Img 7938  3  fotor 16x9

宮本恒靖が語るスパイク Vol.1「メキシコW杯のマラドーナに憧れて選んだ、最初のスパイク」

  日本代表の主将としてW杯に2度出場し、今季からガンバ大阪U-23の監督として指揮を執る宮本恒靖氏。少年時代に初めて履いたスパイクから、キック時に影響するスパイクの重さまで、こだわりを大いに語ってくれた。

Icon 4 佐久間 秀実 | 2017/02/03
  ――まず、サッカーを始めたきっかけから教えて頂けますか?  

宮本キャプテン翼であったり、マラドーナが大活躍した1986年のメキシコW杯がきっかけですね。マラドーナは、私にとってのスーパースターでした。変な話ですけど、当時の『サッカーダイジェスト』という雑誌で「マラドーナ選手に一言書いて、応募してください」という企画があったんですね。プレゼントが欲しかったので書いて送ると、当たったんです(笑)。

当選者として、雑誌に名前も載ったのですが、その後、いつまで待ってもプレゼントが送られてこないんです(笑)。この話は、大人になってからサッカーダイジェストの方に何度も言っています。ちなみに景品はスポーツバッグだったんですけどね…(笑)
 

――その頃の宮本さんはマラドーナや大空翼のように、ドリブルをしてゴールを決める選手だったのですか?  

宮本はい。小学校、中学校の途中まではそのような選手でした。その後、だんだんポジションが後ろの方へと下がっていき…(笑)  

――サッカーを始めた頃は、どのようなスパイクを履いていたのですか?
 Thumb dscf1475  2

宮本最初にスパイクを履いたのは、小学校5年生の時でした。あの、(プロ入り後から現在まで契約している)アディダスじゃないんですけれど(笑)。当時はマラドーナに憧れていたので、マラドーナと同じブランドのスパイクを履いていました。

そこが原点というか、スパイクを買ったことが嬉しくて、喜んで履いてボールを蹴っていたことを覚えています。  

――プロになってから、スパイクにはどのようなこだわりがありましたか?  

宮本オリジナルの型を作るために、足型を採りました。現役時代はアディダスの『プレデターシリーズ』を履いていたのですが、スパイク開発の人と話をする中で安定感というか、革が柔らかすぎると、ソールから足が落ちてしまう感じがしたんですね。

僕の場合、スパイクにはある程度の重さも必要で、ロングボールを蹴る時も、スパイクに重みがあったほうが、振り子の動きになってボールが飛ぶんです。そこにはこだわっていましたね。  

――ソックスやインソールは、どうしていましたか?  

宮本選手の中には『5本指ソックス』を履く人もいますが、そこまで気にはしていませんでした。僕は最初に少しキツめのスパイクを履いて、革が伸びていく中で、指の動かし方によってキックの種類や質が変わっていくところに、こだわりを持っていましたね。  

――紐(ひも)の結び方や強度はどうしていましたか?  

宮本結び目はタイトにしつつ、指先の方は弱くて遊びがあるようにしていました。さっきも言ったように、スパイクの中で足の指が動くので、あまりきつくすると蹴りにくいというか…。微妙なところなんですけど、感覚ですね。  

――スパイクのポイントを削ったりすることは?

Thumb 33333

宮本いやー、そこまではしなかったですね。いま履いているスパイク(アディダス・エースシリーズ)は丸形のポイントですけど、歯型のスパイクが多くなった時は、すごく好感触だったんです。個人的には丸形よりも、歯型の方が良いというか。

固定のものは、ポイントがちょっと高めで、芝を噛む物が好きでした。私はDFだったので、晴れている時でも取換え式のスパイクを履く時もありましたし、色々試しましたね。
 

――ピッチの状態によって、スパイクを使い分けていましたか?
 Thumb dscf1481  2

宮本ポイントが長めのスパイクが好きなので、固定式よりも取替え式の方が多かったと思います。(2シーズン半所属した)オーストリアでプレーしていたときは、ヨーロッパの芝は粘土質なところがあったので、長めの取替え式を履くこともありました。

海外の選手だと、ジダンは市販の物を履くとアディダスの人から聞きましたし、「弘法は筆を選ばず」ではないですが、上手い人は何でも大丈夫なんじゃないかと思います(笑)  

――スパイクをどちらの足から履くなど、こだわりはありましたか?  

宮本左足から履いていました。自分なりのこだわりというか、メンタルやコンディションを上げる意味でも、ルーティーンの1つかもしれません。  

――指導者になった現在でも、スパイクへのこだわりはありますか?

宮本現役の時ほどではないですが、トレシューよりもスパイクを履きますね。選手達と一緒にボールを蹴ることもあるので、やっぱりトレシューよりもスパイクの方が生きたボールを蹴ることができるんですよね。(取材時に持参したスパイクは)人工芝で使っているので黒くなっていますが、一番新しいモデルを履いています  

――いまメインで履いているモデルは?

Thumb img 8544 

宮本
基本的にアディダスのエースシリーズを履いています。最近のアディダスには4つのシリーズ(エース、コパ、エックス、メッシ)があって、進化や発展を感じます。  

――指導をしている若い選手に、スパイクについてのアドバイスをすることはありますか?

Thumb 66666  
宮本:それがねー、まったくないんですよね(笑)。もちろん、芝生によってはこういうスパイクを履いた方が良いというのはありますけど、それは選手のフィーリングに依る部分でもありますし。選手はガンバ大阪のオフィシャルサプライヤーからスパイクを提供してもらっているので、幸せやと思いますよ(笑)

Vol.2
に続く    http://king-gear.com/articles/247

取材協力/ガンバ大阪、(株)アスリートプラス、アディダスジャパン
写真/角谷貴史、今川雄輔


<あわせて読みたい>

マイノリティレポート 第1回 遠藤保仁選手(ガンバ大阪)「スパイクへのこだわりは重さ。軽いのはダメです

黒革の矜持  第1回 「播戸竜二×パラメヒコ」

酒井高徳が語るギアVol.1「初めて履いたアディダスの“ファルカス”は、史上最高のスパイクだと思った」

前田遼一、コパ・ムンディアルを大いに語るVol.1「一番の魅力は、変わらないこと」