3

湘南のマジシャン 刈込真人インタビューvol.3「あのピッチに立っていられたことは、フットサル選手として、本当に幸せなことだと感じます」

今シーズンのFリーグにおいて、大きなトピックスの一つは、間違いなく湘南ベルマーレの大躍進だろう。初のプレーオフ進出を目指す湘南ベルマーレにおいて、チームのかじ取り役として攻守のバランスを取りながら、後方で大きな存在感を放つ男がいる。刈込真人選手(29)だ。vol.3では、長いシーズンを戦ううえで心がけている試合への準備方法や、オフの過ごし方、そして今シーズン、サポーターが作り上げてくれた会場の雰囲気への熱い想いを語ってもらった。

Icon segawa.taisuke1 瀬川 泰祐 | 2017/12/03
ーー刈込選手の試合前のルーティーンなどはありますか?  

試合の前日に必ずひげを切りますね。あまり伸びる方ではないので、試合が終わってからは伸ばして、試合の前日だけ必ず切るようにしています。

あとは、試合前のミーティングの最中に、気持ちにスイッチを入れるために、エナジードリンクを飲みますね。

僕が飲んでいるのは、Fリーグのスポンサーであるチェリオさんから提供していただいている「ライフガードエックス」という商品です。そのほかにも、チェリオさんからは、色々な飲料を提供していただいています。
 

ーー試合前の食事や栄養面は何か意識されていますか?  

試合の4時間くらい前に、必ずうどんを食べるようにしています。うどんは消化が良くて、すぐにエネルギーになりますからね。脂っぽいものではなく、ざるうどんや素うどんで、炭水化物をしっかり取るようにしています。  

ーー試合の4時間前ですか?ずいぶん前ですね?  

消化が早い人は2時間くらい前に食べている人もいますけど、僕の場合は消化が遅いので、2時間前だと胃の中に残っちゃうんです。

僕はあまり食べないほうなのですが、そういった体質もあるんでしょうね。シーズン開幕当初は59kgあった体重が58kgも切るようになってきてしまって、先日もトレーナーの方に「もっと食べろ」って怒られたばかりです。

野菜をとったりバランスを気にするようにはしていますが、どちらかというと、量とタイミングを気にするようにしていますね。  

ーー試合前日や当日の朝の過ごし方はいかがですか?  

前日は何も意識していないですね。軽くマッサージして筋肉をほぐしたり、足を上に挙げて血流を良くしたりといった準備をする程度です。昔は寝つきが悪かったんですけど、最近はよく眠れるようになりました(笑)。  

当日の朝は、リラックスしてベットに横になっていることが多いですけど、海外フットサルの映像を観たり、調子のよい時の自分の映像を観ながら、その日のプレーをイメージしたりすることもあります。  

ーーいつもひざにテーピングを巻いていますが、ひざのケアは?

はい、僕は両ひざに爆弾抱えているんですよね。右ひざは高2の時、左ひざはフットサルを始めてから靭帯を切っているんです。

特に左ひざの前十字靭帯は、再手術も含めるとすでに3回メスをいれていて、次切れたら選手生命は終わりだって言われているんです。

だから、膝のケアは、人より時間が必要なんですよね。どうしてもひざ周りは固まってしまうので、空いた時間はセルフケアに費やしています。

そんな状態なので、両ひざは常に痛い状態なのですが、痛みを気にしてプレーすることはできないので、痛み止めを飲んでプレーしています。ただ、痛み止めの薬は胃に負担がかかるので、練習のときは飲まずに、試合の時だけ飲むようにしています。  

ーーひざが良くないのなら、フットサルシューズ選びは大切ですね。何かこだわりはありますか?

いま、MIZUNOのモレリアを履いているんですけど、このシューズはヤバイです(笑)。

本当に軽くて、足裏も素足感覚があってプレーしやすいですし、カンガルー革を使っているので、前足部分のフィット感が高いのも好きですね。

高校の頃から、MIZUNOのサッカーシューズを履いていたんですけど、やっぱりMIZUNOのシューズが好きです。
 

Thumb 3 2

ーー最後に、この記事をご覧になられている方々にメッセージをお願いします。

いままでフットサルを一度も生で観たことがない方は、ぜひ、一度アリーナに足を運んでもらいたいですね。

フットサルは、サッカーよりも、ゴール前の攻防が6倍多いといわれているくらい、スリルがたくさん味わえますし、サッカーの面白さとは一味違った、フットサルのスピードやテクニック・戦術がありますので、その魅力を味わいに、ぜひアリーナに足を運んでいただけたら嬉しいです。
 

また、サポーターの方たちはいつも応援してくれて、本当に心強い存在です。特に、10月7日に行われた第20節のシュライカー大阪戦は、アリーナを本当に素晴らしい雰囲気にしてくれました。

サッカーのサポーターの方々も応援しにきてくれて、シュライカー大阪のゴール裏以外は、緑一色に染めてくれました。

僕は、試合に集中していたので、試合中は気づかなかったんですけど、試合終了後に会場を見回してみて鳥肌が立ちました。改めてあのピッチに立っていられたことは、フットサル選手として、本当に幸せなことだと感じます。あの雰囲気で試合ができたら、絶対負けないんじゃないかって思うくらいです(笑)。  

フットサルが盛んなブラジルやスペインでは、よくある光景のようなのですが、日本はまだまだフットサルが文化として根付いていないので、まずは、毎試合あのような雰囲気をつくってもらえるように、僕たち選手も魅力あるプレーをみせていけるように頑張りたいです。今後も応援よろしくお願いします!  

(写真・文/瀬川泰祐)