Dscf4254  7

『アンダーアーマー』ベースボールシューズ企画担当者が語る様々な動きに対応する最先端シューズ

2017年8月にリニューアルオープンした「アンダーアーマー・ ベースボールハウス川崎久地」施設内にあるショップには、ベースボールプレイヤーが進化して勝つのための商品が揃い尽されている。今回は、シューズ企画担当の『樋口亜樹浩氏』に、ベースボールでの動きの鍵となるシューズの特徴について教えていただいた。

Icon 3  2 佐久間秀実 | 2017/08/18
<ベースボールハウス川崎久地・リニューアルオープン編>
<ベースボールハウス川崎久地・齋籐店長編>


――「ア
ンダーアーマー・ベースボールハウス川崎久地」では、どのようなシューズを扱っていますか。  

樋口:こちらでは、基本的にベースボールプレイヤーに向けたシューズをクロスカテゴリーで取り扱っています。我々としては、アパレルと同じように「これはベースボールでしか使えませんよ。トレーニングでしか使えませんよ。」というようなカテゴライズをあまりやっていません。

Thumb dscf4235  2


――アンダーアーマーさんのシューズの特徴を教えてください。  

樋口:トレーニングシューズは、 アメリカ本社で作っているモノとなります。デザイン面(カラー)に関して、日本市場にあるシューズというのは、白、黒、赤、紺を基調にしたシューズが多いです。

我々は、そのような慣習にとらわれないように、毎シーズン多くの色のシューズを出させていただいまして、それらをプロ野球のキャンプの時に選手達が履いたりすることで、影響を受けて欲しくなるお客様が増えてきていますね。

トレーニング方法にもよりますが、野球に限らず様々なスポーツのトレーニング時に合わせて活用していただいています。

Thumb dscf4241  2


スパイクは、現在の特徴というよりは今後やっていきたいこととして、フルレングスミッドソール、ミッドソールの所にフルレングスでクッションが入っていて安定性があるモノを展開していきたいですね。


MLB、アメリカでは基本的にフルレングスのシューズしか履かれていません。 日本では踵の部分だけにクッションが入っているモノが定番となっていて確かに良い面もあるんですが、一方で日本の中高生たちは凄く長い時間練習をすると足に負担が出てくるので、そうならないようにフルレングスを履いていただければ疲労を軽減することができます。  

アメリカでは一般的になっているので、パフォ―マンスを考えた時に1番良いのがフルレングスではないかとなっています。2018年以降は、それを色々なモデルに取り入れていって日本仕様にしていきたいなと考えています。  

――日本では土のグランドが多いですね。  

樋口:アウトソールは日本仕様に全て変えているので問題ないですが、ミッドソールに関しては世界基準としているので、そこにフルレングスを取り入れて良い意味で変えていきたいですね。

Thumb dscf4319  3


Thumb dscf4244  2

――1番のオススメのシューズはありますか。
 

樋口:「クラッチフィット」というテクノロジーを駆使したシューズとなります。少し見えにくいですがメッシュの素材が、オーゼティック構造と言って足の形の変化に合わせて伸縮してくれます。

スポーツをしている時に足の形が変わり、それに合わせて常に足にフィットしたまま動けるのが1番の特徴となりますね。それで「クラッチフィット」という名前となっています。
クッション性、グリップ性、軽量、通気性などシューズに求める色んな機能がある中でフィットが1番大切であると考えています。

足が靴の中でズレてしまうと、パフォ―マンスに影響を与えて余計な力を使って怪我にも繋がる可能性があるので、そうならないように「クラッチフィット」という商品を1番打ち出しています。

Thumb dscf4242  4


――「クラッチフィット」は、ベースボール以外にもありますよね。  

樋口:これは、アンダーアーマーシューズのテクノロジーでして、サッカー、バスケット、トレーニングシューズでも使っているモノになります。  

足を上げた時が通常の状態で、足が着地した時は土踏まずが潰れて少し拡がったりします。足は、上げ下げしたり、走ったり、スイングしたり、ジャンプした時に、色々な形に変形をします。

一般的なシューズは、動きによってフィットしなくなりますが、このオーゼティック構造というモノであれば、靴が足の形に合わせて変形するので、どんな状態でもフィットするので安心して動くことができます。

Thumb dscf4251  2


――スイングする時に、左右の足の動きが違うので重心が崩れてしまうのではないかと思います。  

樋口:ポイントの高さ素材、土踏まず、母指球の所、ローテショナルトラクションと言いまして そういった動きを考えて配置と長さを決めています。

例えば、足を回転させてしっかり止まればボールの力がバットに伝わって打つことができるので、回転してから止まれるように素材も含めてアウトソールについても考えています。

Thumb dscf4252  2


これは、チャージドクッションと言いまして、どのメーカーさんでもクッションに関しては衝撃吸収、反発力をやっていますが、衝撃の度合いに対して反発力も変わってきます。

スイング時、走り出した時、それぞれ衝撃のかかり方や反発力が違いますが、スイングしてから走り出すまでに非常にスムーズな動作となり良いパフォ―マンスが生まれるようになります。  ()
   

アンダーアーマー・ベースボールハウス川崎久地
http://www.underarmour.co.jp/uabh/kawasakikuji.php