Dscn7294

キングギア発起人金子達仁氏×ビンテージスパイクコレクター小西博昭氏が「西ドイツ製PUMAスパイク」を語るvol.3

小西博昭氏が持参したPUMAのビンテージスパイクを、実際に履いて感触を確かめる金子達仁氏。さらに喜びを爆発させる金子氏と小西氏の対談は、1980年代のサッカー事情へと派生する。

Icon 22d3205e be9b 4127 a8b9 c79a36b16411 佐久間秀実 | 2018/10/15
「西ドイツ製PUMAスパイク」を語るvol.1
「西ドイツ製PUMAスパイク」を語るvol.2

金子
:小西さんは足の幅は細いんですか?  

小西:いや、広いんですよ。大学時代は安いスパイクばかり履いてまして、西ドイツ製スパイクは憧れでサッカー用品専門店に行ってよく眺めていました。大学4年時の最後の最後にPUMAの西ドイツ製を買って履きました(注1)。

Thumb 50

(注1)大学最後(87年頃)に初めて履いた西ドイツ製モデルのリオ(左)。同じモデル番号(396)の金色ラインモデル(海外での名前は「TORO」)が存在する。30数年前、リオは日本代表選手も履いていて、割とポピュラーなモデルだった。右のモデルは当時も幻のモデルとなっていた。
 

金子:履いてみて、どうでしたか?  

小西:記念に履いただけですから、全く覚えていないんです。  

金子:痛いっていう人多かったですけどね。これ見ると別に細くないな。
僕は第五中足骨がほぼ出ていない人間なんで、PUMAが全然苦じゃなかったんですけど。革靴の横幅も1Eですから。
 

小西:当時の日本代表選手の多くが嫌っていましたね。 (参照http://king-gear.com/articles/774  

金子:木村和司さんとかそうでしたよね。  

小西:ああいうところを観察するのが好きでして。  

金子:はい、僕も好きです!  

小西:しがらみに近い位、使わされてた感がありましたよね昔は。  

金子:アシックスをPUMAに塗り替えたりしてましたよね(注2)。

Thumb 51

(注2)小西氏はフェイクスパイクについては何度か紹介している。元イタリア代表アントニョーニ選手については、82年W杯でプーマからディアドラに変更したことは金子氏も掲載している(http://king-gear.com/articles/88)。フィオレンティーナ時代の実使用展示品スパイクのラインはプーマだが、ソールはアディダスのようだ。
 

金子:いやー、ありがとうございました。これで総額幾らくらいですか?

Thumb 52

小西:高くて1足2万円ぐらいです。安いものは捨てるような値段ですし。ネット販売か、オークションで全て買っています。私は人とは絡めないような山奥に住んでいますから、ネットだけが頼りなんですよね。  

金子:とはいえ、英語力がかなり必要じゃありません?  

小西:マレーシアとかであれば、中学生英語で普通に通用します。  

金子:小西さんにキングギアのオーソリティーになっていただいて、こんなおもろい世界があるというのを伝えていただきたいですね。  

小西:光栄です。ぜひよろしくお願いします。ところで、モデルによっては同じ物がいくつかあるので、1、2足であればこちらで飾っていただけたらと思います。

Thumb 53

金子:飾っていたら、僕は必ず盗みます(笑)。  

小西:記念にお持ち帰りいただいて、家で眺めていただいて、また持ってきていただけたらと思います。  

金子:それこそ家にPUMA棚がありまして、全部飾って眺めているんですよね。  

小西:ご自宅にサッカーダイジェストやマガジンが何十年分全てあるとのことですが、すごい量ですよね?今、古いサッカー雑誌を集めるのは大変ですが、私も重要な資料として80年代のサッカー雑誌は集めたりもしています。  

金子:もし手に入るようでしたら、サッカーダイジェスト88年の1月号で僕がデビューしたんですが、編集後記みたいなものに僕に関して埋め尽くされていますので。  

小西:もしかしたら、あるかもしれないですね。  

金子:表紙がルイバロシュ。トヨタカップのポルトの特集だったので。またソウルオリンピック・アジア予選の日中戦があった。負けたから一面にならなかったんですよね(注3)。

Thumb 54

(注3)小西氏はダイジェストはあまり持っていなかったが、運良くその号を保管していた。ルイバロシュ選手は160センチと小柄で、ポルトガル代表として活躍。画像右下に金子氏の初々しいコメントが掲載されている。
 

小西:私は歴史的瞬間を目にしようと、当時住んでいた愛知県から国立競技場に行きましたが、悲しい結果に終わりましたね。  

金子:まだ学生でしたが、あの試合が仕事デビューでコメント取りに行っていました。  

小西:えー!なかなか取りづらいですよね、そんな大一番で負けたりしますと。  

金子:怖い先輩に「突撃してこい!」と言われたので行っていましたね(注4)。

Thumb 55

(注4)20年ぶりのオリンピック出場をかけた中国戦の記事。金子氏と同い年の堀池選手、(一つ年下の)松山選手は既に主力として出場していた。金子氏は2人のコメントももらえたのだろうか?
 

小西:私は大学4年生でした。  

金子:え!小西さんと僕は完全に同い歳ですか?  

小西:そうなりますね。  

金子:だから僕と(好みなどが)ドンピシャなんですね(注5)。   

Thumb 56

(注5)同紙には興味深い記事が多く掲載されていた。金子氏と小西氏と同学年の長谷川選手や、その後日本サッカーの支えたゴン中山選手、名波選手(当時中学生)。さらにセルジオさんのエラシコ教室についても
触れられていた。


vol.4へ続く。

提供写真/小西博昭
取材写真/佐久間秀実

◆ビンテージスパイクコレクター小西博昭氏の連載コラム
英雄たちが愛した歴史的スパイク http://king-gear.com/feature_articles/162