• 大学サッカー界きってのタレント集団、筑波大の選手がスパイクへのこだわりを語りつくす! Vol.2 ~GK櫻庭立樹、DF岩田佑成、FW窪田翔 編~
    筑波大学蹴球部によるスパイク紹介動画第2回は、3人が登場!まずはGK櫻庭立樹とDF岩田佑成のコンサドーレ札幌U-18先輩後輩コンビに同時インタビュー。そして、FW窪田翔には特別に星稜高の2学年上の先輩であるCB鈴木大誠もインタビュアーとして参戦!
    もっと読む
  • 大学サッカー界きってのタレント集団、筑波大選手がスパイクへのこだわりを語りつくす! Vol.1 GK阿部航斗&DF角田涼太朗、DF山川哲史 編
    2018シーズン、筑波大学蹴球部は関東大学リーグ1部を2位でフィニッシュ。最後の大会となったインカレでは準々決勝で駒澤大学の前に涙を飲んだ。 しかし、MF西澤健太(清水エスパルス)、鈴木徳真(徳島ヴォルティス)、DF会津雄生(FC岐阜)、鈴木大誠(徳島ヴォルティス)、小笠原佳祐(ロアッソ熊本)と5人をJリーグに送り込み、3年生のMF三笘薫は来季の川崎フロンターレ入りが内定。
    もっと読む
  • 「ドーハの悲劇」前後の日本サッカーを語ろう! 金子達仁(KING GEAR発起人)×植田朝日(ドーハ1993+の映画監督)Vol.2
    2人の出会いは今から約27年前の1992年。日本代表の遠征の地であったレッチェ(イタリア)でだ。当時、金子達仁はサッカーダイジェストの駆け出しの記者で植田朝日は大学生だった。そんな植田は映画監督として「ドーハ1993+」を作製し、ヨコハマフットボール映画祭で2月17日に上映する。そんな2人のドーハ前後における話をふんだんに聞いた。
    もっと読む
  • 「ドーハの悲劇」前後の日本サッカーを語ろう! 金子達仁(KING GEAR発起人)×植田朝日(ドーハ1993+の映画監督)Vol.1
    2人の出会いは今から約27年前の1992年。日本代表の遠征の地であったレッチェ(イタリア)でだ。当時、金子達仁はサッカーダイジェストの駆け出しの記者で植田朝日は大学生だった。そんな植田は映画監督として「ドーハ1993+」を作製し、2月17日に開催されるヨコハマフットボール映画祭で上映する。そんな2人のドーハ前後における話をふんだんに聞いた。
    もっと読む
  • レッドブルエアレース・ワールドチャンピオンシップ2019年開幕戦(2月8日、9日)を無料放送!
    レッドブルエアレース・ワールドチャンピオンシップ2019年のシーズン開幕戦を2月8日(金)に予選、決勝を2月9日(土)にUAEアブダビにて開催する。大会の模様をライブストリーミング(英語のみ、無料)することが決まった。(画像:Andreas Langreiter / Red Bull Content Pool)
    もっと読む
  • 英雄たちが愛した歴史的スパイクVOL.32 「貴重なプーマスパイクアーカイブ編」
    80年代のサッカースパイク好きとして、できることなら当時のサッカーショップにもう一度行ってみたいのですが、それに近い環境が維持されていると思われる場所の一つが、プーマのシューズストックルームです。
    もっと読む
  • レッドブルエアレース2017年ワールドチャンピオン室屋義秀が2019年シーズンに挑む!
    2017年、アジア人として初めてレッドブルエアレース・ワールドチャンピオンシップで年間王者に輝いた室屋義秀選手(46歳)。2連覇を期待された昨シーズンであったが、機体の改良に苦戦を強いられ、総合5位で終了した。室屋は2月8日から始まる2019年シーズンをどのように戦うのだろうか?(画像:Joerg Mitter / Red Bull Content Pool)
    もっと読む
  • 武尊がK-1 2018年最優秀選手賞(MVP)を受賞!K-1 AWARDS 2018
    K-1/Krushの運営及びジム運営するK-1実行委員会(東京都渋谷区、プロデューサー:中村拓己)は、2018年K-1 JAPAN GROUPの年間表彰式として「K-1 AWARDS (アウォーズ) 2018」を、セルリアンタワー東急ホテルにて2019年2月1日(金)に開催した。K-1のゲスト・解説者を務める、関根勤氏、魔裟斗氏、久松郁実氏らが登場し、芸人の和牛、ガリットチュウ福島氏、ちぃたんもプレゼンターとして祝福した。
    もっと読む
  • 伊藤智仁、宮本慎也が2019シーズンの展望を本音で語る「高速スライダー号 THE FINAL」
    ヤクルトスワローズの投手として活躍され、今年から楽天イーグルスの投手コーチに就任された伊藤智仁さんが主催するイベント「高速スライダー号 THE FINAL」が、東京湾を運航するクルーズ船で開催された。 この日のゲストは、ヤクルト時代のチームメートでもある宮本慎也さん。独立リーグの監督と、プロチームのヘッドコーチという立場で過ごされた2018シーズンの裏話や、今シーズンに向けた本音トークなどが繰り広げられた。
    もっと読む
  • 挑戦者求ム!香川真司選手、中島翔哉選手らがゲキ技で挑発 日本を代表する選手達から出題されるゲキ技へのチャレンジ動画を大募集!
    アディダス フットボールは、新作スパイク「EXHIBIT PACK」の発売に合わせて、宇佐美貴史選手、内田篤 人選手、香川真司選手、中島翔哉選手の 4 選手が魅せるゲキ技へのチャレンジ動画を一般募集する SNS 投稿 キャンペーン「#adidas からの挑戦状」を 2 月 1 日(金)~2 月 28 日(木)の期間で実施いたします。
    もっと読む
  • 江島大佑選手(パラ水泳)インタビュー 後編 「東京パラリンピックへの熱い想い」
    水泳選手として、アテネ・北京・ロンドンと3大会に渡りパラリンピックに出場している江島大佑選手。ジャカルタで開催されたアジアパラリンピック大会では金メダルを獲得した。このような結果を出すまでにどんな道を歩いてきたのだろうか?その歩みと今後の目標をたっぷり聞かせて頂いた。
    もっと読む
  • イニエスタ、ビジャ、ポドルスキが勢揃いしたヴィッセル神戸、アメリカで初の公開練習に潜入取材
     現在、Jリーグのクラブ初のアメリカでのプレシーズンツアーを実施しているヴィッセル神戸。1月26日(土)に、ツアー初の公開練習を実施しました。イニエスタ選手、ポドルスキ選手、新加入のビジャ選手など世界的スター選手を擁するチームのシーズンに向けたトレーニングの様子をレポートします。
    もっと読む
  • 英雄たちが愛した歴史的スパイクVOL.31『86年W杯のプーマレアスパイク編』
    86年W杯ではアディダス、プーマとも当時の新作スパイクをデビューさせましたが、種類ではアディダスがプーマを圧倒していました。アディダスについてはVol. 26(http://king-gear.com/articles/950)でご紹介しましたので、今回はこの大会でのプーマの珍しいモデルについてです。
    もっと読む
  • 「HEROs AWARD 2018 潜入取材!」 Vol.3 村田諒太選手インタビュー ~ギアはあえてこだわらないようにしている~
    HEROs AWARD2018にアンバサダーとして出席されていた村田諒太選手にアンバサダーになったきっかけや、ボクシングをやるうえでこだわっているギアについての話を伺った。
    もっと読む
  • 「HEROs AWARD 2018 潜入取材!」 Vol.2 赤星憲広さんインタビュー ~盗塁王がこだわっていた野球のギアとは~
    「Ring of Red~赤星憲広の輪を広げる基金~」の活動が評価されHEROs AWARDを受賞された赤星憲広さん。この活動の話と現役時代にこだわっていたギアについての話を伺った。
    もっと読む
  • 「HEROs AWARD 2018 潜入取材!」 Vol.1 レポート編
    HEROs AWARD 2018実行委員会は、12月17日にグランドハイアット東京で「HEROs AWARD 2018」を開催した。Vol.1の今記事では当日の模様をお届けする。
    もっと読む
  • NIKE新スパイク「PHANTOM VENOM(ファントム ヴェノム)」でゴールを量産だ!
    2019年1月某日、ゴールを決めるために開発された新スパイクNIKE「PHANTOM VENOM(ファントム ヴェノム)」の発表会とトライアルセッションが開催された。「ファントム ヴェノム」は、1月25日からNIKEアプリ並びに一部店舗にて発売開始となる。
    もっと読む
  • 反骨心で勝ち取った信頼を自信に変えて J1の舞台に挑む町田也真人の覚悟 【後編】
    2019年シーズンより、J1松本山雅FC(以下、松本山雅)でプレーすることが決まっている町田也真人(29)。 前編では、不遇の時期を味わいながらも、努力で苦境を乗り越え、ジェフユナイテッド千葉(以下、ジェフ)の中心選手にまで駆け上がっていった、町田の成長曲線の裏側に迫った。後編では、1年前に名古屋からのオファーを断ってジェフに残留した時の真相、そして今回、築き上げてきた中心選手としての立場を捨て、新天地で一から新たなスタートを切ることを決意した町田の覚悟に迫る。
    もっと読む
  • 反骨心で勝ち取った信頼を自信に変えて J1の舞台に挑む町田也真人の覚悟 【前編】
    「本当にいろんなことがありました。ジェフでは、ドン底も味わったけど、最後は10番を背負わせてもらい、成長を実感することができました。唯一の心残りは、J1に昇格できなかったことですね。」 こう語るのは、今季よりJ1松本山雅FC(以下、松本山雅)でプレーすることが決まっている町田也真人(29)だ。 2018年12月17日、ジェフユナイテッド千葉(以下、ジェフ)より、松本山雅へ移籍することが公式発表されると、SNS上は、惜しみつつも町田の新たなチャレンジを後押しするサポーターたちのコメントが溢れた。しかも、驚くべきことに、この移籍発表に際して、サポーターからの批判の声が町田の耳に入ることはなかったという。 中心選手としての立場を確立し、これほどまでにサポーターから愛されながらも、なぜ町田は、新たな挑戦をすることを選んだのか。彼のこれまでのジェフでのキャリアを振り返りながら、来季から新天地・松本山雅へ移籍するに至った決意の真相に迫る。
    もっと読む
  • 黒崎優香がアメリカの大学サッカーを選択した理由 【後編】
    女子サッカー界における世界最高峰の舞台、アメリカ。そのアメリカの大学リーグに所属するチームに、アメリカでプロサッカー選手を目指す日本人女性、黒崎優香(21)。早くから才能を開花させた彼女がなぜ、日本の大学や、なでしこリーグでプレーすることを選択せず、アメリカの大学でのプレーを選択したのだろうか。前編では、アメリカの学生アスリートがどのような生活をしているのかを中心に話を聞いた。後編では、2019シーズンからオクラホマ大学に移籍する彼女に、アメリカの大学スポーツの環境を伺いながら、日米の違いに言及していく。
    もっと読む
  • 黒崎優香がアメリカの大学サッカーを選択した理由 【前編】
    女子サッカー界における世界最高峰の舞台、アメリカ。そのアメリカの大学リーグに所属するチームに、アメリカでプロサッカー選手を目指す日本人女性がいる。黒崎優香(21)だ。福岡県北九州市の黒崎は、4歳の時に兄の影響でサッカーを始め、中学時代は、地元ニューウェーブ北九州レディースで活躍。ナショナルトレセンにも選抜され、その才能は早くから注目されていた。その後、女子サッカーの名門、そしてパスサッカーの代名詞とも言われる静岡県の藤枝順心高校に進学し、技術を磨いた。3年生の時には、キャプテンとしてチームを率い、全国大会で優勝を果たす。 そんな彼女がなぜ、日本の大学や、なでしこリーグでプレーすることを選択せず、アメリカの大学でのプレーを選択したのだろうか。2年目のシーズンを終え、日本に帰国していた彼女よりメッセージをもらった筆者は、すぐに、彼女と会って話を訊くことにした。
    もっと読む
  • ミズノ ランニングシューズ「WAVE POLARIS」2月に発売!ミズノとSonar Pocketが楽曲「GLORIA」をタイアップ♪
    ミズノの新作ランニングシューズ「WAVE POLARIS(ウエーブ ポラリス)」を、愛を奏でる3 人組 J-POP アーティストSonar Pocket(ソナーポケット)がイメージして書き下ろした楽曲「GLORIA(グロリア)」のミュージックビデオが完成した。
    もっと読む
  • 「FUTURE」&「PUMAONE」に 進化を遂げたNEWモデル「POWER UP PACK」が登場!
    一瞬でゲームの流れを変えることができるプレーヤーのためのスパイク「FUTURE(フューチャー)」、完璧なボールタッチで相手を翻弄しゲームに流れをもたらすプレーヤーのためのスパイク「PUMA ONE(プーマワン)」。このプーマスパイク2モデルが進化を遂げて登場!
    もっと読む
  • デニーズ史上最大級の苺デザート 「ストロベリーフェア」を開催‼︎
    デニーズは期間限定季節の「苺デザート(栃木県産とちおとめ使用)」を2019年1月15日(いちごの日)から販売開始した。販売となった苺のデザートは、デニーズ史上最大級となる伝説の「苺苺苺苺苺苺苺苺苺苺苺!のザ・サンデー」等、苺を駆使して作り上げられた全8商品となる。今回、苺デザートの商品開発にあたった坂元和弘氏(株式会社セブン&アイ・フードシステムズ)に、話を伺ってみた。
    もっと読む
  • 英雄たちが愛した歴史的スパイクVOL.30 『昭和後期の高校選手権編』
    平成の時代に日本サッカー界は激変しましたが、高校選手権は冬の風物詩的な存在として、今も昔も変わらない盛り上がりです。サッカー不毛の昭和の終わりでも、この大会は毎年人気で高校生の憧れの舞台でした。頂点を決める戦いは国立競技場で行われ、当時のサッカーエリートが個性豊かなスパイクを履いて躍動していました。
    もっと読む

Latest Contents

最新のコンテンツ