07awa 001 016%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

『第7回アスリート・ドレッサー・アワード』Safariが華麗で優雅なトップアスリートを表彰vol.2

雑誌『Safari』は、競技・ライフスタイルともに今年輝いた 6名のアスリートを選出・表彰する「第7回 Athlete Dresser Award」(協力:阪急メンズ東京)を開催した。一流アスリートにふさわしいアイテムを表彰する特別賞には、TeslaModel3(テスラ モデル3)が輝いた。アワードでは、世界一の靴磨き実演(長谷川裕也氏)、ファッションショー(スタイリストKim-Chang氏)や ミュージックライブ(Michael Kaneko氏)も実施された。

Icon 2e988f11 4b24 4fd9 9e15 8d21b407ff6d 佐久間秀実 | 2018/12/19


ー冬を盛り上げるスペシャルコンテンツー

大人の冬デートをテーマに、雑誌『Safari』の誌面で活躍するモデルが登場し、阪急メンズ東京とのコラボファッションショー(スタイリストKim-Chang氏)、世界一の靴磨き職人
長谷川裕也氏による靴磨きやMichael Kaneko氏によるミュージックライブも実施された。


Thumb 07awa 011 006
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版)

司会進行役:サッシャ氏
ラジオDJ、タレント、ナレーター。J-WAVE「Beat Planet」、日本テレビ「金曜ロード SHOW!」等に出演中。 スポーツ専門チャンネル J Sports にてサイクルロードレース、モーターレース中継の実況も担当。
 


Thumb 07awa 010 006
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版)

Michael Kaneko(
マイケル カネコ) 氏
湘南生まれ、南カリフォルニア育ちの日本人シンガーソングライター。2015 年、TOYOTA の CM に シンガーとして起用され YouTube で 700 万回近い再生回数を記録。オーガニックで心地の良い響き の中にソウルとブルース、憂いを秘めた切実な歌声は必見の、注目のアーティスト。
   


Thumb 07awa 009 031
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版)


Thumb 07awa 009 005
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版) 

Thumb 07awa 009 008
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版)
 

Thumb 07awa 009 013
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版) 

Thumb 07awa 009 001
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版)
 

Thumb 07awa 009 027
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版) 

Thumb 07awa 009 026
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版)  

Thumb 07awa 009 007
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版) 

Thumb 07awa 009 002
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版)

Thumb 07awa 009 024
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版) 

Thumb 07awa 009 033
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版)
 

Thumb 07awa 009 012
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版) 


Thumb 07awa 009 014
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版) 

Thumb 07awa 009 018
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版) 


Tesla Model3
Tesla Model3(テスラ モデル 3)は、音もなく、瞬時に加速する、まるでアスリートが走り出す姿を彷彿させるスマートな電気自動車となる。まさにア スリートのような秘めたるパワーを持ったクルマだ。

航続距離、パフォーマンス、安全性、そしてテクノ ロジーを併せ持ち、世界の持続可能エネルギーへのシフトを加速するというテスラが掲げるミッショ ンを達成する上でも重要な 1台。大人 5人が快適に乗車でき、高効率のパワートレインにより最速 3.3 秒で時速 60マイルまで一気に加速する。

Thumb 07awa 008 010
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版

Thumb 07awa 008 004
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版

Thumb 07awa 008 009
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版)

Thumb 07awa 008 008
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版)


受賞アスリートが阪急メンズ東京で冬に取り入れたいファッショナブルなアイテムを手に入れ、最後にステージで披露をして「第7回アスリート・ドレッサー・アワード」は幕を閉じた。
 

Thumb 07awa 001 011
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版)


ー受賞者プロフィールー

Thumb 07awa 002 017
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版)

大津祐樹
1990
年生まれ。横浜 F・マリノス所属のプロサッカー選手。高校在学中からスカウトの目に留まり、オファーを受けた複数の Jクラブの中から柏レイソルに加入。開幕デビュー を果たし、プロ4年目に独・ボルシアMGへ移籍。ロンドン五輪を狙うU-22日本代表に招集され、最終予選では決勝ゴールを決め、大会本番でも通算3ゴールの活躍で、44年ぶりのべスト4進出に貢献。国内外3リーグを知るストライカーとして少年時代に磨いたテクニックとドリブルを武器とする。 


Thumb 07awa 003 009
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版)

加藤嵐―
1993
年生まれ。プロサーファー。小さい時に父親の影響で海に行くようになり、気がついたらサーフィンに没頭。12歳の時に横浜から千葉に 引っ越し、さらにサーフィン中心の生活となった。16歳で正式に JPSA(日本プロサーフィン連盟)認定のプロサーファーとなり、17歳にして「JPSA Rookie of the Year」に選ばれる。生まれ持ったサーフィンの才能で、2016年 より3年連続でJPSA ショートボードシリーズでグランドチャンピオンを獲得。オリンピックでの活躍が期待されている。 


Thumb 07awa 004 006
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版)

加藤凌平

1993
年生まれ。コナミスポーツ体操競技部所属の体操選手。順天堂大学卒業後、株式会社コナミスポーツクラブに入社し、体操競技部メンバーとなる。世界選手権大会は、2013年アントワープ大会で個人総合銀メダル、2014年南寧大会で平行棒銅メダル、2015年グラスゴー大会で団体総合金メダルを獲得。オリンピックの男子体操団体総合では、2012年ロンドン大会で銀メダル、2016年リオデジャネイロ大会で金メダルを獲得。得意種目は「ゆか」。 


Thumb 07awa 005 010
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版)

榊原魁

1991
年生まれ。オーストラリア代表のBMXレース選手。日本人の母とイギリス人の父の元、ゴールトコーストで生まれ、4歳で家族と日本に引っ越し、幼少期を日本で過ごす。現在はシドニーを拠点に活動を行い、2017年遂に悲願のオセアニア選手権、オーストラリア選手権で優勝し、妹の爽と共にチャンピオンになる。2018年にはワールド杯で4位入賞を果たす。世界チャンピオンになるべく、日々ライディングに磨きをかけている。世界ランキング9位。(11/26 付) 


Thumb 07awa 006 019
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版)

鳥谷敬 
1981年生まれ。阪神タイガース所属のプロ野球選手。2003年のドラフト会議にて自由獲得枠で入団し、公式戦 1939試合連続出場や史上 50人目の公式戦 2000本安打等の数多くの記録を樹立。遊撃手として、NPB 公式戦シーズン最多打点記録(104打点)および、NPB 史上最長の 667 試合連続フルイニング出場記録を果たす。どんな時でも試合に出続けるという信念を持ち、背中で引っ張るプレースタイルはチームでの人望も非常に厚く、2000年代のタイガースを代表する内野手。 


Thumb 07awa 007 010
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版)

楢崎智亜

1996
年生まれ。スポーツクライミング選手。幼少期に器械体操で培った空中感覚を武器に独自のクライミングスタイルを貫き、ダイナミックなムーブで「NINJA」と呼ばれ、世界を魅了。プロ転向2年目の、ワールドカップ初優勝を皮切りに、日本人男性初のボルダリングワールドカップ年間優勝。同年の世界選手権で日本人初の優勝を成し遂げ、名実ともに世界一の称号に輝く。オリンピック追加種目となったコンハバインドで初代日本チャンピオンにもなり、今最も金メダルが近いクライマーとして注目される。


Thumb 07awa 001 020
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版)


ーアスリート・ドレッサー・アワード歴代受賞者ー 

第1回 井岡一翔(ボクシング)・太田雄貴(フェンシング)・中澤佑二(サッカー)・野村忠宏(柔道) 

第2回 池田信太郎(バトミントン)・内野洋平(BMX)・田臥勇太(バスケットボール)・中澤佑二(サッカー) 三浦大輔(野球)・三宅諒(フェンシング)・宮﨑大輔(ハンドボール・山中慎介(ボクシング) 

第3回 伊野波雅彦(サッカー)・今江敏晃(野球)・岡田優介(バスケットボール)・佐藤琢磨(モータースポーツ) ・市東重明(サーフィン)・谷原秀人(ゴルフ)・山中慎介(ボクシング) 

第4回 伊藤大輔(レーシング)・内山高志(ボクシング)・川又堅碁(サッカー) 松田宣浩(野球)・山田章仁(ラグビー) 

第5回 飯塚翔太(陸上)・小野伸二(サッカー)・羽根田卓也(カヌー)・ベイカー茉秋(柔道) ・保田賢也(水球)・柳田悠岐(野球) 

第6回 阿部勇樹(サッカー)・井上尚弥(ボクシング)・杉田祐一(テニス)・千賀滉大(野球) 藤光謙司(陸上)・無良崇人(フィギアスケート)


Thumb 07awa 009 020
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版

Thumb 07awa 008 011
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版

Thumb 07awa 008 003
(第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版)


【Safari】について
2003年9月に創刊された、海が大好きな大人のための男性ファッション誌。「いくつになっても冒険野郎!」をコンセプトに、セレブファ ッションを核とした着こなしと、ラグジュアリーかつリラックスしたライフスタイルを提案している。 

【阪急メンズ東京】について 
大人のためのメンズ専門館として2011年10月 15 日にオープン。キーワードは「ジェットセッター」。ビジネスでもプライベートでも世界 を旅することを楽しむ男たちへ、旅先での時間をよりスマートに、よりラグジュアリーに、そして自分らしく過ごせるスタイルを発信してい ます。世界中からこだわりの品を選び抜き、プレミアムなファッション空間で提案している。 


取材協力:株式会社日之出出版

阪急メンズ東京

トップ写真:第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版 

提供写真:
第7回アスリートドレッサーアワード/©日之出出版