3

フットサル界の美しきスター候補 上村充哉インタビューvol.3「フットサルは本当に誤魔化しがきかない」

今シーズンのFリーグで、旋風を巻き起こしている湘南ベルマーレ。そのチームにおいて、若干21歳でキャプテンを任されている逸材、上村充哉。第三話では、フットサル日本代表の一員として、「アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ」を戦い終えたばかりの湘南ベルマーレキャプテン上村充哉に、自身の課題やこれからの目標などを伺った。

Icon segawa.taisuke1 瀬川 泰祐 | 2017/12/09
さて、話が少し逸れてしまったので、フットサルの話に戻しますね。上村選手の課題は、どんなことが挙げられますか?

まずは、フィジカルを上げないといけないと思っています。この前のアジアインドア・マーシャルアーツゲームズでも、それは感じたので、上半身も下半身もフィジカルトレーニングの時間を増やしました。

といっても、基本的には、動きながら身体を強くしていくみたいな感じですけどね。  

足は速い方ですか?


いや、遅いです!子供の頃から、中・長距離は得意なんですけど、短距離は本当に遅くて、運動会では何にも活躍できない(笑)。50メートル走でも1位にはなれないんですよね。

高校生になると、スウェーデンリレーとかになるじゃないですか。300メートルとか400メートルになると、めっちゃ力を発揮しだします(笑)。だから、高校の時の運動会は良かったですね。
 

これだけイケメンだと、欠点探しが楽しくなりますね(笑)。他に欠点はありますか?
 

僕のプレーで言えば、欠点を言い出したらキリがないですけど、体の向きは課題ですね。ほんのわずかな体の向きのズレで、すべてが変わってしまうくらい、とても大事なことなんですけど、フットサルは本当に誤魔化しがきかないので、今はすごく勉強になっています。  

プレー以外の面では、すごく人見知りですね。初めての時なんかは、全然しゃべれないです。他には、面倒くさがりなので、片付けができないです。ほんとうに出来ないです(笑)。そのせいか、部屋が綺麗すぎるのが嫌です。  

たくさん欠点が出てきましたね(笑)。勉強はどうでしたか?


勉強はけっこう出来るほうでした(笑)。というか、成績は学校で1番でした。天才タイプではなく努力タイプで、特にテスト前はめっちゃ勉強してましたね。勉強のしすぎで親から「もう勉強やめろ」って怒られてましたから。

特に、テスト前の土・日は、朝から晩まで勉強してました。僕の一番の自慢は、テスト前に、赤点常習者の仲間に化学の勉強を教えてあげたら、彼が94点取ったんですよ!多分、教え方もうまいです(笑)。
 

スポーツもできて勉強もできて、イケメンときたら、女性人気も凄いのでは?


自分のことをカッコいいと思ったことは一度もないです。多分、ユニフォームを着なくなったら、イケメンだなんていわれなくなるんだろうなと思いますよ。自分の顔、あんまり好きじゃないんですよね。それに身長も低いし。  

肌がすごくきれいですね。


あ、それはよく言われます(笑)。

Thumb 3 2

自慢のサポーターやファンの方々は、上村選手がFリーグや、国際舞台の場で活躍する姿を望んでいると思います。今後の目標を聞かせてください。

2020年のワールドカップには出たいですし、そのためにも、もっとチームでの出場機会も増やしていかないといけないですね。とにかく今は、もっともっと上げていかないといけないと思っています。  

最後に、この記事をご覧になられている方々にメッセージをお願いします。  

フットサルはアグレッシブなスポーツですし、ゴール前の攻防が見たい方は、ぜひ観にきていただけたら嬉しいです。

特に湘南ベルマーレのホームゲームの雰囲気はとても良いので、ぜひみんなで、ホームゲームを盛り上げましょう。    

(写真・文/瀬川泰祐)