Dscf4734  5

『釜本邦茂』サッカー日本代表歴代最高得点者 第3話「足型でスパイクを作りたいとか言ったら怒られるよ」

サッカーはゴールを決めるスポーツであり、現役時代にFWとして得点を量産し続けた釜本邦茂氏は、シュート練習を繰り返し行っていた。相手チームの守備陣は、釜本氏にシュートを打たせないように必死にプレッシャーをかけて止めにきていたとのことである。

Icon 3  2 佐久間秀実 | 2017/11/16
<第1話は、こちらから。>
<第2話は、こちらから。>

Thumb dscf4647  3

――イメージ通りにコントロールして蹴れるようになったのは、何歳頃からですか。
 

釜本:思うように蹴れるようになったのは大学卒業してからだね。入るか入らないかは別で、自分のベストフォームが分からないとね。

最近僕が子供達に、「プレスキックで走り込んでダーッと力一杯膝から下を速くコンパクトに蹴りなさい」と言うね。まずは、自分でどの角度で入って踏み込んで蹴るのがベストなのかをマスターしないと。点取り屋はパスをするのではなく、シュートの練習をしないと駄目だよね。
 

国際試合となればフィジカルが必要で、バランスを保つために腕立て等をちょっとやるだけでも良いね。僕は、走ってきてガーッと片足で踏ん張るから足は太かったよ。野球でも何でも一緒で、土台がしっかりしてないと。

――プレッシャーを感じたことはありましたか。  

釜本:ないよ。ボールを配給してくれる人がいないといけないから、ちゃんと出してくれる人がおったのが良かったよね。代表には杉山さん(杉山隆一)みたいな人がいたし、点を取るのはパサーがいないと無理だからね。

自分のところにボールが来たらしっかり止めて、そこからが僕の仕事。だからその為の練習をしてたよ。「蹴って、行け!」の昔からのサッカーをクラマーさんが変えてくれたのが大きかったよね。パサーは沢山いたけど、僕の所に「ボールを蹴って来い」と要求もしてたよ。

Thumb dscf4605  3

――パサーが沢山いる中で、ゴールを沢山決めていたのは釜本さんだけだったということでもありますよね。  

釜本:そりゃ、そういうことだよね(笑)。冗談で言ってたら、本のタイトルになったけど。敵の選手が僕をマークしていても「俺のところに出せっ!」って。「敵がいるから蹴らないじゃない!いても蹴れ!2人いても、3人いても蹴れ!」とね。

ペナルティエリア近くにボールが入った時に、僕はこういう仕事をします、点を入れますよと、チームの皆が分かっていたらパスをしてくれたんだよ。そういうものをチームでいかに作り出すかが重要で、きちっと練習をして試合で点を決めないと信頼がなくなるからね。
 

――スパイクが進化して行く姿を沢山目にしているわけですよね。

釜本:そうだよね。アディダスの日本代表の靴はフィット感があって良かったよ。
 

――動き易かったですか。  

釜本:動き易いとか動きにくいとかは、僕らに関係ないからね。靴は何でもええねん。  

――靴に対して験を担いでいましたか。  

釜本:何にもなかったね。これを履けって言われたら履いてただけ。今みたいに契約するとかなかったしね。僕の足先は細いから、先が細いものが好きなんだよね。

Thumb dscf4593  2

――足型を計測しましたか。  

釜本:当時、アディダスに足型でスパイクを作りたいとか言ったら怒られるよ、「お前、何もんやー!」ってね(笑)。   アディダスとプーマは面白いよな。もともと兄弟で、川を挟んでアディダスとプーマがあったからね。同じような物作るけど(笑)。

1回バンコクでね、プーマの靴を履いてたら、兼松江商の人が慌てて来て「アディダスを履かないで、プーマと契約したんですか?」と言ってきたから、「契約なんてしてないし、アディダスがないから履けないでしょ。」と言ったことがあるよ(笑)。その日の夜に、江商の人がスパイクと運動靴を持ってきたから、次の日から履いたこともあったよ(笑)。  

――現役時代に病気で入院された時は大変だったみたいですね。  

釜本:原因は分からないけど、ウィルス性肝炎になったよね。1964年に東京オリンピックがあって、その後に東南アジアに行ってから日本で天皇杯があり、かなり疲れている状態の中で、流行っている病気にかかったんだよね。

ワールドカップ予選にも間に合わないから諦めて、サッカーに関する全ての物を隠してからサッカーを忘れるようにしたよね。退院してから試合に出るようになっても、頭の中にイメージがあるけれど身体が付いていかなかったけど、幸いなことに膝を一回も怪我してないから良かったよね。

――シュートを打つのに大事な膝となりますよね。  

釜本:そうだね。今多いでしょ靭帯がどうのこうのと半月板がどうやとか怪我をしてきちっと治さないと致命傷になるからね。足首はどうってことないし怪我の内に入らないよ(笑)。

Thumb dscf4694  6


――相手DF陣が釜本さんを抑えようと必死ではなかったですか。  

釜本:逃げるからやられるんよ。自分からいかないと。ボクシングのカウンターと一緒だよね、バーッと。この足で相手の足をガーッと止める。そうすると、相手の方が痛がるよね。  

――当時のラフプレーのレベルは、どうでしたか。
 

釜本:そりゃ、今と一緒でしょ。当たるのはどうってことないよ。タイミングが狂った時に痛いんだよね。相手の足が来予想しない瞬間に伸びてきて当たるとガーンと痛いよね。だから、ドリブルをしてシュートを打つときに敵が来ると思ったら、ボールと相手の足を同時に見る必要があるよね。  

――1番激しい選手は誰でしたか。

釜本:1番DFで荒かったのは、宮本征勝さんだね。清雲(清雲栄純)は、パスを出した後にガーンと突っ込んできて、「お前、どこ見てやっとるんや!何してんねん!このやろー!」と言ったことがあるよ(笑)。そんなこと今やったら一発で退場だよね。清雲は、ラグビーやってたからな(笑)。
 

第4話へ続く。


■プロフィール

釜本邦茂(かまもと くにしげ)
1944年 京都出身
元サッカー日本代表
京都文教大学 客員教授

早稲田大学1年生で東京オリンピックに出場。大学リーグ4年連続得点王。卒業後ヤンマーディーゼルに入社。日本リーグ通算202得点。1968年メキシコオリンピックで銅メダル獲得、7得点。日本代表国際Aマッチ75得点(歴代1位)。国際Aマッチ得点率0.98は、世界歴代1位。現役引退後ヤンマーディーゼル・ガンバ大阪で監督を歴任。1995年参議院議員に当選。1998年から2008年7月まで財団法人 日本サッカー協会の副会長を務める。2005年には第一回サッカー殿堂に最年少で選出された。2006年には、京都文教大学の客員教授に就任。現役引退後から今日まで全国各地で既に1000回を超えるサッカー教室を開催し、のべ500,000人を超える子供たちを指導している。その中には中田英寿、中村俊輔、川口、宮本、稲本、大黒など、数多くの子供たちが後に日本代表選手へと成長している。2014年5月に旭日中綬章受章。

取材写真/佐久間秀実