• 2.26生きる伝説・三浦知良 50歳バースデーゲームを勝利で祝福「皆が勝利をプレゼントしてくれた」~川淵氏との”誓い”果たす~
    2017年2月26日、世界74社206名の報道陣とチーム史上最多13,244人のサポーターの前で、その瞬間は訪れた。”キングカズ”、プロサッカー選手・50歳。その歴史的瞬間の到来は、とても彼らしく、美しい光景だった。
    もっと読む
  • 発起人Kの独り言・番外編 vol.23『体脂肪29.9%からの大逆襲/イケてる身体に俺はなる! その16・数十年ぶりのスケート。筋肉痛に襲われるはずが…』
    子供と一緒にプールに行ったときに、恥ずかしくない身体になる! お酒大好き、運動嫌いなキングギア発起人の金子達仁(50歳)は、パーソナル・トレーナーと出会い、イケてるボディを目指してトレーニングを敢行。順調に成果が出始めたある日、数十年ぶりにスケートに挑むことになり…。
    もっと読む
  • イチローも惚れ込んだ逸品! 山本昌が語る『ビモロ・スパイクの秘密』Vol.3「ビモロがなければ、50歳まではやれなかった!」  
    我らがキングギアの「キング」こと池田君に思わぬ打診が舞い込んできたのは、昨年の師走だったという。ビモロ? なんじゃそりゃと思ってしまった発起人Kだったが、先方が語り部として立ててきた人選を聞いて飛びついた。ビモロなる聞き慣れないシューズについての話をしてくれるという人が、50歳まで現役を続けた球界のレジェンド、元中日ドラゴンズの山本昌さんだったからである。
    もっと読む
  • LFY × キングギア
    サッカーを愛する全ての人たちへ向けたファッションスタイルショップ、LFYがオープンします!
    もっと読む
  • 本田千尋の『フロム・トレーニングセンター』vol.14”サムライ”アンドレ・シュールレが履くアディダス『エックス レザー BLUE BLAST』
    金子塾卒業生にして、現在はドイツに拠点を置くスポーツライター本田千尋のちょっと変化球な企画。ブンデスリーガのスターはどんな音楽で気持ちを高め、どんなクルマで移動時間に鋭気を養い、そしてどんなスパイクで闘っているのか。トレーニング・センターからのダイレクト・レポートをお伝えします。
    もっと読む
  • スポーツxアートの融合『アスリート展』潜入レポート!為末大らディレクターとして参加
    アスリートを「デザインの視点から紐解いていく」をコンセプトとした企画展『アスリート展』が期間限定でオープンした。為末大氏、デザインエンジニアの緒方壽人氏、研究者・映像作家の菅俊一氏の3名をディレクターに迎え、開幕当日、アスリートの肉体的・精神的な強さの秘訣をデザインの視点から探った本展を取材した。
    もっと読む
  • イチローも惚れ込んだ逸品! 山本昌が語る『ビモロ・スパイクの秘密』Vol.2「これ、動く歩道みたいなシューズですね」
    我らがキングギアの「キング」こと池田君に思わぬ打診が舞い込んできたのは、昨年の師走だったという。 ビモロ? なんじゃそりゃと思ってしまった発起人Kだったが、先方が語り部として立ててきた人選を聞いて飛びついた。ビモロなる聞き慣れないシューズについての話をしてくれるという人が、50歳まで現役を続けた球界のレジェンド、元中日ドラゴンズの山本昌さんだったからである。
    もっと読む
  • Jリーグ開幕直前SP!大久保嘉人、中村憲剛、青山敏弘らの知られざるスパイク選びのポイントとは?
    遂にJリーグ開幕まで残すはあと2日と迫った。”J革命期”と言われる今年は優勝賞金の大幅増に伴って各クラブが積極補強を行い、例年にない活況に沸いている。東京国際フォーラムで開催された『Jリーグ・キックオフカンファレンス2017』にて、そんな今年のJを主役として彩るであろう選手たちに、どんなスパイクを好み、試合に望みたいのか?を聞いてまわったので紹介したい。
    もっと読む
  • 山田大記(カールスルーエ)Vol.1「ドイツで身につけたプレーの変化。僕の現在を知ってほしい」
    カールスルーエの駅から、待ち合わせのカフェまで走りに走った。ヨーロッパの街並みをバックに、季節外れの汗がにじむ。待ち合わせの1時間前に着く様、フランクフルト駅から電車に乗ったのに。想定外のことが起こるのが、海外の醍醐味でもある。それを乗り越えて、海外組の選手は逞しくなっていくのだろう。ジャストタイムでカフェに入ったら、知的な佇まいでコーヒーを飲んでいる山田大記選手を発見!
    もっと読む
  • イチローも惚れ込んだ逸品! 山本昌が語る『ビモロ・スパイクの秘密』Vol.1「1球投げたら壊れてしまった、プロトタイプ1号機」    
    我らがキングギアの「キング」こと池田君に思わぬ打診が舞い込んできたのは、昨年の師走だったという。ビモロ? なんじゃそりゃと思ってしまった発起人Kだったが、先方が語り部として立ててきた人選を聞いて飛びついた。ビモロなる聞き慣れないシューズについての話をしてくれるという人が、50歳まで現役を続けた球界のレジェンド、元中日ドラゴンズの山本昌さんだったからである。
    もっと読む
  • 本田千尋の『フロム・トレーニングセンター』vol.13”ちゃっかり者”フランク・リベリーが履くナイキ『マーキュリアル ヴェイパー XI FG Spark Brilliance』
    金子塾卒業生にして、現在はドイツに拠点を置くスポーツライター本田千尋のちょっと変化球な新企画。ブンデスリーガのスターはどんな音楽で気持ちを高め、どんなクルマで移動時間に鋭気を養い、そしてどんなスパイクで闘っているのか。トレーニング・センターからのダイレクト・レポートをお伝えします。
    もっと読む
  • 5人制アマチュアサッカー大会「F5WC」で緊急アンケート! シューズ着用数TO5のメーカーは?
    キングギアは2017年2月12日、東京・味の素スタジアムで行われた5人制サッカー大会「F5WC(Football fives world championship)」の予選・本大会における使用シューズについてアンケートを実施、各チームの着用シューズメーカーを調査した。果たして結果は?!
    もっと読む
  • 大迫勇也インタビューVol.3 「“大迫半端ない”は、悪い気はしないけど、いい気もしない(笑)」
    日本代表のエース候補・大迫勇也選手のインタビュー最終回は、スパイク選びのポイントや禁断の(?)“大迫半端ない”について、どう思っているのかを直撃した。  
    もっと読む
  • 大迫勇也インタビューVol.2「初めて履いたスパイクはアシックス。物へのこだわりは…ないですね(笑)」
    2016年、1年半ぶりに日本代表に招集されると、巧みなボールキープと得点力で日本代表のエース候補に名乗りを上げた大迫勇也選手。インタビュー2回目は初めて履いたスパイクや、目指しているFW像について語ってもらった。(全3回)
    もっと読む
  • 『中西哲生サッカークリニック』取材レポート!「長友佑都、永里優季、久保建英も実践している」効果的な身体の使い方とは?
    2017年2月5日、「銀座deフットサル 勝どきインドアスタジアム presents 中西哲生サッカークリニック」が開催された。サッカー及びフットサルどちらにも応用できる必要な身体の使い方や姿勢と、プロサッカー選手を指導する中西哲生氏から直接、独自理論を学べる現場を潜入取材した。
    もっと読む
  • 大健闘も決勝戦はPKで惜敗・・・KING GEAR FC、F5WC日本大会で準優勝
    2017年2月12日、味の素スタジアムで開催された「アットホーム F5WC JAPAN CHAMPIONSHIP 2016-2017」にて、我らがKING GEAR FCは惜しくも準優勝となり、目標としていた世界への切符獲得をあと一歩のところで逃す結果となった。
    もっと読む
  • 大迫勇也インタビューVol.1「鹿島スタジアムはすごく良いところで、特別な思いがある」
    2016年、1年半ぶりに日本代表に招集されると、巧みなボールキープと得点力で日本代表のエース候補に名乗りを上げた大迫勇也選手。ドイツに渡り、4シーズン目を迎える彼にドイツでの生活、日本代表でのプレー、そしてギアについて話を聞いた。(全3回)
    もっと読む
  • 本田千尋の『フロム・トレーニングセンター』vol.12 ”裏の顔はDJ”ハカン・チャルハノールが履くアディダス『エックス16+ピュアカオス BLUE BLAST』  
    金子塾卒業生にして、現在はドイツに拠点を置くスポーツライター本田千尋のちょっと変化球な企画。ブンデスリーガのスターはどんな音楽で気持ちを高め、どんなクルマで移動時間に鋭気を養い、そしてどんなスパイクで闘っているのか。トレーニング・センターからのダイレクト・レポートをお伝えします。
    もっと読む
  • カトリエのマイファーストスパイク 第5回 エスクデロ競飛王(京都サンガF.C.)Vol.4 「“試合に行くの? 恋人作りに行くの?”チームメイトも呆れる、強いこだわり」
    インタビューに、少年時代からの軌跡が詰まったアルバムを持ってきてくれたエスクデロ選手。スパイクはナイキ一筋だと語りますが、一番こだわっているのはスパイクではなく “香り”と“5本指ソックス”。子供の頃に染み付いた、アルゼンチンの習慣が影響しているようです。 加藤理恵
    もっと読む
  • カトリエのマイファーストスパイク 第5回 エスクデロ競飛王(京都サンガF.C.)Vol.3 「“性格はグラウンドに出る”。人間として深みを増した、エスクデロ選手の変化」
    浦和レッズを経て、韓国Kリーグで大きく成長したエスクデロ選手の次なる挑戦は、中国Cリーグ。様々な環境で格闘する中で心もプレーも磨かれ、2016年の京都サンガF.C.での活躍へとつながります。 加藤理恵
    もっと読む
  • 本番まであと2日!KING GEAR FC、目指すは優勝して世界へ!〜F5WC決勝大会に向けた練習に密着取材〜Vol.02
    いよいよ数日後に迫ったF5WCの決勝大会。我らがKING GEAR FCも着々と準備を進めている。世界への切符をかけて戦う大舞台に向け、選手達の士気も高まっており、気合十分だ。本記事は、2017年2月7日、MIFA FOOTBALL PARKで夜21時から開始したトレーニングパートナーとの練習試合とその後のインタビュー記録である。
    もっと読む
  • 「中西哲生x鈴木尚広」登場!ALE14 #01取材レポート〜脅威の盗塁成功率82.9%の秘策とは?〜「左ピッチャーは盗塁しやすい」
    2017年1月30日、スポーツジャーナリストの中西哲生氏がナビゲーターを務め、スポーツを伝える”言葉”を探求するライブイベント「ALE14」の#01が開催された。現役時代、82.9%という脅威の通算盗塁成功率を誇る「走塁のスペシャリスト」こと元読売ジャイアンツ・鈴木尚広氏をプレゼンターとして招聘し、特別登壇した。当日の模様をお届けする。
    もっと読む
  • 本田千尋の『フロム・トレーニングセンター』vol.11” 王様”アルトゥーロ・ビダルが履くナイキ『マーキュリアル スーパーフライ FG』
    金子塾卒業生にして、現在はドイツに拠点を置くスポーツライター本田千尋のちょっと変化球な企画。ブンデスリーガのスターはどんな音楽で気持ちを高め、どんなクルマで移動時間に鋭気を養い、そしてどんなスパイクで闘っているのか。トレーニング・センターからのダイレクト・レポートをお伝えします。
    もっと読む
  • カトリエのマイファーストスパイク 第5回 エスクデロ競飛王(京都サンガF.C.)Vol.2 「勘違いしていた浦和時代。韓国移籍で、16歳の自分を思い出す」
    プロになりたての頃は「勘違いしていた」と振り返るエスクデロ選手。そんな時期、根底に流れる“アルゼンチン流の教え”を思い出させてくれた、FCソウルでの出来事とは?   加藤理恵
    もっと読む
  • カトリエのマイファーストスパイク 第5回 エスクデロ競飛王(京都サンガF.C.)Vol.1 「日本の学校に馴染めなかった少年時代。父親のメールで快進撃が始まる!」
    韓国Kリーグ、中国Cリーグを経て、2016年にJの舞台に戻ってきた、エスクデロ競飛王選手。インタビュー1回目は、様々なエッセンスを持つエスクデロ選手の生い立ちを伺いました。言葉や習慣に戸惑い、なかなか友達ができなかった少年時代。日本とアルゼンチンの違いから起こる驚きのエピソード。エスクデロ選手、波乱万丈です。 加藤理恵
    もっと読む

Latest Contents

最新のコンテンツ