• Bリーガーに訊く!千葉の〝和製ビッグマン”伊藤俊亮が抱くギアへのこだわりVol.1「バッシュは履き慣らさないと、実戦には使えない」
    2016年9月22日、日本バスケットボール界の新時代が幕開けしてから1年が経った。振り返れば、プロリーグとして予想以上の盛り上がりを見せたのは間違いない。そんな中、千葉ジェッツは1月の天皇杯で初優勝を成し遂げ、Bリーグのチャンピオンシップ(CS)準決勝まで勝ち上がるほどの躍進ぶりを見せた。このチームを支えた一人が204㎝の大型センター伊藤俊亮選手だ。今回は、第一線で15年間プレーし続け、日本バスケとともに歴史を歩んできた38歳のベテランに、ギアについて話を聞いた。
    もっと読む
  • 『プーマが新しいスパイクPUMA ONE(プーマワン)を発表!』
    グローバルスポーツブランドのプーマは新しいスパイク(プーマワン)を発表しました。 タフなタックルをするディフェンダーから素早いストライカーまで、全てのプレーヤーのニーズに応えることができる究極のスパイクをコンセプトに開発されたのがPUMA ONEです。
    もっと読む
  • 吉田麻也とカレン・ロバートの友情が作りあげた夢のサッカー教室
    うれしいとき、子供は本当に素晴らしい表情をみせる。 構えたカメラのファインダーの中は、まるで夢のような世界。300人以上の申し込みの中から抽選で選ばれた、幸運な42人の小学生たちの笑顔で溢れていた。
    もっと読む
  • J3リーガーに告ぐ! 「藤澤典隆(FC琉球)の先に謝っときます。好き勝手言っちゃってすみません。「スパイクに対する最重要事項が”軽さ”であると感じれた1足とは?!」
    J3のプロのサッカー選手があらゆるギアを試しまくる企画。 プロサッカー選手とはいえ、メーカーのしがらみもない選手達が独自の感覚で本音でギアを評価し合う! 果たして最高の評価を得るギアは?それとも最悪な評価を下されるギアは?
    もっと読む
  • U-20 W杯戦士の世界と戦うスパイクVol.15 【大会総括海外編】~ナイキのシェア率の高さが強烈に打ち出された大会でもあった。~
    U-20W杯総括海外編、最終回の第5回はこれまで紹介した優勝〜4位チーム以外で目を引いたチームと個人を紹介していきたい。
    もっと読む
  • U-20 W杯戦士の世界と戦うスパイクVol.14 【ウルグアイ編】~優勝候補筆頭と呼ばれた『タレントの宝庫』の攻撃力!~
    惜しくも準決勝でベネズエラにPK戦の末に破れ、3位決定戦でもイタリアにPK戦の末に敗れて、4位でフィニッシュしたウルグアイ。
    もっと読む
  • U-20 W杯戦士の世界と戦うスパイクVol.13 【イタリア編】~『~GK大国・イタリア』を存分に見せつけた今大会。 ~
    ウルグアイとの3位決定戦を制し、3位に輝いたのはイタリアだった。日本と同じグループで、最終戦では2−2のドロー決着に終わったチームは、やはり相当な実力を持っていた。
    もっと読む
  • 音楽とフットボールに溢れたスペシャルな1日「MIFA Football Park 3rd Anniversary Footival」
    2017年6月4日、澄み切った青空のもと、音楽とフットボールが融合する新しいスポーツエンタテイメント施設「MIFA Football Park」の3周年記念イベントが盛大に行なわれた。
    もっと読む
  • Umbro HISTORY
    創設者ハロルド・ハンフリーズが、のちに「アンブロ」と呼ばれることになるスポーツウェア製造会社を、英国マンチェスターの地で立ち上げたのは1924年のことだった。
    もっと読む
  • U-20 W杯戦士の世界と戦うスパイクVol.12 【ベネズエラ編】~A代表5人を輩出し、攻撃陣は今大会トップクラスの実力!~
    準優勝に終わったベネズエラだが、今大会は快進撃と言える戦いぶりを見せた。グループリーグを全勝で突破し、決勝ラウンド初戦では日本を延長戦の末に1−0で下した。
    もっと読む
  • U-20 W杯戦士の世界と戦うスパイクVol.11 【イングランド編】~世界一とMVPの称号を手にしたソランケを支えたギアとは?!~
    イングランドの優勝で幕を閉じた、20歳以下の世界一を決める大会、U-20W杯2017韓国大会。 日本も参戦するこの大会で、今後の世界のサッカーを牽引して行くであろう多くの才能たちが、己の技を存分にぶつけ合い、どの試合でも白熱の戦いが繰り広げられた。
    もっと読む
  • WE DID IT!!『日本1になりブラジルへの切符を獲得!』 ~世界1への道がスタート!~
    「ブラジルへ行こう!」を合言葉に様々なシチュエーションを想定し、練習を重ねてきたKING GEAR FC。ネイマール・ジュニア・ファイブのJapan Finalが開催された6月11日は一生忘れることの出来ない日となった。
    もっと読む
  • 高橋尚子ランニングクリニック『 参加者たちの笑顔にあふれた至福の時間』
    天候に恵まれた東京体育館の陸上競技場では、2000年シドニー五輪女子マラソンの金メダリストで国民栄誉賞を受賞した、あの高橋尚子さんによるランニングクリニックが行われた。
    もっと読む
  • 2位じゃダメなんです!決戦は今週末『KING GEAR FCのブラジルへの挑戦 』
    いよいよネイマール・ジュニア・ファイブ(Neymar Jr's Five)のJapan Finalが今週末6月11日にMIFA Football Parkにて行われる。練習を重ねてきたチームメイト達と決戦の日へ向けての意気込みなどを移動着を提供して頂いた「niko and ...」さんの旗艦店のniko and ... TOKYOにて語り合った。
    もっと読む
  • 【イベントレポート】A.L.E14#05 岩政大樹が語る、『常勝軍団の組織論』
    5月29日(月)、恵比寿アクトスクエアにて、A.L.E.14#05が行われた。   今回のプレゼンターは、元サッカー日本代表の岩政大樹選手。鹿島アントラーズで活躍し、Jリーグべストイレブンやサッカー日本代表にも選出されたトップアスリートでありながら、数学の教員免許を持つ異色の経歴の持ち主だ。
    もっと読む
  • 来日記念イベント取材レポート!『ネイマールが子供たちに語ったサッカーで成功を掴む方法とは?!』  
    リーガエスパニョーラのバルセロナに所属するブラジル代表FWネイマール選手が、サポート契約を結んでいる寝具メーカー「東京西川」が主催するイベント「東京西川 AiR夢のすいみん学校」に特別ゲストとして登場し、場内に集まった約40人の子供たちを拍手で沸かせました。
    もっと読む
  • J3リーガーに告ぐ! 「藤澤典隆(FC琉球)の好き勝手やっちゃって、言っちゃってすんません。~プロが1年間履き続けた、軽さ・フィット感・耐久性を兼ね備える"無敵スパイク"とは!?~」
    J3のプロのサッカー選手があらゆるギアを試しまくる企画。 プロサッカー選手とはいえ、メーカーのしがらみもない選手達が独自の感覚で本音でギアを評価し合う! 果たして最高の評価を得るギアは?それとも最悪な評価を下されるギアは?
    もっと読む
  • フットサル日本代表、諸江剣語を密着取材 vol.3~インタビュー編~ 「チームの勝利に貢献し続ける。そしてその先に夢がある」
    フウガドールすみだの中心選手として、キャプテンとして、ピッチ内外で重要な役割を担う諸江剣語選手に、所属チームや日本代表での役割、さらにはフットサルシューズの事、今後の目標までを語ってもらった。
    もっと読む
  • フットサル日本代表、諸江剣語を密着取材 vol.2~チーム練習編~ 「監督の意図を理解し、コミュニケーションを円滑にしてチーム作りに貢献する」
    チーム練習の開始予定時刻から30分ほど前、練習場所の墨田区総合体育館メインアリーナには、すでに準備をすませてチームメイトと談笑する諸江剣語の姿があった。  
    もっと読む
  • U-20 W杯戦士の世界と戦うスパイクVol.10 【グループリーグ短評FW編】~離脱した絶対的エースの代役に抜擢されたストライカーとは?!~
    10年ぶりの出場となった内山篤監督率いるU-20日本代表は、南アフリカ、ウルグアイ、イタリアという、他のグループを見ても最も厳しいグループに入った。 ここではグループリーグの3試合を振り返り、3試合通じての全21選手についての短評と、スパイクコメントを掲載して行く。【FW編】小川航基、岩崎悠人 、久保建英、田川亨介
    もっと読む
  • U-20 W杯戦士の世界と戦うスパイクVol.9 【グループリーグ短評MF編】~試合をこなすごとに増して行く存在感、世界を圧倒した『堂安劇場』~
    10年ぶりの出場となった内山篤監督率いるU-20日本代表は、南アフリカ、ウルグアイ、イタリアという、他のグループを見ても最も厳しいグループに入った。 ここではグループリーグの3試合を振り返り、3試合通じての全21選手についての短評と、スパイクコメントを掲載して行く。【MF編】原輝綺、高木彰人、三好康児、堂安律、遠藤渓太、坂井大将、市丸瑞希
    もっと読む
  • U-20 W杯戦士の世界と戦うスパイクVol.8 【グループリーグ短評DF編】~3試合で痛い経験をしながらも得たモノとは?!~
    10年ぶりの出場となった内山篤監督率いるU-20日本代表は、南アフリカ、ウルグアイ、イタリアという、他のグループを見ても最も厳しいグループに入った。 ここではグループリーグの3試合を振り返り、3試合通じての全21選手についての短評と、スパイクコメントを掲載して行く。【DF編】中山雄太、冨安健洋、初瀬亮、杉岡大暉、板倉滉、舩木翔、
    もっと読む
  • フットサル日本代表、諸江剣語を密着取材Vol.1 ~フィジカルトレーニング編~ 「全てはワールドカップの舞台に立つために」
    約束の時間より少しだけ早く、その男は現れた。そして、一人一人と丁寧に挨拶を交わしたあと、これからトレーニングを行うパーソナルトレーニングジム「studio bravo」に我々を案内した。   プーマのウェアで全身を包んでいるが、その男の後ろ姿の張りだした臀部やふくらはぎを見れば、ただの若者ではないことは容易に想像がつく。   Fリーグ、フウガドールすみだのキャプテン、諸江剣語。フットサルの日本代表にも名を連ねるアスリートだ。
    もっと読む
  • U-20 W杯戦士の世界と戦うスパイクVol.7 【ゲームレポート編】~日本VSイタリア、グループリーグ短評GK編~
    5月20日に開幕したU-20W杯。グループリーグではそれぞれの国が3試合を行い、明暗がくっきりと分かれた。 10年ぶりの出場となった内山篤監督率いるU-20日本代表は、南アフリカ、ウルグアイ、イタリアという、他のグループを見ても最も厳しいグループに入った。 ここではグループリーグの3試合を振り返り、3試合通じての全21選手についての短評と、スパイクコメントを掲載して行く。
    もっと読む
  • U-20 W杯戦士の世界と戦うスパイクVol.6 【ゲームレポート編】~日本VS南アフリカ、日本VSウルグアイ~
    5月20日に開幕したU-20W杯。グループリーグではそれぞれの国が3試合を行い、明暗がくっきりと分かれた。 10年ぶりの出場となった内山篤監督率いるU-20日本代表は、南アフリカ、ウルグアイ、イタリアという、他のグループを見ても最も厳しいグループに入った。 ここではグループリーグの3試合を振り返り、3試合通じての全21選手についての短評と、スパイクコメントを掲載して行く。
    もっと読む

Latest Contents

最新のコンテンツ
Img 8234

Umbro HISTORY