• 発起人Kの独り言・番外編 vol.15『体脂肪29.9%からの大逆襲/イケてる身体に俺はなる! その8・ボコボコにされたプロボクサーのような気分になるわたし』
    子供と一緒にプールに行ったときに、恥ずかしくない身体になる! お酒大好き、運動嫌いなキングギア発起人の金子達仁(50歳)は、パーソナル・トレーナーと出会い、イケてるボディを目指してトレーニングを始めたものの、あまりに激しいトレーニングと筋肉痛に心が折れかけて…。  
    もっと読む
  • 清水和良レジェンド・フォト・スタジアム vol.1
    1970年代から現在に至るまで、世界中の試合、世界中のスターを追い続けてきたスポーツ・フォトグラファーの第一人者、清水和良さん。その気が遠くなるほど膨大なアーカイブの中から、清水さんご自身が『キングギア』のために数百点の未公開写真をピックアップ。懐かしの選手、懐かしのスパイク、懐かしのユニフォームをこれでもかと言わんばかりに紹介します。更新は随時。乞ご期待!
    もっと読む
  • カトリエの「マイ・ファースト・スパイク」 第2回マテウス(大宮)vol.2 ブラジルの子供が裸足でサッカーをする意外な理由とは?  
      引き続き、大宮のマテウス選手。 前回は、サッカー嫌いのお母さんの目を盗んでサッカーをしていたという意外な話が飛び出しました。   今回もスパイクを入口に、マテウス選手の子供の頃の話や ブラジルの子供たちのサッカー事情を見ていきましょう! 加藤理恵
    もっと読む
  • 『スポーツと音楽にギアを入れるvol.2 山本彩 ~ZEPP TOKYO LIVEレポート~』
    スポーツ業界に貢献している著名人にフォーカスを当てた企画。山本彩さん渾身のソロアルバム『RAINBOW』リリースからのZEPPTOKYO LIVEへ取材!シンガーソングライターを支える愛用のギターとは? アーティスト山本彩のLIVEを紐解きます。
    もっと読む
  • 伝説のスター集結。「日伊国交150周年ユベントスレジェンドチャリティーマッチ」
    ユベントスに所属していたスキラッチやトレゼゲなど、錚々たるメンバーが『ジャパンレジェンズ』と試合をすると聞き、駆けつけた。往年のユベントス・レジェンド達は、今どんなスパイクを履いているのか? 「日伊国交150周年ユベントスレジェンドチャリティーマッチ」に潜入取材した。
    もっと読む
  • カトリエの「マイ・ファースト・スパイク」 第2回マテウス(大宮)vol.1 サッカー嫌いの母に隠れてサッカー!?
        2014年8月から半年間大宮に在籍し、その後2015年7月から再度大宮の所属となったマテウス選手。 今シーズンは日本に来てから最も試合に出場し、日本でのリーグ戦初ゴールも決めました。   マテウス選手が生まれ育ったのは、ブラジル北東部のバイーア州。 ダニエウ・アウヴェスや、元柏のレアンドロ・ドミンゲス、ジョルジ・ワグネルなどが生まれた州です。   そんなバイーア州の面積は、約56万km²。では日本の国土は・・・? 約38km² 。そう、日本よりもずっとずっと広い州なんです。加藤理恵
    もっと読む
  • 発起人Kの独り言・番外編 vol.14『体脂肪29.9%からの大逆襲/イケてる身体に俺はなる! その7・体験した事のない筋肉痛に襲われる』
    子供と一緒にプールに行ったときに、恥ずかしくない身体になる! お酒大好き、運動嫌いなキングギア発起人の金子達仁(50歳)は、パーソナル・トレーナーと出会い、イケてるボディを目指してトレーニングを始めるも、筋肉痛の日々でヨメからは呆れられ、4歳の息子からは「パパどうしたの? 大丈夫?」と本気で心配される日々を過ごす事に。
    もっと読む
  • スパイク・ウォーズ/エピソードⅥ・カンガルーの逆襲⑤「岡崎慎司がこのモデルを愛用する理由」
    東京ヴェルディの永井秀樹選手が「スパイクの履き比べ」をする「スパイク・ウォーズ」。今回は天然皮革の中から、カンガルー革のスパイクのみを履き比べ。マスター永井はミズノの『バサラ101 JAPAN』に、どんな評価をくだすのか?
    もっと読む
  • 発起人Kの独り言・番外編 vol.13『体脂肪29.9%からの大逆襲/イケてる身体に俺はなる! その6・便器に向かって転落していく下半身』
      子供と一緒にプールに行ったときに、恥ずかしくない身体になる! お酒大好き、運動嫌いなキングギア発起人の金子達仁(50歳)は、パーソナル・トレーナーと出会い、イケてるボディを目指してトレーニングを始めた途端、すっかり衰えた肉体を目の当たりにすることに…。
    もっと読む
  • 俳優が語るギア Vol.3 勝村政信「実験されてるみたいだね。このおっさんは何歳までスパイクを履くのか?って」
    フットブレインの司会でもお馴染みの俳優・勝村政信。53歳を迎えても、現役でサッカーを続けるフットボーラーでもある。勝村さんが愛用するスパイクにはどんなエピソードがあるのだろうか? スパイク愛溢れるトークをお楽しみください。
    もっと読む
  • 『スポーツと音楽にギアを入れるvol.1 山本彩へ直撃!~ソロアルバム「Rainbow」リリース記念~』
    スポーツ業界に貢献している著名人にフォーカスを当てた企画。記念すべき第一回目は山本彩さん。ソロアルバムリリースイベントへ潜入取材!アイドル不毛の地と言われた大阪から全国人気へと駆け上がったその素顔とは?
    もっと読む
  • スパイク・ウォーズ/エピソードⅥ・カンガルーの逆襲④「ちょっとびっくり。このスパイク、嫌いかも」
    東京ヴェルディの永井秀樹選手が「スパイクの履き比べ」をする「スパイク・ウォーズ」。今回は天然皮革の中から、カンガルー革のスパイクのみを履き比べ。マスター永井はアシックスの『2002』に、どんな評価をくだすのか?
    もっと読む
  • スパイク・ウォーズ/エピソードⅥ・カンガルーの逆襲③「トップレベルのプロが、すぐに使えるモデルだよね」
    東京ヴェルディの永井秀樹選手が「スパイクの履き比べ」をする「スパイク・ウォーズ」。今回は天然皮革の中から、カンガルー革のスパイクのみを履き比べ。マスター永井はディアドラの『ブラジルk PLUS LPU J』に、どんな評価をくだすのか?  
    もっと読む
  • 長距離ランナーの御託・藤原新Vol.6 グラウンド編「パティークは、靴の方から足に吸い付いてきてくれる」
    ロンドン・オリンピックのマラソン日本代表、藤原新選手が選ぶ「10㎞走っても疲れの少ないスパイク」。前回はプーマのパラメヒコに高評価を与えた藤原選手。今回トライするのはアディダスの「パティーク・グローロ16・1」。はたして、その評価はいかに・・・?
    もっと読む
  • 長距離ランナーの御託・藤原新Vol.5グラウンド編「パラメヒコはサッカースパイクでありながら、ランニングシューズに近い」
    ロンドン・オリンピックのマラソン日本代表、藤原新選手が選ぶ「10㎞走っても疲れの少ないスパイク」。今回はいよいよグラウンドへ飛び出し、実際に履いてみることに。はたして、サッカースパイクを履いて走ってみた感触は――。
    もっと読む
  • CL協奏曲 2016-17 第2節「ナイキ『マーキュリアル』とアディダス『エックス』の一騎打ち」
    16-17シーズン欧州チャンピオンズリーグ 得点者使用スパイク ランキング(第2節終了時)
    もっと読む
  • 発起人Kの独り言・番外編 vol.12『体脂肪29.9%からの大逆襲/イケてる身体に俺はなる! その5・ベンチプレスが上がらず、愕然とするわたし』
    子供と一緒にプールに行ったときに、恥ずかしくない身体になる! お酒大好き、運動嫌いなキングギア発起人の金子達仁(50歳)は、ひょんなことからパーソナルトレーナーと出会い、イケてるボディを目指してトレーニングを開始したのだが…。
    もっと読む
  • 前田遼一、コパ・ムンディアルを大いに語るVol.3「コパムンを履いてから、怪我をしなくなったんです」
    インタビュー最終回は、前田選手の得意なゴールの形など、プレースタイルにも迫っていく。コパ・ムンディアルを履くことで、選手寿命が伸びたという話も飛び出し…!?
    もっと読む
  • 前田遼一、コパ・ムンディアルを大いに語るVol.2「長く使える、良いものが欲しいんです」
    アディダスの名品『コパ・ムンディアル』。発売から34年のロングセラーであり、古き良きスパイクの香りを醸す一品だ。現役Jリーガーで希少種となった「コパムン愛用者」が、FC東京の前田遼一選手。インタビュー2回目では、前田選手の愛車遍歴など、モノ選びのポイントに迫っていく。
    もっと読む
  • 俳優が語るギア Vol.2 勝村政信「ペラーダスター、ラコルボ、ジェレンク、コーチャー。コアなサッカー人が知る、懐かしのギア」
    フットブレインの司会でもお馴染みの俳優・勝村政信。53歳を迎えても、現役でサッカーを続けるフットボーラーでもある。勝村さんが愛用するスパイクにはどんなエピソードがあるのだろうか? サッカー仲間でもある菊池康平が「フットボーラー勝村政信」の素顔に迫った。
    もっと読む
  • 原口元気が語るギア vol.3「サッカー選手が唯一選べるものがスパイク。だから最高のものを履きたい」
    最終回となる今回は、前回の続きから。インゴルシュタット戦の試合前に考え、判断したプロセスを原口元気が明かした。そして、ギアの進化がパフォーマンスを引き上げていることを実感している、そのメカニズムを具体的に説明していくことになった。  
    もっと読む
  • 前田遼一、コパ・ムンディアルを大いに語るVol.1「一番の魅力は、変わらないこと」
    アディダスの名品『コパ・ムンディアル』。発売から34年のロングセラーであり、古き良きスパイクの香り醸す一品を、10年以上履き続けているJリーガーがいる。それが、FC東京の前田遼一選手だ。コパ・ムンディアルのなにが、日本を代表するストライカーを惹きつけるのだろうか?
    もっと読む
  • 酒井高徳が語るギアVol.3「ドイツの柔らかいピッチに対応するために“ミックスソール”を初めて履いた」  
    インタビューのラストは、ドイツでプレーしているからこそ直面する問題と、スパイクとの関係性について。2012年1月、酒井高徳選手がアルビレックス新潟からシュツットガルトへ移籍してすぐに活躍できたのは、スパイク選びに成功したからだった!?  
    もっと読む
  • 発起人Kの独り言・番外編 vol.11『体脂肪29.9%からの大逆襲/イケてる身体に俺はなる! その4・トレーニングが終わり、倒れ込むわたし』
    子供と一緒にプールに行ったときに、恥ずかしくない身体になる! お酒大好き、運動嫌いなキングギア発起人の金子達仁(50歳)は、ひょんなことからパーソナルトレーナーと出会い、イケてるボディを目指してトレーニングを開始したのだが…。
    もっと読む
  • 原口元気が語るギア vol.2「切り返しのときに踏ん張れるかどうか。僕はそこが大事だと思う」  
    前回は少年時代のスパイクとの関わりを中心に語った原口元気選手。今回はプロになってからの彼が、スパイクに求めるものに話題は移っていく。そして、彼が大活躍した試合のキックオフ直前までスパイクの選定をめぐって、悩んでいたという知られざるエピソードについても語り始めた。
    もっと読む

Latest Contents

最新のコンテンツ