Urusantarosan

サポーツマン主催!ヴァンフォーレ甲府OBに潜入取材Vol.2『サポーツマンという、セカンドキャリア支援に込めた思い』

今シーズンも残りわずか。試合が少なくなるにつれて耳にするのが、選手の引退に関するニュースです。どんなに素晴らしい選手でも避けて通れない、引退。 選手はその時にどのようなことを想い、次のキャリアへと歩みを進めていくのでしょうか?  今回はご自身の経験をきっかけに「ヴァンフォーレ甲府レジェンドマッチ2017」を開催されたサポーツマン代表の長谷川太郎さんと、ヴァンフォーレスポーツクラブの海野一幸代表理事にイベント実施の経緯やセカンドキャリアへの想いをお伺いしました。

Icon     白鳥純一 | 2017/11/15
先日中銀スタジアムで行われた「ヴァンフォーレ甲府レジェンドマッチ」。

<ヴァンフォーレ甲府レジェンドマッチはこちら>

このイベントは「引退試合がきっかけでセカンドキャリアに気持ちを切り替えることができた」と話す長谷川太郎さんと、チームメートだった宇留野純さんの想いがきっかけで実現に至りました。

今回は、現在一般社団法人TRE代表として活躍している長谷川太郎さんと、一般社団法人ヴァンフォーレスポーツクラブの海野一幸さんにイベント開催に至った経緯と、今後の展望などについてお伺いしました。


 長谷川 太郎さんの選手時代

Thumb hasegawataro
©VFK

柏レイソルユース(1995〜1997)
柏レイソル(1998〜2001)
アルビレックス新潟(2002)
ヴァンフォーレ甲府(2003〜2007)
徳島ヴォルティス(2007)
横浜FC(2008)
ニューウェーブ北九州/ギラヴァンツ北九州(2009〜2010)
浦安JSC/SC浦安(2011〜2013)
モハメダンSC(2014、インド)

  宇留野 純さんの選手時代

Thumb  urunojun
©VFK

桐光学園高等学校(1995〜1998)
本田技研/Honda FC(1998〜2005)
ヴァンフォーレ甲府(2006〜2009)
ロアッソ熊本(2009〜2011)
バンコク・ユナイテッドFC(2012,タイ)
エアフォース・ユナイテッドFC(2013,タイ)
Honda FC(2014)
ウボンUMTユナイテッドFC(2015,タイ)

Thumb dsc 0754


――なぜ、サポーツマンという、セカンドキャリア支援の場を立ち上げたのでしょうか?  

長谷川:私が引退試合を開催してもらった時に、いろいろな人と出会い、次のステップに踏み出すことができたからです。
 

当時は現役を引退して会社員をやっていたのですが、思ったよりもうまくいかないことが多く、メンタルがやられるくらいまで悩んでいました。

でも、そんな状況の時に引退試合を開催してもらったおかげで、次のステップに前を向いて進むことができました。


今は現役で活躍している選手たちにも、選手生活にピリオドを打ったときには引退試合を開催し、お世話になった人に感謝の場を作ってほしい。 同窓会のような会を開いて、セカンドキャリアに踏み出すきっかけにしてほしい。

このような想いから、引退試合で再会した宇留野純とともに、この企画を考えました。  

Thumb urutaro

――今回のヴァンフォーレ甲府OBマッチという企画は、いつから考えられていたのでしょうか?   

長谷川:宇留野純を始めとする昔のメンバーと1年くらい話をしていましたが、今回は古巣でもあるヴァンフォーレ甲府のご協力もあり、実現の機会をいただきました。

今日のイベントでは、昔の仲間やサポーターが集まってくれて嬉しかったですし、イベントでの新たな出会いを次の人生につなげていけたらいいなと思っています。今後も継続的にサポーツマンの活動を行っていきますので、宜しくお願いします。
  
OBマッチ当日の様子


  
イベント終了後の様子
 

ヴァンフォーレOBマッチをサポートされたクラブ代表海野一幸さんの想い


 
今回サポーツマンのイベントにご協力いただいた、一般社団法人ヴァンフォーレスポーツクラブの海野一幸代表にもお話しをお伺いしました。  


海野:本日はありがとうございました。イベント終了後に行われた試合にも勝てて、今日は本当に良かったです。毎年開幕前には解説者の皆さんに「J2に降格する」と予想されていますが、「絶対にJ1にしがみつくんだ」という想いで毎年選手達も頑張っています。

大企業がバックにあるチームが軒並みJ2で苦戦するなかで、最小予算の甲府がJ1でやれています。

大きなクラブにはなれませんが、皆さんの支えや努力のおかげで今のヴァンフォーレ甲府があるということを忘れずに、今シーズンも最後まで全力で戦い抜きたいと思います。ぜひ、時間がある時には甲府まで遊びに来てください。  


Thumb umino

一般社団法人ヴァンフォーレスポーツクラブの、今後の活動についてもお話しがありました。

海野:
今年の春、他の市民クラブと同じような一般社団法人を作り、地域貢献事業を進める一環で、今回のOBマッチを開催することになりました。今日は、多くのサポーターの皆さんに中銀スタジアムまで足を運んでいただいて、本当に感謝しています。

久々にOB選手である皆さんの顔が見られて、チームも勝利。ヴァンフォーレ甲府のサポーターは大満足の一日だったのではないでしょうか。
 

引退後の選手だけではなく、若手世代の育成にも力を入れています。
国際交流事業の一環として10月にはカタール、12月にはスペインに子供達と一緒に行く予定です。社団法人を設立したからには、今後も幅広く地域貢献事業に携わっていきたいと思います。    



Thumb 1106825137 main l


長谷川太郎さんは現在、ストライカー要請に特化したサッカースクール「TREストライカー・アカデミー」主催のほか、10月には『サッカーでゴールを量産するために「心」「技」「体」を整える方法』(マイナビ出版)を出版されるなど、各方面で活躍されています。

関連記事
<ヴァンフォーレ甲府レジェンドマッチはこちら>
ヴァンフォーレ甲府の元守護神 阿部謙作の堅実すぎるセカンドキャリア

取材協力

一般社団法人ヴァンフォーレスポーツクラブ
ヴァンフォーレ甲府
サポーツマン
TREストライカー・アカデミー