではスパイクを大切に扱うことは、『初心に戻ること』であり、話はそこから彼のプロサッカー選手としての信念、人間としての信念にまで及んだ―。
    もっと読む
  • 覚悟のサッカー人生を歩む 梅崎司インタビュアーvol.3『スパイクは、自分の生活が懸かった重要なパートナー』
    今季、10年間在籍した浦和レッズを離れ、湘南ベルマーレへと完全移籍をしたMF梅崎司に愛用するスパイクについて聞いてみると、そこには彼の壮絶な生い立ちと、サッカーでのし上がって来た強固なメンタリティー、そして熱い情熱と謙虚な心が浮かび上がって来た。梅崎司の衝撃的な半生を綴った話題作『15歳サッカーで生きると誓った日』の共同制作者 安藤隆人がインタビュアーになり、その本音に迫った。vol.3では大事に手入れを続けて、履き潰れるまで履き続けたスパイク。この精神は大人になっても、一切代わることは無かったことが明らかになった。むしろ習慣化されたことで、彼にとって大事なルーティーンにもなっていた。
    もっと読む

Love Gears

著名人の愛ギア