Qqqq

本田千尋の『フロム・トレーニングセンター』vol.5バイエルンの”ムードメーカー”ダヴィド・アラバの履くアディダス「X PC Red Limit」

金子塾卒業生にして、現在はドイツに拠点を置くスポーツライター本田千尋のちょっと変化球な新企画。ブンデスリーガのスターはどんな音楽で気持ちを高め、どんなクルマで移動時間に鋭気を養い、そしてどんなスパイクで闘っているのか。トレーニング・センターからのダイレクト・レポートをお伝えします。

Icon img honda600 本田 千尋 | 2017/01/11

茶目っ気たっぷりの笑顔。クリクリした目に白い歯が輝けば、誰も彼を憎めない。ダヴィド・アラバが飄々としているのは、“こだわり”がないから。「ポジションはどこでも良いよ」と言ってのける。CB、SB、ボランチ…複数のポジションをすんなりとこなす。アディダス「X PC – Red Limit」を履くアラバは、監督が誰に変わっても、常に戦術上の要だ。

16年5月に行われたドイツ・カップの優勝祝賀会。バイエルンはオーストリアのバンド「Seiler und Speer」を招待した。



マイクを握りしめてステージに登るアラバ。親友のトーマス・ミュラーも交えて、生演奏で「Ham Kummst」を熱唱した。エキゾチックな太鼓のリズムに乗って、黒い目が輝き、白い歯が覗けば、場内はパッと明るくなる。

そんなバイエルンの“ムードメーカー”が選ぶのは「アウディ S8 Plus」。休日を楽しむスポーツギアとしても設計されたセダンだ。雨に濡れる路面やスピードに乗るハイウェイで、安定性を確保する独自のフルタイム4WDシステム「quattro」。ブンデスリーガやチャンピオンズリーグといった舞台を選ばず、複数のポジションで安定したパフォーマンスを発揮するアラバに「quattro」が備わっていても不思議ではない。

Thumb f171ad0796


トップ画像/清水知良