Hisamitsu

バレー久光の小島絢野が2度目の引退「チームを離れるタイミングだと思った」

VバレーボールV1女子の久光スプリングスは29日、黒鷲旗が中止となったことを受けて、公式YouTubeで紅白戦を開催。今シーズン限りで引退が引退が発表された元日本代表主将の岩坂名奈、座安琴希、小島綾野の3選手が最後の勇姿を見せ、コートに別れを告げた。

Icon     白鳥 純一 | 2021/05/02
Thumb e5b08fe5b3b6e7b5a2e9878e
©︎久光スプリングス

背番号24 番 小島 絢野 (旧姓:中大路 絢野)
生年月日:1991年7月24日 出身地:京都府 出身校:鹿屋体育大学

元バレー代表の久光・座安琴希が引退 「痛くてもそれを投げ捨てる強さ必要」な代表へのエールも語る



――引退セレモニーを終えた、今の率直な気持ちお聞かせください。 

小島:(2017年から2019年には、出産などの理由で)一度「引退」という形でチームを離れているので、今回は2度目の「引退」ということになります。
 

その点では複雑な部分もありますが、一緒に戦ってきたメンバーと離れるのはやはり寂しさを感じます。

Thumb kohaku 007
 ©︎久光スプリングス

――引退を決断した時期や、理由を教えてください。


小島:
 具体的な時期はありませんが、現役に復帰するにあたって、自分の役割は、メーンの選手としてトスを上げ続けるというよりは、「チーム何かあった時などにプレーする」というつもりでした。 

やはり新しいセッターの選手が入ってきて、チームが次の世代に変わっていく状況を見て、「自分がチームを離れるタイミングなのかな?」と感じました。 

 ――現役時代で、一番の思い出や印象に残る試合を教えてください。  

  小島:たくさんあるので一つに絞るのは難しいですが 国内2年目のシーズンですね。最後に逆転で優勝を成し遂げたシーンは、すごく印象的です。(2015/16シーズン Vプレミアリーグ 日立リヴァーレ戦)

 あと、最初の3年間は世界クラブ選手権に出させていただきまして、この大会でのさまざまなクラブ同士の対戦は記憶に残っています。 

Thumb kohaku 004
©︎久光スプリングス
 
――小島さんにとって、バレーボールという競技や、久光スプリングスというチームはどのような存在でしょうか?
  

小島:スプリングスは、勝ちへのこだわりを持っているチームなので、練習でも「妥協がなかった」という印象です。メンバーが変わるなかでのチーム作りは難しい部分もある一方で、柔軟さを備えながらも、一人一人の個性が豊富で面白いチームになっていると思う。 

 私がバレーボール離れている時期に感じたのは、「バレーボールをやっていました」という人は多いのですが、その割にVリーグ観戦に来られるファンの方はまだまだ少ないと思いました。

 今は色々なスポーツがプロ化したり、メディアやS N Sで発信する機会が増えた時代になったので、もっと多くの人に観戦してもらったり、子供達にも大人の生涯スポーツとして楽しんでもらえたらいいなと思っています。  

Thumb kohaku 003
©︎久光スプリングス

――引退にあたり、家族からの言葉はありましたか?子育てをしながら、選手に復帰されるケースはまだまだ少ないと思いますが、ご苦労はございましたか?

小島:子供はまだわかっていませんでしたが、家族からは「お疲れ様」と言われました。

(現役に復帰してからは)なかなか自分の時間を作ることが難しく、しんどい部分もありました。でも体育館を一歩出てから家に帰ると、子供との癒しの時間があり、オンとオフの切り替えは出来ていた。その点では「良かった」と感じている部分もある。

Thumb kohaku 010
©︎久光スプリングス

 ――今後はどのように活動されますか? 


小島:「これをする」というのは決まっていませんが、チームの本拠地になる佐賀県から、何かを発信して盛り上がっていけたらと思います。 

今まで本当にたくさんの応援ありがとうございました。最後に直接お会いできない形になってしまいましたが、皆さんのたくさんの声援が私たちの力になっていました。

Thumb e382ade383bce38393e382b8e383a5e382a2e383abe69c80e7b582e789881020
©︎久光スプリングス

取材協力】久光スプリングス

【関連リンク】

「久光スプリングス2020-21 ラストマッチ! 〜届けたかった“ありがとう”をここに〜」
日時:4月29日(木)14:15 試合開始(勝敗に関わらず2セット)
配信:久光スプリングスYouTubeチャンネル

元バレー代表の久光・座安琴希が引退 「痛くてもそれを投げ捨てる強さ必要」な代表へのエールも語る