Dscn3514  3

ホームランを打つための最強バット!ミズノ『ギガキング・ビヨンドマックス』が物凄いワケ。

ミズノ株式会社(代表取締役社長:水野明人)が生み出した軟式野球用のバット「ビヨンドマックス」は、ホームランを打つための究極の逸品だ。バットにボールが当たれば飛び過ぎてしまい、かなり多くの選手達から愛用されている。2017年11月に発売されたばかりの進化した『ビヨンドマックス・ギガキング』の凄さとは、一体どれほどに!?

Icon 3  2 佐久間秀実 | 2017/11/30
Thumb mv01 pc



Thumb 2002 img obj pc

「ビヨンドマックス」とは。

2002年、軟式野球の投手の技術レベルが上がり打撃戦になりにくい状況をどうにか改善したいと、全日本軟式野球連盟からミズノへ要望があった。そこで、ミズノはバットの研究開発を進め、飛距離が伸びるバット「ビヨンドマックス」を誕生させることに成功した。

バット本体のボールが当たる打球部にエーテル系発泡ポリウレタンを使用したところ、反発力が増加して飛距離も大きく向上した。以降、「ビヨンドマックス」は、軟式野球界に衝撃を与え続けている。

Thumb dscn3510  2

ミズノ株式会社
グローバルイクイップメントプロダクト部
ダイアモンドスポーツ企画生産課

三上大智氏

――まず、「ビヨンドマックス・ギガキング」の誕生話から教えていただけますか。

三上:今年の9月から軟式野球ボールが15年ぶりに新しく変更されまして、柔らかいものが少し硬くなり1g程重くもなりました。ボールが変わるのは軟式野球界にとっては一大事でして、それに対応するためにバットを変える必要性も出てきました。


市場は、1代前のビヨンドマックス・メガキング、2代前のビヨンドマックス・キングも含めて軟式野球界ではビヨンドマックスが非常に高いシェアを占めています。ミズノとしてはその本数を落としたくなく、他社さんからすればミズノからお客様を奪うチャンスでもありますから、我々は新ボールに変わっても市場で勝ち続けるために、ビヨンドマックス・メガキングよりさらに進化するバットを考えました。

選手も新ボールに対応するためにバットも新調したいでしょうから、1番ボールが飛ぶバットとなることを目指して開発してきました。

Thumb ss 1cjbr13483 0905 ll


――特長を教えていただけますか。

三上:「ビヨンドマックス・ギガキング」には、3つの特長があります。

①反発力…選手はホームランを打ちたいので、それを実現できるように打球部の反発力を約2.3%高めました。市場で1番飛ぶ(自社調べ)前モデルの「ビヨンドマックス・メガキング」と比べて飛距離に換算すると約3mのプラスとなりましたし、金属バットよりも約15m程も飛びます。
 

――なぜ、そんなにボールが飛ぶのでしょうか。

三上
軟式野球のボールは素材がゴムで中空構造のため非常に柔らかく打撃時に大きな変形を起こし、これによりエネルギーの損失が生じます。このボールの変形を抑えることが飛距離を伸ばす最大の要因となります。

打球部に、手で触っても変形するほど柔らかい素材を採用した新構造にすることで、ボールの変形を抑え飛距離を伸ばしています。
加えて打球部自体の反発力が高いことが特長で、打球部の反発力も利用してボールを飛ばしています。

他に、以下の2つの特長があります。

②耐久性…硬く重くなった軟式ボールに十分対応できる頑丈さがあります。

③バランス…選手が扱い易い重量と長さとなっています。   

――開発から完成までに、どれくらいの期間を要しましたか。

三上:ボール変更のアナウンスが出てから最優先で動き始めて1年半位ですね。素材の試験も沢山行い、20種類近くのサンプルを作り、何度も打って評価をしましたね。

ボールが硬くなると聞いた多くのお得意先様から、「柔らかいビヨンドマックスは、硬くなるボールと相性が悪いのでは?」と言われましたが、そのようなことはなく、むしろ新ボールの方が飛ぶということが実証されました。経験・技術・理論をさらに進化させたことにより納得いくものを生み出すことができましたね。

Thumb dscn3486


――インパクトある派手なデザインとカラーリングですね。  

三上:バキバキとした感じですかね(笑)。  

ホームランを打つためのバットを意識していまして、黒を基調にゴールドとシルバーを取り入れています。殻を破って出てくるようなイメージしていまして、ボールと共にビヨンドマックスも生まれ変わるというような意味を込めてデザイナーが描いています


――2018年以降も非常に楽しみとなりますね。更に飛ぶようになるのでしょうか。  

三上:デザイン変更も視野に入れていますし、より飛ぶバットを選手に届けられるよう日々取り組んでいます。 まずは、「ビヨンドマックス・ギガキング」で打っていただいて、その性能を体感していただきたいです。確実にホームランを打つチャンスが増えますので。

ピッチャーの方には申し訳ないですが、野球をする大きな楽しみになりますし、これをきっかけに野球をする人が増えていただけたら嬉しいですね。  (了)

ミズノ『ギガキング・ビヨンドマックス』
https://www.mizuno.jp/baseball/products/beyond_max/


取材協力/ミズノ株式会社
写真提供/ミズノ株式会社
取材写真/佐久間秀実