Abe

ヴァンフォーレ甲府の元守護神 阿部謙作の堅実すぎるセカンドキャリア

プレーヤーが引退を決断した後、強いられるのがセカンドキャリアの選択です。 「セカンドキャリア」について悩んでしまう選手も多いなか、現役時代から着実に引退後の未来を考えて人生設計をしていた選手もいらっしゃいます。今回は、現役時代からの夢を実現された元ヴァンフォーレ甲府のGK、阿部謙作さんのセカンドキャリアをご紹介します。

Icon     白鳥 純一 | 2017/11/21
今回インタビューさせていただいた阿部謙作さんは、現役時代にGKとしてプレー。

東海大学第一高校所属時に16歳以下の日本代表として、U16アジア選手権に出場した実績があります。

その後筑波大学に進学の後、
2003年にヴァンフォーレ甲府に入団。チーム初のJ1昇格を果たした2006年には守護神としてゴールマウスを守るなど、チームの主力選手として活躍し、2009年に引退。

今回は阿部謙作さんが選んだセカンドキャリアについてインタビューしました。

選手時代の阿部謙作さん

Thumb kensakuabe
©VFK

東海大学第一高校(1996〜1998)
筑波大学(1999〜2002)
ヴァンフォーレ甲府(2003〜2005)
ヴィッセル神戸(2005年途中、期限付き移籍)
ヴァンフォーレ甲府(2005途中〜2009)




――お仕事は何をされてますか?

阿部:
藤枝明誠高校に赴任し、 高校の教員をしています。

――何歳まで選手を続けられましたか?引退したときに「まだまだ現役でプレーできるんじゃないか?」など感じませんでしたか?  

阿部:29歳だった2009年に引退しました。大学卒業後に甲府に入団したんですが、もともと指導者になりたいという想いがあって、大学では教員指導者免許も取得していました。  

解雇を言い渡されたときに「いいタイミングかな?」と気持ちを切り替えることができました。身体の調子は良かったんですけどね。

Thumb kensaku2

――前にサポーツマン主催の長谷川太郎(元ヴァンフォーレ甲府、FW)が「いちばんやりにくいGK」として阿部選手の名前を挙げていたことがあります。そのような実力がありながら、現役への未練をすぐに断ち切れたんですか?     

阿部:現役の未練はまったくなかったですね。(笑)

選手時代も幸せな時間を過ごさせていただきましたが、中学校くらいの頃から「将来は指導者になりたい」という想いが強くありました。

現役時代には大木武さん(2017年はFC岐阜監督)や安間貴義さん(2017年途中からFC東京監督)といった指導者の下でプレーする機会をいただいたんですが、その経験が「早く指導者の世界にいきたいな」という気持ちをより強いものにさせましたね。


Thumb  kensaku1

――セカンドキャリアも充実しているように見えますが?   

阿部:
もともと興味があった仕事をさせていただいているので充実していますね。いろいろな生徒がいるので一緒に遊んでるだけなんですけど。(笑)先生っぽくないかもしれないですね。  

――選手と指導者、2つの才能があった羨ましいケースですね?  

阿部:
  本当に運が良かったと思っています。



  取材協力
一般社団法人ヴァンフォーレスポーツクラブ
ヴァンフォーレ甲府
サポーツマン
TREストライカー・アカデミー


  関連記事