Img 4869

『NMB48第6期生オーディション』の開催を発表。山本彩がグループの未来を託す希望を語った。

結成8周年を迎える「NMB48」が2年3か月ぶりに第6期生オーディションを行うことを発表した。山本彩、白間美瑠、吉田朱里、村瀬紗英、太田夢莉、山本彩加が記者会見に登壇。自身の経験を元に次世代を担うであろう新メンバーへの期待と希望する候補者像を語った。

Icon       池田 鉄平 | 2018/04/30
  「グループとしての更なる飛躍、新しい風を吹き込むために新しい才能を大々的に募集する。」 

大阪市難波にある専用劇場「NMB48劇場」を拠点とし近畿地方を中心に活動し、今年結成8周年を迎えるNMB48がオーディションを開催するのは、2年3ヶ月振り。 

Thumb img 4842

特設ステージに金子剛NMB48劇場支配人と共にメンバーが登場。6期生の募集を開始することを発表し、メンバーはそれぞれの希望する人物像を語った。 
 

Thumb img 0062 
山本彩の一文字違いの山本 彩加(やまもと あやか)は最年少で「ベストヒット歌謡祭」でセンターに抜擢されるなど、次世代エースと言われる彼女が希望する人物像とは。

「私は5期生として2年前に入ってきました。当時はNMB48のことを知らなかったけど、全然知っている人はもちろん、知識のない方でも楽しめるそんなグループだと思うので、是非どんな方でも来ていただきたいです」

Thumb img 0076

 “次世代エース”から“エース”へと進化を続け、「見た目で世間を振り向かせることが出来る人」と同業者から支持が高い太田夢莉は「自分を変えたいと思っている方に来てもらいたい。私もすごく暗かったんですけど、変わることが出来たので、自分を変えたいと思われている方がいれば、是非!」  

Thumb img 0079

最新のトレンドメイク、ファッションを発信するメディア『Light uP』編集長も務める村瀬紗英は「私は風邪気味なので、いつでも元気いっぱいで丈夫な子が」と語ると、金子支配人から「さっき言っていたのとちゃう!」と物言いが入り、山本(彩)からも「さっきは可愛ければ何でもいいって言ったやん!」と突っ込まれ「可愛い子も募集してます」と愛嬌よく語った。
 

Thumb img 0088

「アカリンの女子力動画」として、美容やメイク、ヘアアレンジなどを動画配信しYouTubeチャンネル登録者50万人を超える
吉田朱里は「最近は女性専用エリアも作ったり、Queentet(吉田、太田、村瀬、渋谷、植村梓のグループ)の活動もできているので、それに続くような女子力の高い人が来てくれれば嬉しいなと思っています。待ってます!」
  

Thumb img 0097

今年のAKB総選挙で山本彩以来のNMB48から神セブン入りを期待されている白間美瑠は
「甘えんぼさんが来て欲しなと思います。後輩に甘えられることがあまりないので、『みるさ~ん!』と言ってすごくベタベタしてくる甘えんぼさんが欲しいです。仲良くなれる後輩を切望しています。 」   

Thumb img 0110

そしてNMB48誕生時からキャプテンを担い、圧倒的なパフォーマンスでグループの道なき道を切り開いた山本彩は「NMBがこれからも長くグループとして続いてほしい。

5年後、10年後まで未来をしっかり一緒に見つめてくれる、夢に対して熱い気持ちを持った人に入ってほしい」と呼びかけ「これからのNMBにとって、すごく大事なこと。自薦、他薦を問わずにお待ちしています!」と応募に期待した。
 

Thumb img 4888
  
かねてから大阪は「アイドル不毛の地」と呼ばれており、構想段階から「大阪のアイドルで当たった例しがない」といった多くの反対意見を受けた。そんな逆境を乗り越えてNMB48は初めてブレイクしたグループだ。 

しかし、どんな組織やチームにも永遠に同じメンバーで活動する事は出来ない。 

「グループとしての更なる飛躍、新しい風を吹き込むために新しい才能を大々的に募集する。」
 

新しい時代の扉を開くのは、いつだって自分自身の可能性を信じ続け、挑戦した者だけが開ける未来への物語が、そには待っているだろう。

Thumb img 4869


<インフォメーション>
「NMB48 第6期生オーディション」 
HP=http://spn2.nmb48.com/6thaudition/

応募期間は29日から5月31日まで(当日消印有効)。応募資格は29日時点で満11歳から22歳までで、応募時点で他のプロダクションに所属しておらず、合格時点でNMB48所属会社と専属所属契約が可能な女性。

取材協力株式会社 よしもとクリエイティブ・エージェンシー、株式会社 Showtitle

写真/八木茂樹