Aaaa

坂口佳穗インタビュー Vol.2「トレーニングは気合い! 家中アディダスだらけです(笑)」

Vol.2では、坂口佳穗選手のトレーニングに対する想いに加えて、様々なスポーツギア(用具)についてのインタビューを敢行。愛用するウェアやサンバイザー、サングラスなどの用具に対するこだわりを訊いた。

Icon       池田 鉄平 | 2017/01/06
  <インタビュー第1回はこちら>   

――本格的にウエイトトレーニングをするようになったのは、いつごろからですか?  

坂口去年(2015年)のシーズンオフからです。シーズン通して筋力が足りないことに気づき、より大きい筋肉を付けようとウエイトトレーニングやサーキットトレーニングを始めました。

シーズン中は、オフに付けた筋肉をキープするだけなので、シーズンオフに頑張ってトレーニングをしています。
 

――ストイックにトレーニングをしていますが、トレーニング中はどんなことを考えていますか?

Thumb 447a0267

坂口:「気合い!」って思っています。ウエイトトレーニングで45kgを上げようとしても、気合が入っていないと5回も上がらないんですよ。ホントに気の持ちようだなと思います。あとは来シーズンの事を考えて「今やるしかない!」と思っています。  

――気合が入っていないときに、自分に言い聞かせる言葉はありますか?
 

坂口気合い! です(笑)  

――走りのトレーニングをすることはありますか?
 

坂口もちろん、砂の上でのトレーニングもあるんですけど、今は足首をケガしているのでリハビリトレーニングをしつつ、年始から取り入れていこうと思います。  

――美や健康のためにトレーニング取り組んでいる女性に向けて、アドバイスをお願いします。  

坂口継続は力なり、ですね。トレーニングは嘘をつかないので一緒に頑張っていきましょう。  

――ここからは、トレーニングや試合で使う用具(ギア)についてお聞きします。

Thumb 447a0229 

坂口トレーニングウェアはアディダスを着ています。アディダスの服って汗の吸収性が高いというか、物凄く汗をかいているのに服の色が変わらなくてすぐに乾くので、夏場はとくに助かっています。

冬場は『クライマヒート』というシリーズを着ているのですが、めちゃくちゃ温かくて練習のときは助かります。  


――私服でもアディダスを着ているのですか?

Thumb adidas 
坂口着ます。靴もアディダスが多いです。ちょっとボーイッシュなスタイルの日は、アディダスを着ますね。 

――家中、アディダス?  

坂口アディダスだらけです。寝る時もアディダスを着ています(笑)  

――いつごろからアディダスを着ているのですか?
 

坂口去年(2015年)からお世話になっています。デザインがかわいくて、形も女性らしいし、動きやすくて快適です。
 

――サンバイザーは試合中も着けるのですか?  

坂口練習中も試合中も着けますよ。汗が物凄く出るので、サンバイザーを着けていた方がいいんです。  

――視界的にはどうなんですか?

Thumb jbv1 
坂口気にならないです。むしろサンバイザーがあった方が、紫外線や太陽の光を防げることができますし、熱中症の予防にもなります。  

――サングラスに対するこだわりはありますか?  

坂口夏場は汗や湿気でレンズが曇るとやりづらいのですが、私が使っているESSさんの『クロスボー』は曇らないし、傷がつきにくいんです。日差しが強い時はサングラスがないと厳しいですし、試合中は視線でプレーが読まれたりするので、それを防ぐ意味でもサングラスをしています。
 

――ビーチバレー選手にとって、サングラスは必需品なのですね。1シーズンで何個ぐらい、サングラスを使うのですか?

坂口基本は同じものを使います。気分で色を変えるぐらいです。いまは黄緑かピンクを使っています。

(Vol.3に続く)

取材協力/
有限会社オフィスプライヤ、川崎マリエン
写真 /
瀬川泰祐「©JBV」
制作協力/関口岳志
 
坂口佳穗オフィシャルLINEブログ http://lineblog.me/sakaguchikaho/ 

【坂口佳穗プロフィール】  
氏名    坂口佳穗(さかぐちかほ) 
所属    マイナビ/KBSC
生年月日  1996年3月25日(20歳)

出身地   宮崎県串間市
身長    173センチ

主な戦績  マイナビシリーズ5位
学歴    武蔵野大学法学部政治学科3年
スポンサー 株式会社マイナビ、 アディダス ジャパン株式会社
株式会社チッタエンタテイメント、 ESS  
 

父が少女バレーの監督をしていたことから、小学1年生~中学卒業まで9年間、インドアバレーを経験。高校ではバレーから離れるが、2013年10月に父とビーチバレーの大会を観戦し、ビーチバレーの魅力にはまる。2014年に大学入学とともに『川崎ビーチスポーツクラブビーチバレーアカデミー』に入校し、本格的にビーチバレーを始める。平日は大学の講義を受けてから、夕方約3時間、週末は朝から夕方まで練習に励んでいる。最高成績は2016年5月に行われた『ジャパンビーチバレーボールツアー2016第1戦マイナビシリーズ』で5位入賞。将来はプロ選手として、世界で活躍できるアスリートを目指す。