Authors

著者一覧
Icon kaneko

金子 達仁

KING GEAR生みの親。 日本のスポーツライター、ノンフィクション作家である。ノンフィクション作家として活躍するほか、ラジオパーソナリティ、サッカー解説など多数メディアにも出演。06年から10年まで日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。代表作「28年目のハーフタイム」、「決戦前夜」がベストセラー。

Icon s 1

戸塚 啓

98年10月からフリーに。『Number』で定期的に執筆し、『Jリーグサッカーキング』では「取材ノートの記憶」を連載。『スポニチワールドサッカープラス』『サッカージャーナル』などでもコラムを執筆。 日本代表の国際試合は、2000年3月から2013年2月まで210試合連続で取材中(取材規制のあった11年11月の北朝鮮戦を除く)。テレビ埼玉やJ-SPORTSでサッカー中継の解説も務める。

Icon 16466945 810048175800857 1247399717 n

菊池 康平

プロサッカー選手を目指して学生時代と会社員時代の夏期休暇などを利用し12カ国に挑戦。会社を1年休んで挑んだ13カ国目のボリビアでプロ契約を果たす。飛び込みで現地のチームと交渉し、テストを受ける道場破りスタイルを得意とする。

Icon 16425464 1247663551989333 473340682 n

鈴木 智之

スポーツライター。育成年代を中心に技術・戦術・フィジカル・メンタルの向上をテーマに国内外を取材。著書3冊。フットボールエッジ主宰。

Icon 16507462 1265298270231215 772223146 n

ミムラユウスケ

1982年生まれのスポーツライター。2009年1月からドイツに渡り、フランクフルトやドルトムントに住んで、ヨーロッパサッカーを取材してきた。2016年9月末に拠点を日本へ移すことに。内田篤人との共著に「淡々黙々。」がある。

Icon

池田 鉄平

Jリーグ、国内、外資系のスポーツメーカーを経てキングギアに参加。スポーツ、音楽業界に精通しており、姉夫妻は世界で活躍するクラシックミュージシャン。自身もアーティストとしてインディーズでアルバムリリースの経験。

Icon img honda600

本田 千尋

ライター。金子塾卒業生。ドイツ北西部デュッセルドルフ在住。ペップ・バイエルンに取り憑かれた3年間を経て、ようやく日本人選手中心にブンデスリーガを取材している。現在、「クルマ×音楽×スパイク」をテーマに『フロム・トレーニングセンター』を連載中。

Icon 14064302 1010947749023817 4932773680514163249 n

山崎 翔太郎

スポーツ業界に爪痕を残したいという思いだけで大手企業を退職し、現在の本業はスポーツITエンジニア。その傍らでメディアでも活動する自称スポーツライター。

Icon segawa.taisuke1

瀬川 泰祐

エンタメ業界やWEB業界での経験をスポーツの世界に活かすべく活動しているが、突出したスキルがないマルチな凡人。オフィシャルサイト制作などを通じて、アスリートを支援する活動を行っている。モットーは、「スポーツで繋がる縁を大切に」。

Icon 16442758 1382702521799890 1774501613 o

西村 真

慶應義塾大学 法学部法律学科出身。ライターからフォトグラファー、通訳・翻訳(英語)を担当。デジタルマーケティング、スポーツビジネス、ソーシャルメディア運用、PR、コンテンツマーケティングに強み。米Guidepoint Global Advisor、オクトスター合同会社 営業責任者GM。

Icon 16506959 811035352368806 678489777 n

佐久間 秀実

サッカーなどのスポーツをする派で、何か出来ればと活動中。キングギアではインタビュー、ライディング、カメラを担当。サッカーadidasのCM、教則本等に出演。浦和レッズユース第1期生。行政書士事務所を運営。

Icon img tara

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学ではラグビー部に所属。大学1年時にU19ラグビー日本代表候補に選出される。現在は「ラグビーリパブリック」「ジェイ・スポーツ」「Number web」等に記事・コラムを寄稿。2015年ラグビーW杯日本戦全4試合を現地取材。

Icon 17410226 10155119256122298 2015293784 n

西原 雄一

2013年10月にブログ「nishi19 breaking news」を開設し、川崎フロンターレ、名古屋グランパス、サッカー日本代表の試合分析記事を執筆。2016年からは、スポーツxテクノロジーの可能性を追求する、日本スポーツアナリスト協会の広報活動をサポートしている。

Icon img 6776

安藤隆人

大学1年から高校年代を中心にライター活動を始め、今年で22年目を迎えるサッカージャーナリスト。大学卒業後、一度は銀行員となり、5年半の間、2足のわらじを履いていた。2005年に完全フリーとなり、上京。現在に至る。ユース年代の豊富な知識を買われ、『ユース教授』と称されている。 現在『NumberWeb』で『ユース教授のサッカージャーナル』を連載。2013年~2014年には人気ナンバーワンの雑誌『週刊少年ジャンプ』にて、『蹴ジャン(しゅうじゃん)!』を1年間連載。本も5冊を出版。代表作は2012年に出した『走り続ける才能達 彼らと僕のサッカー人生』(実業之日本社)。

Icon 1482131451808

佐藤 主祥

1991年宮城県生まれのフリーライター。高校卒業後に上京し、日経新聞専売所で4年間社員として働いた後、スポーツライターを志しマスコミ系の専門学校に入学する。授業及びインターン先で様々なメディアにて執筆・編集・取材を経験し、24歳で独立。現在はスポーツ、ビジネス、ライフスタイル等、多分野にわたって執筆活動中。未熟な部分は多々あるが、記事を通じて人に何かを与えられるライターになるべく日々精進している。