• 寄り道欧州サッカー紀行 ~ 神の子よ 永遠に ~ 2018年5月20日  La Liga Santander最終節 
    アトレティコ・マドリードのホームスタジアム・ワンダメトロポリターノでは、このクラブを愛し、このクラブに愛された、一人の青年が赤と白の縦縞のユニフォームを脱いだ。なぜ、彼はそんなに愛されたのか。ヨーロッパの現地から、KING GEAR編集部がその情報をお届けします。
    もっと読む
  • オリンピック金メダリスト体操「加藤凌平」とSonar Pocket 「eyeron」が語る!!vol.5「二刀流の魅力」
    体操「加藤凌平」選手とSonar Pocket「eyeron」氏は、好奇心旺盛だ。サッカー、フットサル、マラソン、ゴルフ、ゲーム、卓球など、一旦はまり出すと、とことんのめり込んで行く。大谷翔平選手(MLBロサンゼルス•エンゼルス所属)で話題の「二刀流」についての考えが、非常に興味深いものとなった
    もっと読む
  • 英雄たちが愛した歴史的スパイクVOL.10『W杯得点王のゴールデンブーツ』編
    前回大会の得点王に送られたゴールデンブーツは、以前もご紹介した3マテリアルソールのアディダス・ワールドカップの金色バージョンでした。しかし、このモデルは82年大会の時ぐらいから製造されており、少し時代にそぐわないような気がします。各大会のゴールデンブーツはどうだったのか調べてみました。
    もっと読む
  • “プロのスカウトが注目する”現役高校生がスパイクへのこだわりを語りつくす!VOL10 ~ 佐野海舟(米子北)、高橋祐翔(米子北)、染野唯月(尚志)~編
    今回、筆者が回って来たフェスティバルは合計7つ。群馬プーマカップ、福岡県で開催されたサニックス杯国際ユースフェスティバル、中国新人大会、全国高校サッカー選抜大垣大会、Jグリーン堺プーマカップ、船橋招待サッカーフェスティバル、桐光学園高校サッカー場完成記念。後編の合計15人の姿、そして大事なパートナーであるスパイクやキーパーグローブへの想いをじっくりと聞いて来た。
    もっと読む
  • プロボクサー久我勇作「認められて世界へ」Vol.2
    2018年5月10日、久しぶりに注目度の高い日本タイトルマッチが行われることが発表された。7月27日、東京・後楽園ホールにて、日本スーパーバンタム級王者の久我勇作(27)が、同級1位の和氣慎吾(30)と3度目の防衛戦を行うことが決まったのだ。 初の世界挑戦に向けていま最も勢いのある久我と、過去に世界挑戦を経験し再び世界を目指すリーゼントがトレードマークの和氣。ともに複数の団体で世界ランキングに名を連ねる実力者同士の2人が悲願の世界タイトルに向けてサバイバルマッチを行うというのだから、ボクシングファンはワクワクしないわけがない。 そんな一戦を2ヶ月後に控え、居ても立っても居られなくなった筆者は、現在の久我の様子を確かめるべく、久我の元を訪れて、話を訊くことにした。
    もっと読む
  • “プロのスカウトが注目する”現役高校生がスパイクへのこだわりを語りつくす!VOL9~西川潤(桐光学園)、谷内田哲平(帝京長岡)、塩浜遼(静岡学園)~編
    今回、筆者が回って来たフェスティバルは合計7つ。群馬プーマカップ、福岡県で開催されたサニックス杯国際ユースフェスティバル、中国新人大会、全国高校サッカー選抜大垣大会、Jグリーン堺プーマカップ、船橋招待サッカーフェスティバル、桐光学園高校サッカー場完成記念。後編の合計15人の姿、そして大事なパートナーであるスパイクやキーパーグローブへの想いをじっくりと聞いて来た。
    もっと読む
  • さらなる高みのステージへ。山本彩の大熱狂ステージに見た、ロック魂と「シンガー」としての無限の可能性【メトロック2018ライブレポート】
    春フェスの代名詞といっても過言ではないメトロックが大阪、東京で開催。4日間延べ約86,000人ものオーディエンスが集まり、日本最高峰の音楽に酔いしれた。ここでは、今回が初のフェス出演となったシンガーソングライター山本彩を2都市通して取材。彼女がアーティストとして追い求めてきた曇りなき“ロックドリーム”。それを体現し、ファンの心を魅了し続けた2都市のライブレポートをお届けする。
    もっと読む
  • 森岡亮太(アンデルレヒト)インタビュー Vol.5「ベルギー代表の強さの理由」
    Jリーグのヴィッセル神戸でプロとしてのキャリアをスタートした森岡亮太選手。その後にポーランドでプレーし、今季はベルギーリーグにて15得点13アシストの大活躍。欧州の地で足元を支えてくれているスパイクへのこだわりやベルギーの名門アンデルレヒトの背番号10を背負って戦っている日々の話をたっぷり聞かせて頂いた。
    もっと読む
  • プロボクサー久我勇作「認められて世界へ」Vol.1
    2018年5月10日、久しぶりに注目度の高い日本タイトルマッチが行われることが発表された。7月27日、東京・後楽園ホールにて、日本スーパーバンタム級王者の久我勇作(27)が、同級1位の和氣慎吾(30)と3度目の防衛戦を行うことが決まったのだ。 初の世界挑戦に向けていま最も勢いのある久我と、過去に世界挑戦を経験し再び世界を目指すリーゼントがトレードマークの和氣。ともに複数の団体で世界ランキングに名を連ねる実力者同士の2人が悲願の世界タイトルに向けてサバイバルマッチを行うというのだから、ボクシングファンはワクワクしないわけがない。 そんな一戦を2ヶ月後に控え、居ても立っても居られなくなった筆者は、現在の久我の様子を確かめるべく、久我の元を訪れて、話を訊くことにした。
    もっと読む
  • 宇佐美、武藤、中島翔哉ら豪華メンバーが集結!日本と世界の差を大いに語る(後編)【アディダス最新モデル発表会Vol.4】
    アディダスの新スプリントスパイク発表会「ADIDAS WORLD CUP DAY 2018」が20日、都内で開催され、デュッセルドルフの日本代表MF宇佐美貴史、同代表のマインツFW武藤嘉紀、ポルティモネンセMF中島翔哉、ジュビロ磐田FW川又堅碁、同監督の名波浩が参加した。イベントの終盤に“スプリント”をテーマにしたトークセッションがライブ中継で上映され、5人の豪華な座談会が実現。トークの後半では、各々のドリブル論やスパイクへのこだわり、そして6月開幕のワールドカップロシア大会に向けての意気込みを語った。
    もっと読む
  • オリンピック金メダリスト体操「加藤凌平」とSonar Pocket 「eyeron」が語る!!vol.4「スポーツと音楽も前を向いて楽しむ気持ち」
    Sonar Pocket「eyeron」氏は、自分の限界を超えるために常に突き進んでいる。世界一に輝いた体操「加藤凌平」選手も、現状打破をすべくチャレンジ精神を抱き続けている。2人に必ず訪れる「緊張」とは、一体どのようなものであるのだろうか?
    もっと読む
  • 英雄たちが愛した歴史的スパイクVOL.9『80年代前半のイタリア代表編』
    80年代前半まで、ワールドカップ出場選手の使用スパイクは、アディダスとプーマの2大勢力がほぼ独占しており、82年W杯の4強のうち、西ドイツ、フランス、ポーランドの選手は全員アディダスユーザーだったと思います。しかし、優勝したイタリアの選手達のスパイクはかなりバラエティー豊かでした。今回は、残念ながらロシア大会には出場しないイタリアのレジェンド達のスパイクについてです。
    もっと読む
  • 宇佐美、武藤、中島翔哉ら豪華メンバーが集結!日本と世界の差を大いに語る(前編)【アディダス最新モデル発表会Vol.3】
    アディダスの新スプリントスパイク発表会「ADIDAS WORLD CUP DAY 2018」が20日、都内で開催され、デュッセルドルフの日本代表MF宇佐美貴史、同代表のマインツFW武藤嘉紀、ポルティモネンセMF中島翔哉、ジュビロ磐田FW川又堅碁、同監督の名波浩が参加した。イベントの終盤に“スプリント”をテーマにしたトークセッションがライブ中継で上映され、5人の豪華な座談会が実現。欧州と日本のサッカーの違いから話が展開され、各々が所属するチームでのエピソードやショートカウンターといったスピード戦術の重要性など、濃密なトークが繰り広げられた。世界最高峰の舞台で揉まれ、多くの経験を経てきた彼らだからこそ生まれる、ボリューム満点のトークをご堪能いただきたい。
    もっと読む
  • 森岡亮太(アンデルレヒト)インタビュー Vol.4「人工皮革のスパイクを好む理由」
    Jリーグのヴィッセル神戸でプロとしてのキャリアをスタートした森岡亮太選手。その後にポーランドでプレーし、今季はベルギーリーグにて15得点13アシストの大活躍。欧州の地で足元を支えてくれているスパイクへのこだわりやベルギーの名門アンデルレヒトの背番号10を背負って戦っている日々の話をたっぷり聞かせて頂いた。
    もっと読む
  • 「ゴール前では何も考えない」。中島翔哉が重要視する、ストライカーとしての“得点感覚”【アディダス最新モデル発表会Vol.2】
    アディダスの新スプリントスパイク発表会「ADIDAS WORLD CUP DAY 2018」が20日、都内で開催され、ポルトガル1部ポルティモネンセMF中島翔哉がスペシャルゲストとして出席した。同じゲストであるジュビロ磐田の名波浩監督、ガイナーレ鳥取の代表取締役GMを務める岡野雅行氏とのトークセッションに参加。現代フットボールに必要な“スプリント”をテーマにトークを繰り広げ、その中でポルトガルと日本のスピードの違いや、自身のゴール前での感覚について語った。
    もっと読む
  • “プロのスカウトが注目する”現役高校生がスパイクへのこだわりを語りつくす!VOL8~神田凛星(静岡学園)、秋山裕紀(前橋育英)、大塚尋斗(矢板中央)~編
    今回、筆者が回って来たフェスティバルは合計7つ。群馬プーマカップ、福岡県で開催されたサニックス杯国際ユースフェスティバル、中国新人大会、全国高校サッカー選抜大垣大会、Jグリーン堺プーマカップ、船橋招待サッカーフェスティバル、桐光学園高校サッカー場完成記念。後編の合計15人の姿、そして大事なパートナーであるスパイクやキーパーグローブへの想いをじっくりと聞いて来た。
    もっと読む
  • 森岡亮太(アンデルレヒト)インタビュー Vol.3「めっちゃ安いスパイクばかりを履いていた学生時代」
    Jリーグのヴィッセル神戸でプロとしてのキャリアをスタートした森岡亮太選手。その後にポーランドでプレーし、今季はベルギーリーグにて15得点13アシストの大活躍。欧州の地で足元を支えてくれているスパイクへのこだわりやベルギーの名門アンデルレヒトの背番号10を背負って戦っている日々の話をたっぷり聞かせて頂いた。
    もっと読む
  • 香川真司、超軽量“スプリントスパイク”でロシアのピッチを駆ける【アディダス最新モデル発表会Vol.1】
    アディダスの新スプリントスパイク発表会「ADIDAS WORLD CUP DAY 2018」が20日、都内で開催され、ドルトムントの日本代表MF香川真司がスペシャルトークセッションに登場した。自身が以前より着用してきたスパイク「X(エックス)シリーズ」の最新モデルとなる「X18(エックス エイティーン)」がメディア関係者限定で公開。実際に履いた感想を述べるとともに、6月に開幕する2018FIFAワールドカップロシア大会への意気込みを語った。
    もっと読む
  • 日本フェンシング界のニューヒーロー、西藤俊哉が思い描く東京への道筋Vol.3 「まだ完成しなくていい。今は自分のフェンシングを突き詰めていく」
    昨年7月、ドイツのライプチヒで行われたフェンシング世界選手権で、一躍、日本フェンシング界をリードする存在に躍り出た若者がいる。男子フルーレ個人で銀メダルを獲得した西藤俊哉だ。この大会で西藤は、持ち味である思いきりの良い攻撃を武器に、リオ五輪金メダルのガロッツォ(イタリア)をはじめとする世界の強豪を次々と撃破し、まさに破竹の勢いで決勝の舞台まで駆け上がった。大会後も西藤の勢いは衰えず、12月に行われた全日本選手権では、国内のライバルを退けて初優勝。昨年、急成長を遂げた20歳の若者が思い描く2020年東京オリンピックまでの道筋はどのようなものなのか。第三話では自身が感じている現在地や、イメージしている東京への過程を語ってもらった。
    もっと読む
  • 森岡亮太(アンデルレヒト)インタビュー Vol.2「ヨーロッパで揉まれて手にした自信」
    Jリーグのヴィッセル神戸でプロとしてのキャリアをスタートした森岡亮太選手。その後にポーランドでプレーし、今季はベルギーリーグにて15得点13アシストの大活躍。欧州の地で足元を支えてくれているスパイクへのこだわりやベルギーの名門アンデルレヒトの背番号10を背負って戦っている日々の話をたっぷり聞かせて頂いた。
    もっと読む
  • 日本フェンシング界のニューヒーロー、西藤俊哉が思い描く東京への道筋Vol.2 「一番大きかったのは太田雄貴さんとの出会い」
    昨年7月、ドイツのライプチヒで行われたフェンシング世界選手権で、一躍、日本フェンシング界をリードする存在に躍り出た若者がいる。男子フルーレ個人で銀メダルを獲得した西藤俊哉だ。この大会で西藤は、持ち味である思いきりの良い攻撃を武器に、リオ五輪金メダルのガロッツォ(イタリア)をはじめとする世界の強豪を次々と撃破し、まさに破竹の勢いで決勝の舞台まで駆け上がった。大会後も西藤の勢いは衰えず、12月に行われた全日本選手権では、国内のライバルを退けて初優勝。昨年、急成長を遂げた20歳の若者が思い描く2020年東京オリンピックまでの道筋はどのようなものなのか。第一話では、フェンシングとの出会いやフェンシングの魅力を伺った。第二話では、世界を目指すことになったきっかけや、自身のフェンシングの特徴・課題などを訊いた。
    もっと読む
  • 森岡亮太(アンデルレヒト)インタビュー Vol.1「本当に苦しんだポーランドでの日々」
    Jリーグのヴィッセル神戸でプロとしてのキャリアをスタートした森岡亮太選手。その後にポーランドでプレーし、今季はベルギーリーグにて15得点13アシストの大活躍。欧州の地で足元を支えてくれているスパイクへのこだわりやベルギーの名門アンデルレヒトの背番号10を背負って戦っている日々の話をたっぷり聞かせて頂いた。
    もっと読む
  • 日本フェンシング界のニューヒーロー、西藤俊哉が思い描く東京への道筋Vol.1 「スーパーヒーローに憧れて」
    昨年7月、ドイツのライプチヒで行われたフェンシング世界選手権で、一躍、日本フェンシング界をリードする存在に躍り出た若者がいる。男子フルーレ個人で銀メダルを獲得した西藤俊哉だ。この大会で西藤は、持ち味である思いきりの良い攻撃を武器に、リオ五輪金メダルのガロッツォ(イタリア)をはじめとする世界の強豪を次々と撃破し、まさに破竹の勢いで決勝の舞台まで駆け上がった。大会後も西藤の勢いは衰えず、12月に行われた全日本選手権では、国内のライバルを退けて初優勝。昨年、急成長を遂げた20歳の若者が思い描く2020年東京オリンピックまでの道筋はどのようなものなのか。彼の幼い頃から現在に至るまでの過程や現在地、理想とする未来像について話を訊いた。
    もっと読む
  • オリンピック金メダリスト体操「加藤凌平」とSonar Pocket 「eyeron」が語る‼ vol.3「絶対に失敗しないゾーン状態」
    体操「加藤凌平」選手は、リオデジャネイロ・オリンピックで世界一に輝くことができた。Sonar Pocket 「eyeron」氏は、メジャデビューをしてから数々のヒット曲を手がけてきた。だが、人生良いことばかりではない。転落する時が必ずある。これまで様々な経験を積んできた2人の会話は、さらに熱いものへと進展していった。
    もっと読む
  • 苦悩のその先へ。2度の五輪を経験した西岡詩穂の新たなる挑戦Vol.3「チームでメダルを獲りたい」
    若い世代の台頭が著しい日本のフェンシング界において、過去2大会連続で五輪に出場し豊富な経験を持つ女子フルーレのエース、西岡詩穂。第一話ではフェンシングを始めたきっかけやその魅力を、第二話では、フェンシングの競技特性や、ご自身のフェンシングスタイルを語ってもらった。第三話では、2020年に向けて、今取り組んでいることや東京への決意を語ってもらった。
    もっと読む

Latest Contents

最新のコンテンツ