Katagiri1

ヴァンフォーレ甲府でプレーした高校サッカーのスター!片桐淳至と加部未蘭が語るセカンドキャリア

若くして才能を発揮し「天才」と呼ばれた選手達も、いつかはピッチを去らなければならない時が訪れます。高校サッカーで注目を浴び、ともにヴァンフォーレ甲府でプレーした共通点をお持ちの片桐淳至さんと加部未蘭さんのセカンドキャリアに迫ります。

Icon     白鳥 純一 | 2017/11/22
片桐淳至さんは、岐阜工業高校時代に出場した 2001年全国高校サッカー選手権大会で得点王に輝き、チームの準優勝に貢献しました。

2002年に名古屋グランパスに入団し、プロとしてのキャリアをスタート。

その後はレンタル移籍を経てFC岐阜、ヴァンフォーレ甲府、MIOびわこ滋賀といったチーム所属し、2013年に引退しました。

片桐淳至さんの選手時代

Thumb katagiri
©VFK

岐阜工業高校(1999〜2002)
名古屋グランパスエイト(2002〜2005)
ロサリオセントラル(2004、レンタル)
キルメス(2004、レンタル)
FCホリコシ(2005、レンタル)
FC岐阜(2005〜2007)
ヴァンフォーレ甲府(2009〜2012)
MIOびわこ滋賀(2013)

加部未蘭さんは、山梨学院大付属高校2年時に出場した全国高校サッカー選手権大会優勝に貢献、翌年もチームのベスト8に導く活躍で大会優秀選手に選ばれました。

高校卒業後の2011年にヴァンフォーレ甲府に入団。2012年にはギラヴァンツ北九州、福岡大学への進学を経て2016年には東京23FCへ入団。2017年に引退しました。

加部未蘭さんの選手時代

Thumb kabe
©VFK

山梨学院付属高校(2005〜2007)
ヴァンフォーレ甲府(2011)
ギラヴァンツ北九州(2012)
福岡大学サッカー部(2013〜2015)
東京23FC(2016)

              


――現在は何をされていますか?   

片桐:
地元の岐阜県で、子供達のサッカーレベルを向上させるスクールで仕事をしています。

加部:
出版社でサッカー関連雑誌に携わる仕事をしています。

――引退した年齢と、決意したきっかけを教えてください。 

     
 片桐:31歳でした。引退を決めた一番の理由は「サッカー選手で生計成り立つかな?」ということでしたね。

サッカー選手はプロ選手でいられる時間がとても短いので、「将来稼げなくなるんだったら引退しよう」という流れになりました。
              

加部:24歳でした。最後は社会人リーグでプレーしていました。上のレベルでプレーしてみたい気持ちをずっと持っていましたが、実現出来なかったので引退を決めました。 

Thumb dsc 0396   

――片桐さんは、現役生活に未練がありませんでしたか?

 片桐:
スポーツ選手って「現役の辞め方」が本当に大事なんですよ。 今回のイベントを主催した(長谷川)太郎さんのように、引退試合をきっかけに現役生活を忘れることができる。  

でも、完全燃焼しないで選手を引退してしまうと「辞めたけど、身体は動くし、サッカーできるんじゃない?」ってモヤモヤしながら過ごす「空白の期間」が出てきてしまうんです。「このままじゃダメだな」と感じたこともありました。  

Thumb  katagiri3

――現在の仕事を選ばれた経緯や想い、これから達成していきたい目標などはありますか?     

片桐:
大都市にいる子供達のサッカーレベルは高いんですが、地方ではまだまだ発展途上にあると感じています。

サッカーの技術を基礎から教えて底辺を拡大すれば、「サッカーが上手くなりたい」と思う人も増えるんじゃないかなと思って仕事に取り組んでいます。     

ずっとサッカーに携わっていたいという気持ちはやまやまですが、 引退すると違う世界に触れられてこれまでにない感情や意欲が出てくるチャンスでもあります。

サッカーだけにこだわって次の道を探すのは良くないと思っていますが、引退後も「サッカー人」であることに変わりはないので、サッカーがまったくない生活は息苦しいですね。    

Thumb katagiri2

――セカンドキャリアを歩まれているなかで、現役への未練が再燃してくることはありましたか?   

片桐:
サッカー選手を辞めてから現在の仕事を始めるまでに、さまざまな仕事をお手伝いしたことがありました。

新人なので、経験が長い方に指摘される場面もあり、そんな時には内心「サッカーだったらなぁ…」と感じてしまったこともありましたね。でも、仕事は毎日あるので、1日終わればうまく切り替えられました。

選手時代は試合が1週間ごとだったので、ミスをしてポジションを失うといった怖さや、気持ちの切り替えに時間がかかってしまったこともありました。仕事は次の日頑張ればいい。気持ちを切り替えられる点はいいと思います。
                            
Thumb milan1


――加部さんは若くして引退されていますが、選手生活に未練はありませんでしたか?

加部:
引退後は短いながらも就職活動をして全然サッカーと関係ない企業にも勤務しましたが、合わなくてすぐに辞めてしまいました。今はサッカーに携われていることもあり、積極的に楽しくやれています。 

 今までの人生がサッカー中心で成り立ってきたので、今でもサッカーが好きですけど、切り替えて社会人として頑張っていこうと思っています。   

でも、テレビでサッカーを見ていると、「俺の方が上手いんじゃない?」と思うことはあったりしますね。(笑)    

Thumb  kabe

――加部さんは、現在の出版社でのお仕事をどのような経緯で選ばれたんですか?セカンドキャリアで達成していきたい目標などはありますか?     

加部:
サッカーから離れても良かったんですが、これまで育ててもらったサッカーに恩返しできる仕事なので、その点はいいなと思っています。

サッカー選手としては上手くいかない部分もあった。現役選手として「その時にすべきことができなかった」と切り替えて、後悔がないように今の仕事を頑張っていきたいです。          
  
Thumb kabekatagiri2

――「努力」という言葉に対して…。
  
 片桐:
サッカー界に「天才」って言われている選手がいると思うんですが、プロ選手になっている「天才」に努力していない人は一人もいません。

「天才は紙一重」という言葉も世の中にはあります。

でも、サッカー界における「天才」は、サッカーが上手くて満足している人ではなく、見えないところで何十倍の努力をしてきた人です。

幼少期は見えない部分があると思いますが、生まれ持って最初からサッカーがうまかったわけではないということは、ぜひ知っていただきたいですね。
 

加部:
それ片桐さんのことですか?(笑)
片桐: 遠回しに言ったんですけどね。(笑)




加部未蘭さん、11月25日に甲府SPACE101に凱旋

Thumb milansan

充実したセカンドキャリアをお過ごしの加部未蘭さんは、11月25日には甲府でDJとしてのデビューを飾るそうです。

この日のゲストは、なんと
中田ヤスタカさん。

山梨で高校、甲府時代と過ごさせてもらって、なにか山梨に恩返しをしたいなと思っていた最中、こういったチャンスをいただけて感謝しています。山梨を盛り上げるという意味でもこのオファーを受けさせていただきました!」と話す加部未蘭さんの勇姿をご覧になられてみてはいかがでしょう?


イベント:中田ヤスタカ DJ TOUR 2017
日時:11/25 (SAT)
場所:山梨県甲府市中央1-3-7 甲府101ビル KOFU SPACE 101
OPEN:20:00
CLOSE:MID
ADV:¥3,000 (別1D)
DOOR:¥4,000(別1D)

関連記事
ヴァンフォーレ甲府の元守護神 阿部謙作の堅実すぎるセカンドキャリア
              

 取材協力
一般社団法人ヴァンフォーレスポーツクラブ
ヴァンフォーレ甲府
サポーツマン
TREストライカー・アカデミー