• 英雄たちが愛した歴史的スパイクVOL.52「昭和後期の高校選手権編(その2)」
    昭和の高校サッカーでトップレベルの選手の間で人気のあったカラースパイクは、現在はなかなか見つからないのが現状です。今回は当時の人気スパイクが復刻されるとのことで、その紹介と、サッカー冬の時代の唯一の華やかな舞台で活躍したスパイクについて今一度振り返りたいと思います。
    もっと読む
  • 川崎初の2冠で「最高の選手生活」に幕!中村憲剛引退セレモニーに豪華ゲストが集結
    昨シーズンのJリーグと天皇杯を制覇した川崎フロンターレ。チームを18年間支えた中村憲剛選手の引退セレモニーと、優勝報告会が等々力陸上競技場で行われた。セレモニーには中村憲剛にゆかりのある錚々たる面々が登場。労いの言葉と次の人生へのエールを送った。
    もっと読む
  • 4日のルヴァン杯決勝は柏とFC東京の対戦!元レイソル長谷川太郎氏が初Vの想い出と見どころを語る
    新型コロナウイルス感染症の影響で延期されていた「YBCルヴァンカップ」の決勝が1月4日に新国立競技場で開催される。今年は柏レイソルとFC東京が対戦する今大会。決戦を前に1999年に柏レイソルのナビスコカップ(当時)初優勝メンバーでもある長谷川太郎さんに、当時の思い出や試合の見どころをお伺いした。
    もっと読む
  • 英雄たちが愛した歴史的スパイクVOL.51「さようならディエゴ様(最終回)日本でのご活躍編」
    ディエゴ様は、ご自身初の国際大会であった日本で行われた79年Wユースで、主将としてチームを優勝に導き、圧倒的な活躍でMVPになられました。また、現役バリバリの82、87、88年にいずれもゼロックススーパーサッカーで来日され、日本のファンを魅了しました。追悼特集最後はその時のスパイクについてです。
    もっと読む
  • パラカヌーが題材の映画「水上のフライト」が絶賛公開中 東京国際映画祭では舞台挨拶も開催
    来年への延期が決まった東京オリンピック・パラリンピックの競技種目、パラカヌーを題材にした映画「水上のフライト」が公開中だ。東京国際映画祭では先行上映会と舞台挨拶が行われ、主演の中条あやみらが作品への想いを語った。
    もっと読む
  • 片岡洋介の現在地「前編:35歳で引退した理由」
    大宮アルディージャ、京都サンガ、ガイナーレ鳥取でプレーしてきた片岡洋介さん。カップ戦含めJリーグで通算300試合以上出場したレジェンドだ。引退した理由や現在の活動について詳しく聞かせて頂いた。
    もっと読む
  • 英雄たちが愛した歴史的スパイクVOL.50 「さようならディエゴ様(その2)90年代W杯編」
    ディエゴ様逝去から1週間が経ちますが、様々な追悼記事や過去のリバイバル動画を目にし、あらためて大きな喪失感におそわれます。画像は語り草の一つになっている90年W杯のブラジル戦ですが、スパイクについてはあまり語られていませんので、今一度取り上げさせていただきます。
    もっと読む
  • 英雄たちが愛した歴史的スパイクVOL.49「さようならディエゴ様編」
    まさかこんなに突然この世を去ってしまうとは…。先日還暦を迎えられたばかりのディエゴ様が永眠されました。こんな私にできることは神の正しいスパイク情報を残すことしかありません。
    もっと読む
  • 世界を渡り歩いたビーチサッカー選手 ~後藤崇介インタビュー~
    複数の海外のチームで戦ってきたビーチサッカー選手がいる。所属したチームはイタリアの名門インテルなど名だたる強豪だ。その男が自らビーチサッカーチームを沖縄に立ち上げた。理由など諸々聞かせて頂いた。
    もっと読む
  • 英雄たちが愛した歴史的スパイクVOL.48『マラドーナ結びの真実編』
    この画像をご覧になられたシニアサッカーファンの多くは、くつヒモの結び方を懐かしく思い出されると思います。もしかしたら若かりし頃に真似された方もおられるかもしれません。マラドーナ選手によって日本に広まった独特のくつヒモの結び方は「マラドーナ結び」と呼ばれていましたが、果たしてその起源はいつ、だれによって始まり、いつごろ終了したのか調べてみました。
    もっと読む
  • 高梨沙羅とザギトワ&愛犬マサルが寝具メーカーのイベントに登場!「コロナ禍」の近況と抱負を語る
    女子スキージャンプの高梨沙羅選手とフィギュアスケートのアリーナ・ザギトワ選手、そして彼女の愛犬である秋田犬のマサルが、寝具メーカーの「エアウィーヴ」のイベントに登場。同社との契約更新の調印式と記者会見を行った。
    もっと読む
  • なぜ全国シニアサッカー「裏選手権」を開催するのか?
    大人になっても仕事や家庭との時間のバランスを保ちながら、真剣にサッカーに取り組んでいるシニア選手が全国にたくさん存在している。彼らの目標は地区予選を勝ち抜いた16チームのみが参加できる「全日本O-40サッカー大会」への出場だ。更にシニアサッカーを盛り上げるために「出場できなかった選手の為にも、それに準じる大会も開催したい!」と3人の男が動き11月14日(土)・15日(日)の2日にかけて全国シニアサッカー「裏選手権」が開催されることになった。今大会のアドバイザーを務め、以前にKING GEARにも出て頂いた渡邉俊介さんに話を聞いた。
    もっと読む
  • ツエーゲン金沢初代GM・中村篤次郎氏が作る日本サッカーの新たな「発火点」
    「表裏一体」という言葉がある。“物事には必ずオモテとウラがあり、それらは切っても切り離すことができない関係にある”ということ言い表すときに使う言葉だ。 筆者はこれまでに、何度か「ウラ」をテーマに取材を行ってきた。例えば、フェンシング協会会長・太田雄貴氏を取材し、その取り組みを賞賛しながら、現在の保守的なスポーツ界を風刺したり、戸田和幸氏の「URA KAISETSU(現在はSHIN KAISETSUに変更されている)」の先見性を紹介しながら、テレビ業界のいびつな構造に触れたりしてきた。これらの取材はいずれも、ウラを探りながらオモテで起きている現象を解き明かそうとするチャレンジでもあった。 そして今回、またそんなチャレンジをしたいと思わせてくれた男がいる。Jリーグ・ツエーゲン金沢で初代GMを務め、現在は「シニアサッカー“裏”選手権」のプロデューサーを務める中村篤次郎氏だ。彼はいまも真剣にサッカーに取り組むシニアフットボーラーでもある。
    もっと読む
  • コロナ禍を乗り越えBCL初年度優勝!神奈川フューチャードリームスの軌跡
    プロ野球独立リーグのルートインBCリーグに今季から加入した神奈川フューチャードリームスが、10月27日に行われたプレーオフで信濃グランセローズと対戦し、1対0で勝利を収めた。新型コロナウイルスの影響で、開幕は当初の予定からおよそ2ヶ月の延期。無観客試合が続いたシーズンだったが、ファンの前での鈴木尚典監督を胴上げするという最高の形で締め括った。
    もっと読む
  • 元ヤクルト&中日で活躍 川崎憲次郎さんと乾杯ができる「居酒屋憲次郎」が初のリアルイベント開催
    ヤクルトや中日などで活躍した元プロ野球選手、川崎憲次郎さんと乾杯が出来るイベント「居酒屋 憲次郎」が、東京世田谷区の「westside café」で開催された。新型コロナウイルス感染拡大の影響もありオンラインでの開催が続いていたが、第7回目は初めて実際に参加者を迎えたイベント形式で開催された。
    もっと読む
  • 「なぜスポーツブランドを立ち上げたのか?」スタイルボーノ代表:本田正宣インタビュー
    全くの未経験の業界出身ながらスポーツブランドである「スタイルボーノ」を立ち上げた本田正宣さん。なぜ立ち上げ、どのような特徴があるブランドなのか話を聞かせて頂いた。
    もっと読む
  • 元総合格闘家・大山峻護さんの呼びかけにアスリートらが集結!  生きる喜びを感じさせてくれるイベント「出会いの日」を開催
    2020年10月25日、元総合格闘家の大山峻護さんと、大山さんの妻で元アイドルの桜華純子さんは、障がいのある子どもやその親御さんとアスリートを繋ぐイベント「出会いの日」を開催した。7月19日に続いて2回目の開催となった今回も、20名ものアスリートが集結。障がいを持つ子どもとその保護者、そしてこの活動に賛同した20名のファシリテーターらとともに、約1時間半のオンラインイベントを楽しんだ。
    もっと読む
  • 奥川打ちスラッガーも154km/h右腕も!戸田球場でBCLドラフト候補が躍動
    ルートインBCリーグのドラフト候補が、9月30日、ヤクルト戸田球場に集結した。 例年ならば何度か行われるはずの、BCリーグ選抜とNPB二軍との交流戦。それは実質NPBスカウトにアピールするショーケースの場だ。 コロナ禍により開幕さえ危ぶまれた今年のBCリーグ。例年の70試合を60試合に減らし、極力移動を避けてリーグ戦を組んだ中、1試合だけ、交流試合をついに行うことが出来た。
    もっと読む
  • 英雄たちが愛した歴史的グローブその3 「よみがえれ赤カップ編」
    40年ほど前、多くの一流プロ野球選手に愛用された美津濃の赤カップグローブは、当時の野球少年の憧れでした。今になってそれを手にすることができても、憧れの象徴だったカップマークは、ほぼ例外なく無残に劣化しています。今回はその修復法についてご紹介します。
    もっと読む
  • 海外組の選手は今どうしているのか?
    コロナの影響により海外でプレーしている多くの選手が帰国している状況だ。直近までタスマニア、スウェーデン、ボリビア、クロアチアの各リーグでプレーしていた4人の選手に「現地での状況・現在の活動・心境」などを聞かせて頂いた。
    もっと読む
  • 桐生祥秀×寺田明日香「陸上トップアスリートオンライン対談 ~限界突破への挑戦~」
    ゲストとして登場したのは、数日後(10月1日~3日)に迫った今シーズン1番の目玉となる「日本陸上競技選手権大会」を控え、来年開催予定である「東京オリンピック」でのメダルの期待もかかる、桐生祥秀選手(日本生命所属)と寺田明日香(パソナグループ所属)選手。日本記録保持者の2人による熱い対談となった。
    もっと読む
  • 25日にはライブ配信決定!コロナ渦の運動不足解消と健康促進にオススメの「EJS Wellness Project」がスタート
    新型コロナウイルスの影響に伴い、自宅で過ごす人が増えるなか、フィットネス、バレエ、ヨガの動きをベースにして正しい姿勢を身に着け、て健康的な生活を送るためのプログラム、「EJS Wellness Project」(主催 一般社団法人のEU JAPAN SPORTS)が新たにスタートしました。 7月には、3人のインストラクターによるプレイベントが開催され、今後は社会状況に鑑みながら、オンラインでの動画配信や、イベントを展開していく予定となってます。
    もっと読む
  • 苦難を乗り越え初年度Vへ!ルートインBCリーグ神奈川フューチャードリームスが歩む2020年シーズン
    監督に鈴木尚典氏、GMに山下大輔氏、球団アドバイザー兼任コーチの荒波翔氏という豪華首脳陣を迎えて、ルートインBCリーグに今シーズンから加入した神奈川フューチャードリームス。華々しいスタートを切るはずだった新球団は、コロナウイルスの影響によりファンとの交流が制限されるなかで異例の船出を強いられることとなった。体制発表からおよそ半年。ここまでの道のりを振り返る。
    もっと読む
  • 英雄たちが愛した歴史的スパイクVOL.47 「ビンテージスパイク修理編」
    86年W杯で頂点を極めたマラドーナ選手(神)は、その半年後に当時W杯に出場したことがなかった日本でその雄姿を披露しました。表紙画像のプーマの固定式スパイクは、神がその時実際に使っていたものです。もし、今このスパイクが自分の目の前にあったら、さぞかし興奮するだろうなと思いつつ、実際はソールがボロボロになってどこかに捨てられたのではと心配になります。
    もっと読む
  • 出来立てホヤホヤのMIFA Football Park 立川でボールを蹴ってきた!
    豊洲、仙台に続き立川にMIFA Football Parkが8月8日に誕生した。最新の環境とピッチで実際にボールを蹴ってきた模様をレポートする。
    もっと読む

Latest Contents

最新のコンテンツ