Qqqqq

2015年度 高校選手権ベスト4の選手はどんなスパイクを履いていた?【青森山田編】

高校サッカー選手権大会に出る選手達は、どんなスパイクを履いているのか? その疑問を解消するため、キングギア編集部は出場全48校の選手のスパイクを特定した。まずは、2015年度のベスト4に残ったチームから紹介する。(データは2015年選手権全国大会時のもの)

本田千尋 | 2017/01/02
高校生が約5万円のスパイクを履いているー。良識のある大人が聞けば、耳を疑うかもしれない。金融広報中央委員会が実施した「子どものくらしとお金に関する調査(第3回)2015年度」によれば、高校生が1か月に貰うおこずかい額の平均値は5,114円。一般的な高校生であれば、10か月もの間を耐えに耐え抜いて貯めたお金で購入できる“スパイクを履く生徒が、青森山田には3人いる。  

3人も? しかしその名を聞けば、誰もが納得するだろう。1人はGK廣末陸。16年10月にバーレーンで行われたAFC・U-19選手権で、10年ぶりにU-20W杯の出場権を獲得したU-19日本代表の守護神だ。着用スパイクはナイキ『マジスタ オブラ SG - PRO』。価格は「¥47,520」!

 Thumb nike magista obra sg pro turquoise 03

良識のある大人でも尻込みしそうなお値段のギアは、アジア王者にこそ相応しい。
 

12月、青森山田はサンフレッチェ広島ユースを倒し、高円宮杯チャンピオンシップを制覇した。延長の末のPK戦は、まさに廣末の独壇場。広島の1人目のキッカーを横っ飛びで止めると、最後は5人目のキッカーとしてふてぶてしく登場する。ボールを豪快に蹴り込んで、自分の足で優勝を決めた。FC東京の加入も内定しており、高校年代最強のGKだ。このまま冬の選手権も制して、『マジスタ オブラ SG - PRO』に相応しいことを改めて証明してほしい。  

※着用スパイクデータは2015年度高校選手権時のもの。

写真/清水知良