Kuga2 main

プロボクサー久我勇作「認められて世界へ」Vol.2

2018年5月10日、久しぶりに注目度の高い日本タイトルマッチが行われることが発表された。7月27日、東京・後楽園ホールにて、日本スーパーバンタム級王者の久我勇作(27)が、同級1位の和氣慎吾(30)と3度目の防衛戦を行うことが決まったのだ。 初の世界挑戦に向けていま最も勢いのある久我と、過去に世界挑戦を経験し再び世界を目指すリーゼントがトレードマークの和氣。ともに複数の団体で世界ランキングに名を連ねる実力者同士の2人が悲願の世界タイトルに向けてサバイバルマッチを行うというのだから、ボクシングファンはワクワクしないわけがない。 そんな一戦を2ヶ月後に控え、居ても立っても居られなくなった筆者は、現在の久我の様子を確かめるべく、久我の元を訪れて、話を訊くことにした。

Icon segawa.taisuke1 瀬川 泰祐 | 2018/05/29
「みんなに認められて世界に行きたい」

 なぜ、久我陣営は、リスクを冒してまで和氣との試合をするのか?

 もしも和氣に敗北を喫してしまえば、世界挑戦にあと一歩に迫った状況から、一気に後退してしまうリスクを孕む状況だ。

 こういった状況で、試合を挟む場合、世界前哨戦と称して、組みやすい相手が選ばれるケースも多い。小坂遼との一戦に圧勝し、すでに主要4団体で世界ランキング入りしている久我なら、和氣との試合を行わずとも、次の試合で世界戦を組むことだって出来たはずだ。

 ちなみに、久我が所属するワタナベボクシングジムの渡辺均会長は、「次の世界チャンピオンは久我」と公言するほど、久我の才能に惚れ込んでいる。それだけに、世界前哨戦に勝利して世界挑戦への切符を手に入れた久我に、あえてリスクを犯させるとは、まさか思ってもいなかった。陣営が和氣との一戦にGOサインを出すとは思えなかったのだ。

 だが、久我陣営の考えは違った。久我への愛情を込めて、和氣との試合にGOサインを出したのだ。たとえば、左利きの選手が決して得意なわけではない久我にとって、いま和氣と拳を交えることは、久我にとって大きな意味があると捉えることもできる。つまり、久我が世界を獲るために必要な最後のピースはキャリアであり、そのピースを埋める上で、和氣は絶好の相手だということなのだろう。
 そんな渡辺均会長の親心を知ってのことかは定かではないが、久我はこの一戦にかける想いをこのように語ってくれた。

「和氣選手が対戦を申し込んでくれて、素直に嬉しかった。僕の階級には日本国内にも有望選手がたくさんいると言われています。僕自身、これから世界に行くのに、国内選手との対戦を避けているようじゃ、世界は取れない。和氣選手にわかりやすい形で勝って、みんなに認められて世界に行きたい。」


成長を確かめる絶好のチャンス

 実は、久我と和氣は、過去に2度ほどスパーリングで拳を交えている。無名時代の久我にとって、和氣という選手は、はるか遠い存在だった。その後も努力を重ねて、自らの拳だけを頼りにのし上がってきた久我は、自らの立場を変えて、再びリング上で和気と顔を合わせるのだ。感慨深いものがあっても不思議ではない。そう思ったが、久我は、そんな様子は微塵も見せずに、こう語った。


「あの時、和氣選手はすでにトップクラスだった選手で、僕は無名でした。でも、今は違う。あの時とは立場も力も逆になったと思っている。それを試合で確かめるだけ。」


  成長した久我の勢いとパワーが、経験豊富なリーゼントボクサーを飲み込むのか?それとも、スピードと経験に裏打ちされた技術が、久我の勢いを止めるのか?

 一瞬足りとも目が離せない一戦は、7月23日、日本ボクシングの聖地・後楽園ホールにて、ゴングが鳴らされる。


Thumb 447a1260

 


写真:瀬川泰祐