Dsc 0038

カリスマスパイク博士“高橋竜也”が日本vsセネガル戦を斬る‼︎「乾のセクシー全開」

コロンビア戦に勝利し、西野ジャパンの真価が問われたセネガル戦。日本はセネガルに2度もリードを許し劣勢になるも、乾貴士選手と本田圭佑選手のゴールで追い付き2−2で試合を終え、貴重な勝ち点1を獲得することができた。セネガル戦についても、FUTABA SOCCER WORLDのカリスマスパイク博士の高橋竜也氏に斬り込んでいただいた。

Icon 22d3205e be9b 4127 a8b9 c79a36b16411 佐久間秀実 | 2018/06/28
日本vsコロンビア戦を斬る‼︎

Thumb dsc 0021

――セネガル戦で輝いた5人の侍
 

高橋:コロンビア戦と変わらず、個人的にはゲームの結果に直接的に関わる選手がどんなシューズを履いて試合に向かっているか、非常に楽しみに見ていました。  

結果的に、乾選手と本田選手のゴールで2度のリードを追いつき勝ち点1をもぎ取る結果になりホッとした印象です。  

個人的に見ていて面白かった選手は、やはり得点に絡んだ乾、本田の両選手。加えて的確なボールキープが光った香川選手、この試合ではホルダーに徹し起点になり続けた大迫選手、さらに中盤で効果的なパス回しと広い視野、正確なロングフィードでセネガルを脅かした柴崎選手。この5選手でしょうか。→(本当はもっといます。時間的に割愛)

Thumb dsc 0013

――乾のセクシーフットボール
 

高橋:乾選手は、セクシーフットボールを全開させていましたね。ASICSのセクシースパイク『DS LIGHT X-FLY3』を履いて、”らしい”セクシーシュートで1発目の同点ゴールを決めていました。発見だったのはコロンビア戦と違いですね。この試合ではアウトソールのポイント部分が取替式とのMIXスタッドになっていた点です。パラグアイ戦で1ネタあったやつです。笑  

今回の試合会場だったCentral Stadiumも非常に芝目が長く、さらに水も大量にまかれていました。試合前のウォーミングアップの際、多少の滑りなどが気になったのだと思いますが、乾選手が持っているセクシーで俊敏性を活かしたスピードあふれるテクニカルなドリブルや、鋭く深い切り返しを発揮するべく選択されたのだろうと思います。  

ディフェンス面でもセクシーに、スピードで勝るセネガルのサイドプレーヤーにしっかりとついていました。特点シーンでもその深い切り返し、小刻みで抜群のボールの持ち出しから得意なコースからのシュートと、乾選手のストロングなセクシーさがギュッと詰まったプレーだったと思います。

Thumb dsc 0042

――プロフェッショナル本田圭佑
 

高橋:俄然、話題をさらっている"プロフェッショナル" こと本田選手は、本当に素晴らしいW杯での3大会連続ゴールを決めてくれました。出場したのは、後半も半分を超えた33分過ぎ。限られた時間の中でも、しっかりと試合の結果につながるプレーを実現させたのが、今回mizunoがジャパンスピリットを表現するべく採用された、パッションレッドを纏った、『レビュラ2 V1 ジャパン』。  

ゴールシーンでは、大迫選手からのセンタリングを岡崎選手が相手GKとうまく重なりながら潰れ、乾選手の折り返しを空いたスペースに走り混んでいた本田選手が丁寧なインサイドキックでシュートをするというものでした。このインサイドキックでのシュートに、個人的にはすごく納得というか感動くらいの感覚を感じたんです。笑  

それがなぜかというと、今回のmizunoのスパイク、レビュラ2はこのインサイドからなる、足の甲のアッパー構造に更なる進化を施したキック、コントロールに優れたモデルだからです。本田選手の、ゴールを奪うという強い気持ちとmizunoのスパイクが合わさった瞬間だったと思います。  

――コロンビア戦に続き安定したプレーを披露
 

高橋:香川選手と大迫選手に関しては、前回触れさせていただいた通りのシューズのセレクトで、この試合でも脅威になり続けていました。両選手ともに、自分にボールが入ってきた際のボールロスト率が極端に少なく、2人かどちらかの選手を経由した時に、より良い攻撃をセネガルに対しできていたのではと思います。本当に、攻守両面に対し走っていてチームは助かったのではと思います。  

――ポーランド戦に向けて
 

高橋:泣いても笑っても、グループリーグの最後の試合です。日本のトップのプレーヤーがそろっている代表なので、もちろん大丈夫だと思うのですが、最善の準備とコンディショニングで後悔無く挑んでもらいたいです。  

多少のメンバー変更や途中出場の選手も出て来そうですよね。世界をアッと驚かす選手や、プレーが出てくることを祈っています。  

ポーランド戦も1人1人の選手のスパイクのセレクトに注目しながら、一生懸命応援したいと思います!  (了)  

Thumb e38395e382bfe38390 e382bbe383bce383ab

FUTABA SOCCER WORLD
 
http://www.futaba-sp.com/author/oomiya       


取材写真/佐久間秀実