• 『ブライトリング』が最高のアフターサービスを提供するワケvol.1「お客様の大切な宝物をお預かりするわけです」
    スイスにある高級腕時計ブランド『ブライトリング』本社公認の正規メンテナンスの拠点スタジオ・ブライトリング(運営:ブライトリング・ジャパン株式会社)では、日本で唯一、正規の専用工具及び純正部品を備えメンテナンスを行っている。また熟練した技術者と最新システムの導入により、正確で、速く、分かりやすいアフターサービスも充実している。
    もっと読む
  • なぜ水中から陸上に?元水泳メダリストの星奈津美が東京マラソンへ挑戦!「Vol.3 フルマラソンデビューまでいよいよあと2日!!」
    ロンドン五輪とリオ五輪で200mバタフライに出場し、2大会連続で銅メダルを獲得した星奈津美さん。そんな星さんは2016年10月に引退し、現在は今週末25日に開催される東京マラソン2018に向けて最終調整中だ。Vol.3では目前に迫った初めてのフルマラソンへの想いなどを聞いた。
    もっと読む
  • なぜ水中から陸上に?元水泳メダリストの星奈津美が東京マラソンへ挑戦!「Vol.2 ハーフで知ったフルマラソンの恐ろしさ 」
    ロンドン五輪とリオ五輪で200mバタフライに出場し、2大会連続で銅メダルを獲得した星奈津美さん。そんな星さんは2016年10月に引退し、現在は今週末25日に開催される東京マラソン2018に向けて最終調整中だ。Vol.2ではハーフマラソンの大会に出場し、フルマラソンの恐ろしさを感じた話などを聞いた。
    もっと読む
  • なぜ水中から陸上に?元水泳メダリストの星奈津美が東京マラソンへ挑戦!「Vol.1 なぜ走ることになったのか!?」
    ロンドン五輪とリオ五輪で200mバタフライに出場し、2大会連続で銅メダルを獲得した星奈津美さん。そんな星さんは2016年10月に引退し、現在は今週末25日に開催される東京マラソン2018に向けて最終調整中だ。Vol.1では、なぜフルマラソンを走ることになったのか?その経緯などを聞いた。
    もっと読む
  • 寄り道欧州サッカー紀行 ~レアル・マドリード VS パリ・サンジェルマン恐怖の一戦を通して見えたフットボールの儚さ~
    2018年2月14日 現地時間20時45分UEFA Champions League レアル・マドリードとパリ・サンジェルマンが激突したこの一戦は、大方の予想を覆した結果を残して終了のホイッスルを迎えた。その日、情熱の国の王都では何が起きていたのか。両者を分けたものは、何だったのか。ヨーロッパの現地から、KING GEAR編集部がその情報をお届けします。
    もっと読む
  • トッププレーヤーが求める機能を備えたバレーボールシューズ!『ウエーブ ライトニングZ3』とは。
    全日本女子バレーボールチームの選手達など多くのプレーヤーが最高のパフォーマンス発揮するために開発されたシューズをミズノ(ミズノ株式会社:代表取締役 水野明人)は手掛けている。今回は、シューズ企画担当者の大門氏に『ウエーブ ライトニングZ3』などについて説明をしていただいた。
    もっと読む
  • 丹羽孝希と早田ひなが「Tリーグ」参戦に意欲!東京五輪では“金”獲得を宣言【記者会見Vol.2】
    卓球のプロリーグ「Tプレミアリーグ(以下、Tリーグ)」が2月7日、渋谷で記者会見を行い、リーグの理念・ロゴマーク・概要・参加チームをそれぞれ発表した。後半にはゲストとして現在、男子世界ランキング6位の丹羽孝希選手、女子世界ランキング14位の早田ひな選手が登場。Tリーグの松下浩二専務理事を交えてミニトークショーを行い、リーグ開幕までの思いと、今後の抱負を語った。今回はそのトークの模様を完全版でお届けする。
    もっと読む
  • 今年のテーマは“歴史”。ヨコハマ・フットボール映画祭へ友だちを見つけに出かけよう。
    8作品の上映が予定されている今年のヨコハマ・フットボール映画祭。開港記念会館という歴史ある場所にふさわしい作品が集められたが、開催までの準備過程ではテーマ以外にも考慮しなければならない問題があった。 そして今年は映画上映に加え、サッカー関連の作品や活動告知を行うためのブースコーナーも設置される。その根底にはサッカーを、映画祭を通して、友だちを作ってほしいと願う福島氏の想いがあった。
    もっと読む
  • サッカー映画祭に見る国内外の文化の違いと、スタジアムと映画館の共通点とは。
    2月11日(日)〜12日(月)の2日間に渡って行われる「ヨコハマ・フットボール映画祭」の 実行委員長・福島成人氏は過去3度に渡ってドイツにサッカー映画祭の視察にも訪れている。100年を超える歴史を持つクラブも数多く存在するヨーロッパで行われるフットボール映画の祭典は一体どのようなものなのか。そして福島氏が考えるスタジアムと映画館に共通する部分とは。
    もっと読む
  • J開幕、クラブの消滅・発足を経て-。横浜の地でフットボールに魅せられた男がサッカー映画祭を開く理由。
    ワールドカップイヤーとなる今年のJリーグは2月23日にJ1が開幕する。 開幕に向けた準備が進むこの時期に、毎年横浜ではフットボールをテーマとした映画祭が行われている。それが「ヨコハマ・フットボール映画祭」だ。今年で8回目の開催になる。 実行委員長を務めるのは映画配給会社出身で、フリューゲルスも愛した横浜FCサポーターの福島成人氏。映画関連の仕事を続ける傍らで過去3度ドイツのフットボール映画祭の視察も行っている。 フットボール映画祭を開催するようになった経緯、人生を豊かにするフットボールと映画に共通する魅力について熱く語ってもらった。
    もっと読む
  • 卓球「Tプレミアリーグ」が10月開幕へ!参加する男女各4チーム&ロゴを発表【記者会見Vol.1】
    2018年10月に開幕する卓球のプロリーグ「Tプレミアリーグ(以下、Tリーグ)」が2月7日に記者会見を行い、参加する男女各4チームとロゴマークを発表した。ゲストには、1月に行われた卓球全日本選手権の女子ダブルスで優勝した早田ひな選手と、昨年のアジア卓球選手権にて男子シングルス3位の丹羽孝希選手が登場。Tリーグ開幕へ向けた思いや期待を語るとともに、2020年東京五輪に対する意気込みも口にした。
    もっと読む
  • 夢のランニングシューズ誕生へ!ナイキが“新感覚クッション”搭載の新モデル『エピック リアクト フライニット』を発表
    ナイキは2018年2月22日(木)に発売となるランニングシューズの新モデル『Nike Epic React Flyknit(ナイキ エピック リアクト フライニット)』を発表した。第一線で活躍するアスリートの“生の声”を聞き、「クッション性」「反発性」「軽量性」「耐久性」と、この4つの要望に全て応えた最高傑作が誕生。ここでは、そんな新次元の最新ランニングシューズの素材や性能を紹介しつつ、渋谷ヒカリエで行われた発表会の模様をお伝えする。
    もっと読む
  • 世界1を目指そう!~KING GEAR FC 選手募集&女子チーム発足!~
    昨年のネイマールジュニアファイブでは世界大会にてベスト16の成績で終えたKING GEAR FC。戦力強化の為、選手募集をします。女子チーム「KING GEAR FC Queens」も発足!!
    もっと読む
  • アルピニスト野口健と陸上メダリスト為末大によるトークセッションVol.2
    2月3日、TOKYO FMホールで行われた「野口健 トークセッションin東京」にて、アルピニスト野口健と、陸上メダリストの為末大が登壇し、絶妙な掛け合いのトークセッションを繰り広げた。トークショウ後半のテーマは「世界はA面とB面で出来ている」
    もっと読む
  • アルピニスト野口健と陸上メダリスト為末大によるトークセッションVol.1
    2月3日、TOKYO FMホールで行われた「野口健 トークセッションin東京」にて、アルピニスト野口健と、陸上メダリストの為末大が登壇し、絶妙な掛け合いのトークセッションを繰り広げた。トークショウ前半のテーマは「逃げる勇気」
    もっと読む
  • 香港・ベトナムで戦ってきた元Jリーガー 井手口正昭「Vol.3 恐怖の夕食 」
    イングランドのリーズ・ユナイテッドに移籍した井手口陽介選手の兄である井手口正昭選手の経歴に目を引かれた。横浜FC⇒香港リーグ⇒ベトナムリーグという珍しい経歴だ。Vol.3ではベトナムでの寮生活やベトナムサッカーの話などを聞きました。
    もっと読む
  • シャビ・アロンソ×森保一監督「クリエイティビティを発揮するために重要なこと」
    リバプール、レアル・マドリード、バイエルン・ミュンヘンといったヨーロッパのトップクラブ、そしてスペイン代表チームで活躍してきたシャビ・アロンソ氏が来日。  U-21日本代表の森保一監督と共に「アディダスフットボール」主催のトークイベントに登場し、指導者に求められることや「フットボールにおけるクリエイティビティ」の重要性について語ってくれた。
    もっと読む
  • 香港・ベトナムで戦ってきた元Jリーガー 井手口正昭「Vol.2 カズさんからもらった1通のメール」
    イングランドのリーズ・ユナイテッドに移籍した井手口陽介選手の兄である井手口正昭選手の経歴に目を引かれた。横浜FC⇒香港リーグ⇒ベトナムリーグという珍しい経歴だ。Vol.2では横浜FC香港での話や、カズさん(三浦知良)からもらったメールの話などです。
    もっと読む
  • 覚悟のサッカー人生を歩む 梅崎司インタビュアーvol.5『チョウ監督は僕の気持ち、やりたいこと、将来像を理解してくれていた。』
    梅崎司スパイクインタビューラストは、スパイクの話から『サッカー選手としてのあり方』、『人としてのあり方』へとスライドをして行った。数々の気付きの中で、彼が下した大きな決断は10年間在籍した浦和レッズから湘南ベルマーレへの完全移籍だった。「丸くなってしまってはダメだ」気付きから得たこの気持ちに正直に向き合った結果が、今回の移籍であった。最後にこの大きな決断の裏側を聞き、多岐に渡った今回の濃厚なインタビューを締めたいと思う―。
    もっと読む
  • 香港・ベトナムで戦ってきた元Jリーガー 井手口正昭「Vol.1 突然の戦力外通告」
    イングランドのリーズ・ユナイテッドに移籍した井手口陽介選手の兄である井手口正昭選手の経歴に目を引かれた。横浜FC⇒香港リーグ⇒ベトナムリーグという珍しい経歴だ。Vol.1では弟に対する想いや、ベトナムから帰国した理由などを聞いた。
    もっと読む
  • 製薬・アパレル分野とのコラボと逆輸入。国産野球メーカー・ベルガードの挑戦。
    メジャーリーガーの間で広がりを見せるベルガード製の野球用品だが、日本ではまだあまり知られていない。契約の縛りや一流選手への用品提供についての文化の違いから、日本でのシェア拡大は難しい部分があると永井氏は話す。 そういった障壁と戦いつつ、他分野とコラボするなど新しい挑戦を続けるベルガードの今後の展望とは。
    もっと読む
  • 覚悟のサッカー人生を歩む 梅崎司インタビュアーvol.4『2011年の東日本大震災を機に考え方は変わりました。』
    今季、10年間在籍した浦和レッズを離れ、湘南ベルマーレへと完全移籍をしたMF梅崎司に愛用するスパイクについて聞いてみると、そこには彼の壮絶な生い立ちと、サッカーでのし上がって来た強固なメンタリティー、そして熱い情熱と謙虚な心が浮かび上がって来た。梅崎司の衝撃的な半生を綴った話題作『15歳サッカーで生きると誓った日』の著者 安藤隆人がインタビュアーになり、その本音に迫った。vol.4ではスパイクを大切に扱うことは、『初心に戻ること』であり、話はそこから彼のプロサッカー選手としての信念、人間としての信念にまで及んだ―。
    もっと読む
  • 捕球の常識を打ち破った超進化型野球用グラブ!ミズノ『グローバルエリート H selection』とは。
    野球選手にとって、バットやシューズと同じように大切となるギアがグラブである。100年以上にも渡ってグラブ製作をし続けるミズノ(ミズノ株式会社:代表取締役 水野明人)が新たに生み出した2つのグラブについて、企画担当者の須藤氏に説明をしていただいた。
    もっと読む
  • メジャーリーガーも使用!ベルガードが海を越えて一流選手に愛される理由。
    防具を中心とした野球用品を製造・販売するベルガード・ファクトリージャパン。一度は倒産の危機に陥ったが、社員の1人だった永井和人氏の手によって、再出発を切った。そして、メジャーリーガーなどのトップ選手も愛用するメーカーにまで登り詰める。一体どのようにしてその信頼を勝ち取っていったのだろうか。
    もっと読む
  • 覚悟のサッカー人生を歩む 梅崎司インタビュアーvol.3『スパイクは、自分の生活が懸かった重要なパートナー』
    今季、10年間在籍した浦和レッズを離れ、湘南ベルマーレへと完全移籍をしたMF梅崎司に愛用するスパイクについて聞いてみると、そこには彼の壮絶な生い立ちと、サッカーでのし上がって来た強固なメンタリティー、そして熱い情熱と謙虚な心が浮かび上がって来た。梅崎司の衝撃的な半生を綴った話題作『15歳サッカーで生きると誓った日』の共同制作者 安藤隆人がインタビュアーになり、その本音に迫った。vol.3では大事に手入れを続けて、履き潰れるまで履き続けたスパイク。この精神は大人になっても、一切代わることは無かったことが明らかになった。むしろ習慣化されたことで、彼にとって大事なルーティーンにもなっていた。
    もっと読む

Latest Contents

最新のコンテンツ