• オリンピック金メダリスト体操「加藤凌平」とSonar Pocket 「eyeron」が語る‼ vol.1「フットサルで生まれた2人の絆」
    2020年。オリンピックが開催されるこの瞬間、スポーツを通じて夢、希望、勇気が沸き起こり、東京という街が世界の真ん中で輝くことになる。来るべき祭典に向けて、アスリートは今をどんな気持ちで生きているのか。また、来るべき祭典を盛り上げる為に、エンターテイメントを通じて、アーティストは今をどんな気持ちで日々を過ごしているのか。今回は、そういった東京五輪に向けて各々の歩みを進めている加藤凌平選手(リオ五輪体操金メダリスト・コナミスポーツ体操競技部所属)とeyeron氏(Sonar Pocket)のお2人に、熱い対談をしていただいた。
    もっと読む
  • 受け継がれる一本足打法、心に残る「大丈夫」—。片平晋作が女子プロ野球に残したもの。
    「大丈夫」 人を勇気付け、背中を押す時によく用いられるとてもシンプルなワードだ。ただ、言葉というのは不思議なもので、発するのが誰かによってその重みは何倍にも増すものである。 埼玉アストライアの選手たちにとって、片平晋作氏がかけてくれる「大丈夫」はそんな重みのある大切な、安心感をもたらす言葉となっていた。
    もっと読む
  • リオ五輪銀メダルの吉村真晴が卓球Tリーグ参戦へ!埼玉チーム「T・T彩たま」との契約合意を発表
    10月から開幕する卓球「Tプレミアリーグ(以下、Tリーグ)」に参戦するさいたま市拠点の男子新チームが、チーム名を「T・T彩たま(ティーティーさいたま)」に決定したことを発表した。それに加えて、2016年リオデジャネイロ五輪の卓球男子団体で銀メダルを獲得した吉村真晴選手(名古屋ダイハツ)と契約したことも同時に発表。埼玉県庁で開かれた記者会見に出席した吉村選手は、チームをリーグ初代王者に導くべく、シーズン開幕に向けての意気込みを語った。
    もっと読む
  • 中田英寿さんがプロデュースされている「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2018」に潜入!!
    東京・六本木にて、日本全国から選りすぐりの酒蔵が出店し、日本酒の魅力をあじわい尽くせる“SAKE”イベントがあると聞き、KING GEARのメンバーで潜入取材を実施!!
    もっと読む
  • 世界に誇る日本の柔道家たちが着用!最先端技術を駆使したミズノの柔道衣とは。
    柔道は、1882年に嘉納治五郎が、東京の永昌寺で柔術を元にした武道の指導を開始したことにより始まったと言われている。日本の伝統的スポーツ柔道の日本代表選手は、ミズノの柔道衣を着用して世界を相手に戦い続けている。今回は、ミズノ株式会社(代表取締役社長:水野明人) で、柔道衣の企画開発に携わる上村氏に、開発苦労話について語っていただいた。
    もっと読む
  • 運動研究所 代表理事 宮島さんインタビュー後編 『日本の将来を考えたときに、子供達のコミュニティを作る』
    『笑顔があふれる「スポーツのある生活」を』をコンセプトに2017年7月に設立された一般社団法人運動研究所。代表理事の宮島淑行さんは大手広告代理店で2002年FIFAワールドカップなど数々のイベントに携わり、同時に競技団体のマーケティングスキームの整備により、それぞれの収入向上に貢献。 そんな宮島さんが安泰を捨ててまで運動研究所を設立した背景とは?スポーツとの出会いから、子どもたちを取り巻く日本のスポーツ環境に迫った。
    もっと読む
  • 運動研究所 代表理事 宮島さんインタビュー前編 『子供ってスポーツ界にとって大事な資源』 
    『笑顔があふれる「スポーツのある生活」を』をコンセプトに2017年7月に設立された一般社団法人運動研究所。代表理事の宮島淑行さんは大手広告代理店で2002年FIFAワールドカップなど数々のイベントに携わり、同時に競技団体のマーケティングスキームの整備により、それぞれの収入向上に貢献。 そんな宮島さんが安泰を捨ててまで運動研究所を設立した背景とは?スポーツとの出会いから、子どもたちを取り巻く日本のスポーツ環境に迫った。
    もっと読む
  • リーボックが誇る『ザ・ポンプテクノロジー』 世界初!空気圧によって調整するシューズとは
    リーボックは、人間を極めるべく、「フィットネスを通じて、自らの可能性を最大限に高める」ことをミッションとするグローバル・フィットネス・ライフスタイルブランドとして展開している。そこで今回、ブランドを代表する紐を結ばずに空気圧によってフィット感を調整する『ザ・ポンプテクノロジー』搭載のシューズについて、リーボック マーケティング事業本部の山根氏に話を伺ってみた。
    もっと読む
  • 英雄たちが愛した歴史的スパイクVOL.5『80年代の(黒・黄2色ソールの)プーマ・キング編』
    プーマのスパイクでキングと名の付くモデルは昔から何種類もあります。80年代のプーマ取替え式スパイクは数多の種類がありましたが、黒と黄色の2色ソールは高級モデルの証で、キングもこのソールでした。神のみならず、プーマスパイクを履く国内外の多くのトッププレーヤーが使っていたと思われます。しかし、今も昔も日本では取替え式スパイクのニーズはあまり高くなく、一般プレーヤーでは手にする機会すらほとんどなかった気がします。当時は敷居が高すぎて触ったこともなかったモデルを、無謀にもこのご時世になって探してみました。
    もっと読む
  • DMMが欧州サッカーに描く夢 「vol.1 なぜベルギーリーグに目を向けたのか?」
    昨年の11月にDMMがベルギー1部リーグのシントトロイデンの経営権を取得した。なぜベルギーのチームを買収したのか?たくさんのなぜをシントトロイデンの会長でDMM.comの取締役を務める村中悠介さんに聞かせて頂いた。
    もっと読む
  • “プロのスカウトが注目する”現役高校生がスパイクへのこだわりを語りつくす!VOL5~ 森夢真、山本龍平(四日市中央工)、久乗聖亜(東山)~編
    4月7日に高円宮杯プレミアリーグ、全国各地域のプリンスリーグがスタートし、本格的な高校サッカーシーズンの幕開けとなった。今年も全国各地には大きな夢を持ったタレント達が、自分の夢、チームの夢に向けて鍛錬を続けている。今回はその公式リーグ開幕前の3月に全国各地で開催されたユースフェスティバルでの彼らの姿、そして大事なパートナーであるスパイクやキーパーグローブへの想いをじっくりと聞いて来た。
    もっと読む
  • “プロのスカウトが注目する”現役高校生がスパイクへのこだわりを語りつくす!VOL4~ 中村拓海(東福岡)、壇崎竜孔(青森山田)、永田一真(岡山学芸館)~ 編
    4月7日に高円宮杯プレミアリーグ、全国各地域のプリンスリーグがスタートし、本格的な高校サッカーシーズンの幕開けとなった。今年も全国各地には大きな夢を持ったタレント達が、自分の夢、チームの夢に向けて鍛錬を続けている。今回はその公式リーグ開幕前の3月に全国各地で開催されたユースフェスティバルでの彼らの姿、そして大事なパートナーであるスパイクやキーパーグローブへの想いをじっくりと聞いて来た。
    もっと読む
  • ランニングシーンの注目ブランドSVOLME(スボルメ)初のランニングシューズ「STRELLA(ストレーラ)」
    「あなたの人生を彩る」というブランドコンセプトのもと、あらゆるスポーツシーンでファッションの楽しさを取り入れ、動き易さを追求したアイテムを世に送り出してきたSVOLME(スボルメ)。 機動性の高さと、そのカラフルでポップなデザイン性が故に、サッカーやフットサルを中心にスポーツを愛好する多くの人々の支持を得てきた。そして、2016年より立ち上げたランニングカテゴリーでは、ウェアの販売、さらには北海道マラソンや福岡マラソンといった大会への協賛などを通じて、ランニングシーンにおいて徐々に存在感を高めてきた。 そんなランニングシーンの注目ブランドであるSVOLMEが、2018年3月に、ブランド初のランニングシューズ「STRELLA(ストレーラ)」を発売した。ランニングのビギナー向けに開発されたこのシューズは、走り始めて間もないジョギングレベルのランナーから、フルマラソン完走を目指すランナーまで幅広い層をターゲットにしたもので、予約開始当初から順調に販売数を伸ばしているという。
    もっと読む
  • “プロのスカウトが注目する”現役高校生がスパイクへのこだわりを語りつくす!VOL3~三國ケネディエブス(青森山田)、森隼平(前橋育英)、西原広太(広島皆実)、畑大雅(市立船橋)~編
    4月7日に高円宮杯プレミアリーグ、全国各地域のプリンスリーグがスタートし、本格的な高校サッカーシーズンの幕開けとなった。今年も全国各地には大きな夢を持ったタレント達が、自分の夢、チームの夢に向けて鍛錬を続けている。今回はその公式リーグ開幕前の3月に全国各地で開催されたユースフェスティバルでの彼らの姿、そして大事なパートナーであるスパイクやキーパーグローブへの想いをじっくりと聞いて来た。
    もっと読む
  • 英雄たちが愛した歴史的スパイクVOL.4 ~3マテリアルソールのアディダス・ワールドカップシリーズ編~
    巻頭写真は1982年スペインW杯のルムメニゲ選手(左)と2002年日韓W杯のカーン選手(右)です。時代は随分違いますが、同じソールのスパイクを履いていました。最近はこのソールのスパイクを履いているトップレベルの選手を見なくなりましたが、現在も生産され続けている3マテリアルソールのアディダス・ワールドカップは、憧れのスパイクの一つでした。とある選手の昔の実使用スパイクを見てから、このシリーズの収集欲が急に湧いてきてしまい、集めてから新たに知った(多分?)どこにも書いていない細かすぎる違いをご紹介します。
    もっと読む
  • 自分の個性を極めてほしい。元日本代表・原歩が、サッカー指導者として未来のなでしこに伝えたいこと
    かつて、なでしこジャパンのキャプテンとしてチームを牽引し、2008年の北京五輪日本代表としても活躍された原歩さん。2009年に現役を引退し、現在はセカンドキャリアとして女子サッカー「FC町田ゼルビアレディース」のコーチを務めるなど、指導者の道を歩んでいる。インタビュー最後となる今回は、現在履いているスパイクに至るまでの流れを伺うとともに、コーチとして活躍するまでの経緯をお聞きした。そして最後には、サッカー指導者・原歩として、未来のなでしこジャパンに向けたメッセージをお届けする。
    もっと読む
  • 世界一の選手たちの動きをサポートするバドミントンシューズ!ミズノ『ウエーブファング』とは。
    日本のバドミントン選手たちが、強い。世界一に輝く選手たちがいるなど、国内での競争が激化している。今回は、ミズノ(ミズノ株式会社:代表取締役 水野明人)が展開しているバドミントンシューズの企画開発担当者の中谷氏に、世界一の選手も履くシューズについて熱く語っていただいた。
    もっと読む
  • 楽しく軽快に歩けるウォーキングシューズ!ミズノ『Tx Walk』とは。
    ウォーキングを「スポーツ」として位置付けているミズノは、これまで数多くのウォーキングシューズを展開している。今回は、ミズノ株式会社(代表取締役社長:水野明人) でデザインを一新したウォーキングシューズの企画開発に携わる吉村氏に、機能面等について語っていただいた。
    もっと読む
  • 『NMB48市川美織卒業コンサート in 埼玉』~あなたがいたから、ここまでやって来れました。~ライブレポート
    4月16日、埼玉・大宮ソニックシティにて『NMB48市川美織卒業コンサート~今が旬!埼玉県産フレッシュレモン、出荷します~』が開催され、山本彩をはじめチームNメンバーが市川美織の卒業を送りだし、2500名を超える満員のファンが、門出を祝った。
    もっと読む
  • “プロのスカウトが注目する”現役高校生がスパイクへのこだわりを語りつくす!VOL2~松田亮(東福岡)、大崎舜(大津)~編
    4月7日に高円宮杯プレミアリーグ、全国各地域のプリンスリーグがスタートし、本格的な高校サッカーシーズンの幕開けとなった。今年も全国各地には大きな夢を持ったタレント達が、自分の夢、チームの夢に向けて鍛錬を続けている。今回はその公式リーグ開幕前の3月に全国各地で開催されたユースフェスティバルでの彼らの姿、そして大事なパートナーであるスパイクやキーパーグローブへの想いをじっくりと聞いて来た。
    もっと読む
  • 日本代表、プロ、全ての夢が叶えられた。元なでしこジャパン原歩が、波乱に満ちた人生の先で得たもの
    かつて、なでしこジャパンのキャプテンとしてチームを牽引し、2008年の北京五輪日本代表としても活躍された原歩さん。2009年に現役を引退し、現在はセカンドキャリアとして女子サッカー「FC町田ゼルビアレディース」のコーチを務めるなど、指導者の道を歩んでいる。インタビュー第3回となる今回は、初めて日本代表に選ばれた時の気持ちや、選手として念願のプロ契約を果たすまでの波乱万丈なサッカー人生について伺った。
    もっと読む
  • LIXILがスポーツを通じて伝えたいこととはvol.3「スポーツを通じて暮らしを豊かに」
    LIXILは、東京2020オリンピック・パラリンピックのゴールドパートナーにもなるなど、 スポーツによって豊かな暮らしづくりをできるようにチャレンジし続けている。最終回は、2020年に向けた熱い想いと展望について、マーケティング本部 スポンサーシップ戦略G グループリーダーの戸谷氏に話していただいた。
    もっと読む
  • 澤はライバルであり、分かり合える特別な存在。元なでしこジャパン原歩が抱く同級生への想い
    かつて、なでしこジャパンのキャプテンとしてチームを牽引し、2008年の北京五輪日本代表としても活躍された原歩さん。2009年に現役を引退し、現在はセカンドキャリアとして女子サッカー「FC町田ゼルビアレディース」のコーチを務めるなど、指導者の道を歩んでいる。インタビュー第2回となる今回は、ご自身のギアについて伺うとともに、6度のW杯と4度の五輪に出場し、2011年FIFA女子W杯ドイツ大会で得点王とMVPを獲得した、同級生である澤穂希さんとのエピソードを聞かせていただいた。
    もっと読む
  • “プロのスカウトが注目する”現役高校生がスパイクへのこだわりを語りつくす!VOL1~吉村仁志、水野雄太(大津高校)編
    4月7日に高円宮杯プレミアリーグ、全国各地域のプリンスリーグがスタートし、本格的な高校サッカーシーズンの幕開けとなった。今年も全国各地には大きな夢を持ったタレント達が、自分の夢、チームの夢に向けて鍛錬を続けている。今回はその公式リーグ開幕前の3月に全国各地で開催されたユースフェスティバルでの彼らの姿、そして大事なパートナーであるスパイクやキーパーグローブへの想いをじっくりと聞いて来た。
    もっと読む
  • KING GEAR FC Jrs 仙台へ!!
    ネイマールジュニアファイブの関東大会で準優勝に終わり全国大会進出が出来なかったKING GEAR FC Jrs。オーバーエイジの選手に仙台に縁のある伊藤壇を招き必勝体制で仙台で行われる東北大会へ参戦する。
    もっと読む

Latest Contents

最新のコンテンツ