Authors

著者一覧
Icon kaneko

金子 達仁

KING GEAR生みの親。 日本のスポーツライター、ノンフィクション作家である。ノンフィクション作家として活躍するほか、ラジオパーソナリティ、サッカー解説など多数メディアにも出演。06年から10年まで日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。代表作「28年目のハーフタイム」、「決戦前夜」がベストセラー。

Icon s 1

戸塚 啓

98年10月からフリーに。『Number』で定期的に執筆し、『Jリーグサッカーキング』では「取材ノートの記憶」を連載。『スポニチワールドサッカープラス』『サッカージャーナル』などでもコラムを執筆。 日本代表の国際試合は、2000年3月から2013年2月まで210試合連続で取材中(取材規制のあった11年11月の北朝鮮戦を除く)。テレビ埼玉やJ-SPORTSでサッカー中継の解説も務める。

Icon 16466945 810048175800857 1247399717 n

菊池 康平

プロサッカー選手を目指して学生時代と会社員時代の夏期休暇などを利用し12カ国に挑戦。会社を1年休んで挑んだ13カ国目のボリビアでプロ契約を果たす。飛び込みで現地のチームと交渉し、テストを受ける道場破りスタイルを得意とする。

Icon 16425464 1247663551989333 473340682 n

鈴木 智之

スポーツライター。育成年代を中心に技術・戦術・フィジカル・メンタルの向上をテーマに国内外を取材。著書3冊。フットボールエッジ主宰。

Icon 16507462 1265298270231215 772223146 n

ミムラユウスケ

1982年生まれのスポーツライター。2009年1月からドイツに渡り、フランクフルトやドルトムントに住んで、ヨーロッパサッカーを取材してきた。2016年9月末に拠点を日本へ移すことに。内田篤人との共著に「淡々黙々。」がある。

Icon

池田 鉄平

Jリーグ、国内、外資系のスポーツメーカー勤務を経てキングギア編集長、東洋経済オンライン、アルペングループマガジン(ランニング、サッカー、野球)、六本木未来会議、LAWSON DO SPORTSにてスポーツ、エンタメ、クリエイターのコンテンツを企画・作成している。 スポーツ、音楽業界に精通しており、姉夫妻は世界で活躍するクラシックミュージシャン。自身もアーティストとしてインディーズでアルバムリリースの経験。

Icon img honda600

本田 千尋

ライター。金子塾卒業生。ドイツ北西部デュッセルドルフ在住。ペップ・バイエルンに取り憑かれた3年間を経て、ようやく日本人選手中心にブンデスリーガを取材している。現在、「クルマ×音楽×スパイク」をテーマに『フロム・トレーニングセンター』を連載中。

Icon 14064302 1010947749023817 4932773680514163249 n

山崎 翔太郎

スポーツ業界に爪痕を残したいという思いだけで大手企業を退職し、現在の本業はスポーツITエンジニア。その傍らでメディアでも活動する自称スポーツライター。

Icon segawa.taisuke1

瀬川 泰祐

エンタメ業界やWEB業界での経験をスポーツの世界に活かすべく活動しているが、突出したスキルがないマルチな凡人。オフィシャルサイト制作などを通じて、アスリートを支援する活動を行っている。モットーは、「スポーツで繋がる縁を大切に」。

Icon 16442758 1382702521799890 1774501613 o

西村 真

ライター・フォトグラファー。通訳・翻訳(英語)を担当。デジタルマーケティング、スポーツビジネス、ソーシャルメディア運用、PR、コンテンツマーケティングに強み。

Icon img tara

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学ではラグビー部に所属。大学1年時にU19ラグビー日本代表候補に選出される。現在は「ラグビーリパブリック」「ジェイ・スポーツ」「Number web」等に記事・コラムを寄稿。2015年ラグビーW杯日本戦全4試合を現地取材。

Icon 17410226 10155119256122298 2015293784 n

西原 雄一

2013年10月にブログ「nishi19 breaking news」を開設し、川崎フロンターレ、名古屋グランパス、サッカー日本代表の試合分析記事を執筆。2016年からは、スポーツxテクノロジーの可能性を追求する、日本スポーツアナリスト協会の広報活動をサポートしている。

Icon img 6776

安藤隆人

大学1年から高校年代を中心にライター活動を始め、今年で22年目を迎えるサッカージャーナリスト。大学卒業後、一度は銀行員となり、5年半の間、2足のわらじを履いていた。2005年に完全フリーとなり、ユース年代の豊富な知識を買われ、『ユース教授』と称されている。 現在『NumberWeb』で『ユース教授のサッカージャーナル』を連載。2013年~2014年には人気ナンバーワンの雑誌『週刊少年ジャンプ』にて、『蹴ジャン(しゅうじゃん)!』を1年間連載。本も5冊を出版。代表作は2012年に出した『走り続ける才能達 彼らと僕のサッカー人生』(実業之日本社)。

Icon 1482131451808

佐藤 主祥

1991年宮城県生まれのフリーライター。高校卒業後に上京し、日経新聞専売所で4年間社員として働いた後、スポーツライターを志しマスコミ系の専門学校に入学する。授業及びインターン先で様々なメディアにて執筆・編集・取材を経験し、24歳で独立。現在はスポーツ、ビジネス、ライフスタイル等、多分野にわたって執筆活動中。未熟な部分は多々あるが、記事を通じて人に何かを与えられるライターになるべく日々精進している。

Icon 19441337 1436670123094269 1330815580 n

森 大樹

フリーライター。1991年生まれ。都立北園高校、日本大学卒。 野球、剣道出身。大学在学中からスポーツ業界と関わりを持つ他、ヒッチハイクで日本一周するなどアクティブな学生生活を送る。2014年から(株)Link Sportsに入社し、スポーツウェブメディア・AZrena編集長を務め、多岐に渡る競技を取材。スタジアムにはプライベートでも年間数十試合以上足を運び、外野席・ゴール裏で応援する。最近注目の競技は女子野球。

Icon

白鳥純一

エンタメ関係のイベントプロデューサーを経て、ライターとしての活動を開始。 編集業務のほか各企業のメディア運営などに携わる。キングギアではイベント取材やインタビュー記事の執筆に携わり活躍中。

Icon 22d3205e be9b 4127 a8b9 c79a36b16411

佐久間秀実

スポーツの素晴らしさを届けてみたい。スポーツを通じて、楽しさ、喜び、感動を‼︎RedBull AirRace世界王者「室屋義秀」選手をはじめ、世界チャンピオン、オリンピックメダリスト、トップアスリート、メジャーミュージシャンに単独取材。東洋経済、アルペングループ、KIZUNA等にも記事と写真を掲載中。「世界一のメンタル(共著:白石豊氏・室屋義秀選手)」で編集協力。他、スポーツ事業に携わる。Jリーグ浦和レッズユース1期生。サッカー全国3位。adidasサッカーのCMで中村俊輔選手とデルピエロ氏と共演。テレビ•ラジオ•教則本•舞台に出演。琵琶湖を徒歩1周(3日)。自転車670km(2日)。保有資格:行政書士など

Icon kuni

國友貴文

マドリード在住現地取記者。自身もプレーする傍ら、定期的にイングランド、スペイン、ドイツに赴き欧州サッカーの現地観戦を15年ほど続けている。 マドリードを中心に、欧州サッカーの生の情報を発信します。

Icon 27497692 1005690116236661 866103023 n

田丸 由美子

フォトグラファー。大学講師。リバプール・サポーターズクラブ日本支部代表。2017年よりライターとしても活動を開始。翻訳業も。年に2、3回のペースでヨーロッパを訪れ、リバプールの試合を中心に現地観戦するかたわら、ヨーロッパの街の様子やイングランドのフットボールスタジアムの写真を撮り続けている。チェルシーの本拠地スタンフォード・ブリッジで、チェルシーファンの新郎新婦のウェディング・フォトの撮影をしたことも。現地のファンとの交流を通して、ヨーロッパのフットボール文化に触れることが最大の喜び。

Icon 29634314 1815368455432881 1085668874 o

小西博昭

マラドーナ(神)が現役の頃の西ドイツ製サッカースパイク収集にはまり、本(「神に愛された西独製サッカースパイク」・文芸社)まで書いてしまいました。キングギアでも自分の所有物を中心に、当時のスパイクについてご紹介させていただきます。自分と同世代の方々には懐かしさを、若い皆さんにはスパイクの歴史の一端を楽しんでいただければ幸いです。

Icon 30716468 1048529728619366 8600243217885036544 n

井本佳孝

コンテンツ編集者。1987年兵庫県生まれ愛知県育ち。2014年にサッカーのフリーペーパー制作に携わりライターを志す。フリーでのライター活動を経て、スポーツ系出版社でサッカーサイトのWeb編集、インターネットテレビ局でソーシャル編集などの仕事に従事。趣味は音楽、お笑い鑑賞 Twitter:@imoyoshi78