Fujitasan

ヴァンフォーレ甲府の司令塔 藤田健の子供たちの夢に捧げるセカンドキャリア

どんなにチームの中心選手として活躍しても、引退は決して避けて通ることできない道。それは、背番号10を背負った者にとっても決して例外ではありません。今回インタビューさせていただいたのは、藤田健さん。長らくヴァンフォーレ甲府の司令塔として活躍した藤田さんのセカンドキャリアをご紹介します。

Icon     白鳥 純一 | 2017/11/18
藤田さんはジュビロ磐田を経て、2001年にヴァンフォーレ甲府に入団。2005年にはチーム初となるJ1昇格に貢献するなど、長年にわたって背番号10を背負い、チームの司令塔として活躍しました。

現役時代にサポーターから絶大な支持を受けていた藤田選手は、現在どのようなセカンドキャリアを歩まれているのでしょうか?

藤田健さんの現役時代

Thumb fujitaken
©VFK

ジュビロ磐田ユース(1995〜1997)
ジュビロ磐田(1998)
ヴァンフォーレ甲府(2001〜2010)
JKタリナ・カレフ(2012)
      


――現在はどんなお仕事をされているんですか?

藤田:
甲府でサッカースクールを設立し、子供達を指導しています。あまり前に出たくないので、目立たないようにしてますね。(笑)

あと、2016年2月からはVALIE都留というチームでもコーチをやらせていただいてます。


Thumb dsc 0356

 ――現役引退後はサッカー関係の仕事を探していたんですか?

藤田:
サッカー選手なら、みんな心のどこかには「引退後もサッカーに携わっていきたい」という気持ちがあると思いますよ。

今後はサッカー選手だった経験を生かして、夢を掴むために一生懸命な子供達の力になれればと思っています。


――引退した時に、「もう少し現役を続けられるのでは?」と感じたりはしませんでしたか?

藤田: どのチームに所属していたとしても「現役選手を続けたい」という気持ちはみんな持っているはずです。でも最終的に子供たちのことを考えると思うんですよ。

今回のイベントでも子供達と一緒にサッカーをする機会をいただきましたが、今後はサッカー選手だった経験を、子供達の目標到達のために役立てていきたいと思ってます。


Thumb fujita1

――見た目とは対照的に、本当にピュアですね。(笑)今後のセカンドキャリアの目標はありますか?

藤田: もう少し悪そうな雰囲気のほうがいいですか?(笑)

どういう形でもいいので、僕がサッカーをやっていた経験を、サッカーが好きな子供達が少しでも夢に近づけるように役立てていきたいと思っていますね。    

―― セカンドキャリアを築く際に感じたことはありましたか?  

藤田:現役を終えたらみんな気づくことですが、自分一人では何もできない。サポートしてくれる人が周りにいることがとても大切です。

やりたいことをサポートしてくれる人に出会うための個性や人格を磨くことがとても大切だなと感じさせられましたね。

Thumb fujita3

――現役時代にも、そのようにして敏感にアンテナを張っていたんですか? 

 藤田:全然でしたね。どうしても現役時代は選手としての生活が中心になってしまうのでね。引退後に人のつながりが変わってきたりしたなかで気づいたことのほうが多かったです。
 
 
――引退後も、充実したセカンドキャリアを過ごしているんですね?   

藤田:
引退後の生活のほうが楽しいですね。現役時代はピリピリしている部分もあったと思いますし、「選手」と「人間」という関係だと、どうしても色眼鏡で見られてしまう部分がありますからね。引退後の人との関わり方のほうが、僕は好きです。

―― 今後の目標はありますか?  

藤田:子供達は本当にサッカーが大好きです。僕の現役時代の経験を生かして、子供達が夢や目標に少しでも近づけるようにしていきたいと思っています。